So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

お盆の郷土料理 鱈胃(たらおさ) [珍料理]

鱈胃(たらおさ).jpg

tara.jpg
鱈(たら)

たらおさの煮物は、大分の日田近辺のお盆の郷土料理である。
鱈胃はたらおさと読み、たらのエラと内臓を干した乾物で、棒だらの身を取った後の残りものである。長さは30センチ〜40センチほど。
えらの部分はブラシのような形をしており、胃の部分はひも状に長く固い。

鱈の身の部分は途中で博多の商人に売れてしまうので内陸の日田にまでは届かなかったらしい。
高価な棒鱈を作った後、残ったはらわたとえらを捨てず、すべて食べ尽くそうとしたのだ。


子供の頃、お盆前頃から雑貨屋さんにたくさん置いてあったのをこっそり触ってみていたのを覚えている。
日田よりももっと内陸にあった我が地方では、夏に食べられる珍味としてありがたがられていた。
鱈胃(たらおさ)は1日~2日水につけて戻し、食べやすい大きさに切ったものを牛蒡、干し椎茸、こんにゃく、ニンジンなどといっしょに醤油や砂糖とともに甘辛く煮る。

たらおさ1.jpg
鱈胃(たらおさ) お盆の郷土料理
エラの部分はコリコリし、胃の部分は噛み応えがありどちらにも旨味があった。
内陸部に住む人たちにとってはイリコやするめ、干しエビ、鰹節と共に貴重なたんぱく源だった。
鱈おさ料理は、現在も酒のつまみとして、ごはんのおかずとして愛され続けている郷土料理だ。


★お盆とお正月は皆様のブログにゆっくりおじゃまできます。


柴犬カンチの足跡日記
カンちゃんは10月で14歳。お耳がちょっぴり遠くなり、花火の音も少しだけ怖くなくなりました。
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(299) 
共通テーマ:グルメ・料理

私見 お盆前の納骨堂で  [雑感]

納骨堂の小さな骨壺の中は静止した川底に似ていて、黄色い目をした緑色の蛇のようなものが横たわっている。
緑青の水晶の時間が、父と骨の残っていない赤子(一美ちゃん)の骨壷をさびしく包んでいる。

「あんたは一美ちゃんの生まれ変わりやね」と母に言われた私の首に死んだ赤子がまとわりつく。
お盆がめぐってくると、再び母の声が聞こえて来て、耳を伝って降りて来る赤子が、冷たい火傷のように首にはりついて離れない。
悲しいかな、嬉しいかな、その重さが兄妹の絆を唯一確めるものとなっている。

私は渇(かわ)く。
冷静な均衡を取り戻すために、緑青の水晶の時間に私の喉(のど)が触れたがる。
液体になった時間を飲み下す時、喉を潤すものはサイダーに似た気泡を含んでいる。
生きていた死者たちを死から取り返せない現実が身にしみる。
もうとっくに認知症でそのことを忘れてしまった母は朗らかである。


寺を訪れた死者の家族は、亡き人への思いがつのり、はしゃいだり黙りこんだりする。
「あのような人だったけれど、今は悩みもなくなってどこまでいったろう。阿弥陀様に抱かれて、安らかに過ごしているんだろう。」

「魂などない、生きている人のためにお盆はあり、参列者のためにお経を読んでいる」と言う坊さんばかりで、私の嘆きは肩すかしを食らいながら闇の中へ落ちてゆく。

生身の人間が、肉体を失い、肉体がないので、そこできっぱりと何もなくなるってことか。
赤子の時になにもなさずに亡くなった親族や、猛烈に苦しんで亡くなった家族が、骨になってそこでもうおしまいでなのですか。



雨が何万年か前に山の噴火で固まった岩盤地形を侵食した。
硬い丸い石が川底を研磨した。
繰り返される豪雨のたびに、壺状の穴に幾つもの小石が入り込み輪廻のように回り続けている。
流水は入れ替わっていのるだが川底の時間の容量は無限である。
劫初から何事もなかったようなすがすがしい静けさが流れている。
時間は骨や骨にまつわるすべての人間関係が無くなってさえも存在し漂っている。


