So-net無料ブログ作成

迷い込んだ霧の中の長閑な村 「ブリガドーン」  往年のミュージカル映画 [映画]

ファンタジーへの憧れは、現実世界を豊かにしてくれる。
その世界に触れて戻ってきた時、現実を乗り切るための力が溢れてくるのが感じられる。

ブリガのポスター.jpg
「ブリガドーン」 監督 ヴインセント・ミネル 1954 アメリカ 108分
題名のブリガドーンとは100年に一度現れる村の名前。
<地図に載っていない秘境の村>スコットランドに伝わる伝説をもとにしている。


ニューヨークからイギリスのスコットランドの山奥まで狩猟をしにやって来たサラリーマンの2人の男トミー(ジーン・ケリー)たちが地図に載っていないのどかな村にたどり着く。
ブリガドーン7.jpg
向かって右がジーン・ケリー(涼しく甘い声で歌う歌手・俳優・振り付け師)

その村は100年に一度姿を現す村で、2人はちょうどその日に出くわしたのだったが、結婚式が行われていて御馳走を振る舞われ、くりひろげられていた民族調の舞踊の中に入っていっしょに楽しげにタップを踏む。


ブリガドーン1.jpg
村娘のフィオーナとトミーはヒースの丘にフィオーナの妹の結婚式のための花をつみに行き、お互いの愛が育ってゆくのを確かめ合う。
2人のダンスは昔風なロマンチックな感じで美しい。
重ねたスカートの布の色の違うフリルが、村娘のフィオーナが足を上げるたびに花が咲いたように広がる。

ブリガ3.jpg

次から次に祝いの舞踊が続けられている中、花嫁に横恋慕した青年が失望して村を出ようとしていることが分かる。
村の人間が村の外に出ると、ブリガドーンと言う村は2度とこの世に現れることが出来なくなり消えてしまうのだ。
青年の不遇の死と言うことでブリガドーンの消滅は免れることが出来たが、迷い込んだトミ―たちはいったんニューヨークに帰ることにした。

ブリガドーン9.jpg

ニューヨークに帰国したトミーは何をやっても落ちつかず、耳元にはフィオーナの歌声が聞こえて来るので、ふたたびブリガドーンを求めてスコットランドの山奥に向かう。
霧の中にフィオーナの姿が現れる。
「誰かを深く愛すればどんなことも可能になり奇跡も起こる」(写真むかって右から2人目のランディー先生の言葉)



★知人が大好きな映画をそっとおしえてくれたものが「ブリガドーン」。
 私も秘境の村ブリガドーンに行ってみたい。おそらく帰ってはこないだろう。

★ブログ主がはまっているブログ「柴犬カンチの足跡日記」はここをクリックhttp://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(256) 
共通テーマ:アート

nice! 256

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。