So-net無料ブログ作成
検索選択

「修道士ファルコ」の中の奇蹟 [漫画(コミック)]

修道士フアルコ2.jpg

「修道士ファルコ」には様々な奇蹟が描かれている。

ドイツのリリエンタール修道院には聖処女のお告げがおりてくる修道士老ヤコボがいる。
皆からは妄想家だとしか思われていないので、「またトリップしているのか」と言われているが、いつも正気と狂気の間を行き来し不思議な役割を果たしている。

聖遺骸や聖遺物を持たない修道院は人気がなく誰も訪れなくなるので、修道院の長老たちは他の修道院にスパイの修道士を送り込み、5年~10年ががりで聖遺物を盗んで来させている。
修道士ファルコの修道院も他の修道院から聖処女(聖女サウラ)の遺骸の指の骨を盗み、それを他の修道士から5年がかりで再び盗まれたりしている。
それをまた修道士ファルコが取り返したあげく、林の中を逃げる途中、盗賊に盗まれそうになったので、口の中に隠したのはいいが、間違えて飲み込んでしまった。
そんなはずはないのに、聖処女の奇妙な恥じらいを修道士ファルコは体感したあと、強烈な胃痛と吐き気でのたうち回り、聖処女の指の骨を吐きだすことができた。
ところが、誰もファルコが聖処女の骨を飲み込んだことを知らないのに、修道士老ヤコボは目玉を一つは右上、もう一つは真ん中に寄らせ「頭に痣のある修道士(ファルコ)につたえよとな、聖処女が枕辺に立ち、ありがとうと」と言ったと修道士ファルコに伝えた。

人物像 修道士ファルコ
名高い剣客で、多くの血を流した罪を改悛し修道士になった。
枯れ草色の髪、薄青の瞳は北方の血を示し、馬上豊かな体躯は、ゲルマンの戦士を思わせる。
髪の毛の中に世にも魅力的なあざ(ふっくらとした唇の形)を持っているのでトンスラと言う髪型を禁止されている。


トンスラ.jpg
トンスラ



★しばらく訪問できていなくて申し訳ありません。体調がよくなり次第お伺いします。もうしばらく ご勘弁ください。
nice!(168) 
共通テーマ:コミック

nice! 168