 IMG_20170806_0003_NEW.jpg

nice!(246) 
共通テーマ:日記・雑感

ふう~んとうなずける 「ざんねんないきもの事典」今泉忠明監修 高橋書店 [本]

残念な1.jpg「ざんねんないきもの事典」今泉忠明監修 高橋書店
寝苦しい酷暑の夜には、短いタイトルでほくそえめるものを眺めたい。
123種類の生きものが登場する事典である。残念な体、残念な生き方、残念な能力の中から1つずつ選んでみると。

ざんねんな体 
クリオネは食事の時に頭が割れ悪魔の顔をみせる(頭のような部分がパカッと開き
6本の触手が出てくる。

ざんねんな生き方
イルカは眠るとおぼれる。
数分ごとに目を交互にとじて脳を休める。1日に300回以上繰り返して何とか眠っている。

ざんねんな能力  一匹狼は弱い。




ざんねんな3.jpg
「ざんねんないきもの事典」(続編)今泉忠明監修 高橋書店

113種類のいきものたちの
ざんねんなこだわり
ラッコはお気に入りの石をなくすとごはんが食べられなくなる

ざんねんな体
リュウグウノツカイは体の半分は食べられても仕方ないと思っている(重要なパーツは体の前にある)

ざんねんな生き方
バン(鳥)は弟や妹の世話につかれて家出をする。

ざんねんな能力
馬は全速力で走り続けると死ぬ。


nice!(255) 
共通テーマ:

メアリと魔女の花 [アニメと映画]

2メアリと魔女の花.jpg
「メアリと魔女の花」
米林宏昌監督(アニメ「思い出のマーニー」制作)とスタジオジブリ出身のスタジオポノックのスタッフたちによって製作された長編第1作となるアニメーション作品。
制作2017年 日本 東宝 102分
禁断の魔女の花によって不思議な力を手に入れた少女の冒険物語。

夜間飛行.jpg
手に入れると魔法が使えるようになる青い花。
花の名前は「夜間飛行」 
主人公の少女や少年、恋人同士の猫、魔法学校の女校長、動物実験で新しい動物を作り出す科学者、
個性的な召使いたち、深い森の中の霧の風景、少女が飛び回る空の軽快な現象など楽しめる。

<個人的な感慨の壺(つぼ)>
アニメ「メアリと魔女の花」の中で化学者の実験で面妖な動物に変えられた動物たちが、少女メアリの魔法の本の使用によってもとの動物にもどることができ、少女メアリと相棒のピーターが魔法学校の女校長や手下たちにつかまろうとする時、2人が動物たちに助けられ、一緒に行進する堂々とした姿。
本当はあり得ない説明のつかない架空の姿なのに、私はどのような場面よりも痛く感動したのであった。
自然の生きものたちが人間語で語りかけると言うことはあり得ないが、そこの世界では目頭が熱くなり共感を覚える。現実に生きる力を与えられるのだ。

今も、サンタクロースが来そうな冬空を見あげるとしみじみと感動を覚えるのと似ている。
化け猫映画で、いるはずのない化け猫になってしまった女性とその悲哀に共感するのと似ている。



柴犬カンチの足跡日記   
今年の10月で14歳になるカンちゃん。お蕎麦もたまごかけご飯も食べます。
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(295) 
共通テーマ:アニメ

「夜廻り猫」 深谷かほる(ふかや・かおる) [漫画(コミック)]

★なかなか訪問できなくて申し訳ありません 夏休みにはじっくりうかがうつもりです。

夜廻り猫 1
夜廻り猫1.jpg
泣く子はいねが 泣いてる子はいねが 涙の匂いをたどって 現れる 遠藤平蔵(猫の名)
心で泣く人の 涙の匂いを嗅ぎつけ その悩み苦しみにピタリと寄り添う
ブログ主は大ファンになってしまった


作者 深谷かほる(ふかや・かおる)
福島県出身。2015年10月、Twitterにて『夜廻り猫』の連載を開始。以後、毎夜のように更新を続け、読者の共感を得る。代表作は『エデンの東北』(竹書房)、『ハガネの女』 『カンナさーん!』(ともに集英社)など。

夜廻り猫 2
夜廻り猫2.jpg


自分の事ばかりに手を焼いている現代人たち。
今や「夜回り猫」にあらわされているような暖かい関わりあいが求められている。


夜廻り猫の言葉.jpg

猫1.jpg
nice!(274) 
共通テーマ:コミック

「修道士ファルコ」の中の奇蹟 [漫画(コミック)]

修道士フアルコ2.jpg

「修道士ファルコ」には様々な奇蹟が描かれている。

ドイツのリリエンタール修道院には聖処女のお告げがおりてくる修道士老ヤコボがいる。
皆からは妄想家だとしか思われていないので、「またトリップしているのか」と言われているが、いつも正気と狂気の間を行き来し不思議な役割を果たしている。

聖遺骸や聖遺物を持たない修道院は人気がなく誰も訪れなくなるので、修道院の長老たちは他の修道院にスパイの修道士を送り込み、5年~10年ががりで聖遺物を盗んで来させている。
修道士ファルコの修道院も他の修道院から聖処女(聖女サウラ)の遺骸の指の骨を盗み、それを他の修道士から5年がかりで再び盗まれたりしている。
それをまた修道士ファルコが取り返したあげく、林の中を逃げる途中、盗賊に盗まれそうになったので、口の中に隠したのはいいが、間違えて飲み込んでしまった。
そんなはずはないのに、聖処女の奇妙な恥じらいを修道士ファルコは体感したあと、強烈な胃痛と吐き気でのたうち回り、聖処女の指の骨を吐きだすことができた。
ところが、誰もファルコが聖処女の骨を飲み込んだことを知らないのに、修道士老ヤコボは目玉を一つは右上、もう一つは真ん中に寄らせ「頭に痣のある修道士(ファルコ)につたえよとな、聖処女が枕辺に立ち、ありがとうと」と言ったと修道士ファルコに伝えた。

人物像 修道士ファルコ
名高い剣客で、多くの血を流した罪を改悛し修道士になった。
枯れ草色の髪、薄青の瞳は北方の血を示し、馬上豊かな体躯は、ゲルマンの戦士を思わせる。
髪の毛の中に世にも魅力的なあざ(ふっくらとした唇の形)を持っているのでトンスラと言う髪型を禁止されている。


トンスラ.jpg
トンスラ



★しばらく訪問できていなくて申し訳ありません。体調がよくなり次第お伺いします。もうしばらく ご勘弁ください。
nice!(168) 
共通テーマ:コミック

再投稿「修道士ファルコ」用心棒  1巻~2巻 [漫画(コミック)]

修道士フアルコ1.jpg
青池保子 白泉社

元騎士だった14世紀の修道士ファルコ(鷹)自身が、ドイツのリリエンタール修道院の唯一の強面の用心棒であることは間違いない。
腕力が必要な時には、外敵を追っ払う。
ファルコは、蚤の心臓しかもっていない修道院長や修道院の経済を牛耳っている副院長から、剣の腕を見込まれていて、主に盗賊を追っ払うように頼まれている。
まずは生き伸びるために、降りかかった火の粉は武力ででも払わねばならない
修道士ファルコは、危く命を落としそうになりながらも、剣を振りかざして修道院を守る。
修道院の土地を、陰謀で取られそうになった時も、まずは体育会系だと言われているファルコの武力で時をかせいだ。

修道院を乗っ取ろうとした首謀者は、現在の修道院にいた人物だったが、今は別の修道院にいる秀才の修道士だった。
リリエンタール修道院の天才の誉れ高い修道士に見破られ、終身刑は免れたが、終身刑よりもひどいと言われている聖地サンチャゴへの巡礼を命じられる。
しばらくして元役人の修道士や、修道院の古文や壁画などの芸術的な部門を受け持たされている芸術家の修道士の頭脳を借りて、ことが解決してゆくのである。


修道士フアルコ2.jpg
近くの尼僧たちだけの修道院は、おばあさんたちばかりの中に、絵の上手な若い修道女が1人いる。
幼児のころ修道院に向かう両親が盗賊に襲われて殺され、林の中をさまよっている時に尼僧たちに助けられたので、世間のことには疎く何も分からずうぶである。
盗賊に話しかけられれば、何の疑いもなく門を開けるくらいはしてしまう、きれいなことしか知らないうら若き尼僧である。
お婆さんの尼僧たちやこの若い尼僧は、小屋の建て替えも、葡萄酒の製造も、穴掘りも、力仕事は全部男性修道士に無料奉仕でやってもらっている。

尼僧院に無料奉仕に来た修道士たちを、木陰に隠れた老婆の尼僧たちが、異様な興味と好奇心をもってまじまじと眺める。
若い尼僧たちに強烈な迷いや動揺を起こさせた男性が登場した小説「黒水仙」は映画にもなったが、お婆さんになってもすごいものがあるのだ。
勿論、何かあった時の用心棒役も修道士ファルコの騎士道精神に頼っている。

現代においても、父や、夫や兄や弟に用心棒になってもらえなければ、本当に現実問題として大変苦労する。
用心棒という言葉に抵抗があるなら、保証人依頼や経済的後ろ盾などなどと言い換えてもいい。

尼僧たちの修道院に宇宙人が会いに来て、何かの交渉事を持ちかけたとしよう。
平和的な友好関係を結びに来る宇宙人ばかりだとは限らない。
その時には頭脳明晰な体育会系の騎士を、修道女の用心棒につけないと何をされるかわからない。
尼僧たちは宇宙人によってその日のうちに、土の中に埋められるか、焼かれるか、串刺しになるか、体内に棲まれて支配されるかも知れないことは覚悟しておいた方がいい。
自分たちが神の言いつけを守り、毎日祈っていて心が清くても、実際手ばなしで和平が結べるばかりだとはとても思えないからだ。

聖遺物崇敬の心性史.jpg
秋山聡  講談社選書メチエ


★<前投稿についての個人的な感想>
 島尾敏雄「死の棘」日記、島尾ミホ「愛の棘」など夫妻作品のもろもろは並行させて何度も
 読んでいる。このようにかなりしんどい最高傑作は初めてだ。投稿はいつになるかわからない。
 島尾夫妻の孫にあたる島尾まほエッセイ集「まほちゃんの家」(WAVE出版)、「 漫画真帆ち
 ゃん」(ベストセラーズ)ではホッとしているが、しかし孫の代まで余韻は残っている。
 
nice!(146) 
共通テーマ:コミック

再読中  小説・エッセイ・メモ・評伝 島尾敏雄・島尾ミホ  [本]

魅力的な最高傑作 2度読みの最中
島尾ミホ・島尾敏雄 愛の戦い 
ブログ主は、まだ、なまなかな言及さえもできない状態にあり、失礼いたします。


島尾ミホ 「海嘯」 銀河叢書
海嘯 .jpg



島尾ミホ エッセイ集「愛の棘」 幻戯書房
愛の棘.jpg



島尾敏雄 「死の棘」新潮文庫
死の棘.jpg



島尾敏雄 「死の棘」日記 新潮文庫
s死の棘日記.jpg




「狂うひと」梯久美子 新潮社 
狂うひと.jpg
「死の棘」の愛人の正体は?本当に狂っていたのは妻か夫か。



最近見た劇場映画
「キングコング:髑髏島の巨人」抜群に面白かった!最高だった!
「ゴースト・イン・ザ・シェル」
「パッセンジャー」

柴犬カンチの足跡日記  13歳のカンコちゃんの幸せな毎日
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(273) 
共通テーマ:

沈黙ーサイレンスー(5)個人的な覚書  ああ殉教 モキチ  他 [映画]

モキチ.jpg
モキチ

参ろうや 参ろうや パライソの寺に参ろうや  
この地上は日本人の彼らにとってあまりに苦しい。
苦しいゆえにただパライソの寺をたよりに生きてきた百姓たち。


モキチ水磔.jpg

殉教でした。しかし何という殉教でしょう。略 
~たとえばその人たちの魂が天に帰る時、空に栄光の光がみち、天使が喇叭(ラッパ)を吹くような赫(かがや)かしい殉教を夢見すぎました。略~
日本信徒の殉教はこんなにみじめで、こんなに辛いものだったのです。
ああ、雨は小やみなく海にふりつづく。
そして海は彼らを殺したあと、ただ不気味に押し黙っている。
遠藤周作「沈黙」より

★基督教では洗礼を受けると今までの罪は許される。
<告解>カトリックでは洗礼を受けた後、受洗後に犯した罪の許しを告解室で神父を通して受けることができる。

死の棘.jpg
「死の棘」島尾敏雄 新潮社

狂うひと.jpg
「狂うひと」梯久美子著 新潮社 
島尾敏雄と島尾ミホ(どちらもカトリックで洗礼を受けた)のことに言及した小説「死の棘」
の妻の場合「そのとき私は、けものになりました」
★このような赤裸々な美しく悲しいものをブログ主は初めて読みました。
追い追いブログに書き付けてゆくつもりです。

最近見た劇場映画
「アサシン クリード」「モアナと伝説の海」「ラ・ラ・ランド」


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/



nice!(284) 
共通テーマ:映画

沈黙ーサイレンスー (4)個人的な覚書 ~つづく~ [映画]

浅野1.jpg
通辞(通訳)   浅野忠信
地侍の息子が世に出るための学問として、天草や大村や有馬にある神学校に通い、洗礼も受けるには受けたのだが、修道士にも切支丹にもなるつもりはなかった。
「パードレたちは、いつも我々日本人を、馬鹿にしとられた。カブラルと言うパードレは格別我々を蔑(さげす)まれておられた。日本に来ながら、我々の家を嘲(あざけ)り、我々の言葉を嘲り、我々の食事や作法を嘲られておられた。そして私たちがセミナリオ(神学校)を出ても司祭となることを決して許されなんだ」遠藤周作著「沈黙」より 


浅野忠信1.jpg
通辞(通訳)
「デウスにまこと慈悲の心あらば、なにゆえ天国に行く道に至るまで、さまざまな苦しみやむつかしき事を与えるとおもわるるか」

別の侍の言葉を通辞はゆっくりと訳した。
「ある土地では稔る樹も、土地が変われば枯れることがある。切支丹と呼ばれる樹は異国においては、葉も繁り花も咲こうが、我が日本国では葉は萎え、つぼみ一つつけまい。土の違い、水の違いをパードレはかんがえたことはあるまい」遠藤周作著「沈黙」より

マリア観音.jpg
隠れキリシタンたちが祈ったマリア観音

「パライソ(天国)に行けば、ほんて永劫、安楽があると常々申されとりました。。あそこじゃ年貢のきびしい取り立てもなかとね。飢えも病の心配もなか。苦役もなか。もう働くだけ働かされて、わしら」
「ほんと、この世は苦患(くげん)ばかりじゃけねえ。パライソにはそげんものはなかとですかね、パードレ」遠藤周作著「沈黙」より

枯松神社おらしょ.jpg
枯松神社 の神社祭 長崎
弾圧のなかで、「神 社」としてカモフラージュしながら、信仰の対象となるサン・ジワンさまを祀ったキリシタン神社

★潜伏していた切支丹たちの信仰は、200年もの間司祭から指導を受けられず、悲母観音像を聖母マリアに見立てたりして、仏教や神道、民俗信仰と結びつき変化していった。



柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(265) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。