So-net無料ブログ作成

再びドキュメンタリー映画「100000年後の安全」 監督 脚本 マイケル・マドセン 浜岡原発 廃止 [映画]

近況報告<扁桃腺炎でしばらくブログの返答(笑)ができませんでした>

放射能は人間の五感では感じることができない。
肉体が放射能を浴びれば直載に、又は緩慢に人は死に至る。
人は肉体なしでは、魂の望むところを成し遂げることはできないから、肉体あってのものだねである。
高レベルの放射性廃棄物をたちどころに最終処理し無害にする施設は今のところない。
10万年かけて、地下500メートルの18億年前の地層に、放射性廃棄物を保管する埋蔵場所が、フィンランドのオルキルオト島のオンカロ(隠された場所)に建設中である。しかしここは22世紀で満杯になる。
放射性廃棄物をロケットに乗せて太陽に打ち込む方法も考えられたが、発射されたロケットが爆発する恐れがある。
海溝深く沈めるにしても天災の懸念がある。
津波や福島第一原発のメルトダウン、放射性廃棄物についての人間の無力感にさいなまれ、個人的には苦しい鬱の状態が続いたが、伯母(父の姉)が亡くなったので日常の付き合いの意識が戻って来た。
フィンランドのオンカロに埋蔵された放射性廃棄物が満杯になった場合は、施設自体をなかったもののように埋めるそうだ。
このような施設があることを忘れて欲しいと言うのは、放射性廃棄物を掘り出し、戦争やテロ組織に利用される事を恐れての発言である。
しかし1000年後10000年後に記録や記憶がなくなって、何かの影響で、放射性廃棄物を掘り当ててしまうことがあるかもしれない。
ドキュメントの映像では、棺のようなものに納められた放射性廃棄物を、水槽の底に沈めていた。
あんなことで本当に安全なのだろうか。隕石の到来や地震で地層に亀裂が入ったらどうするのだ。
建設中の施設の地下の地層を爆破する音が不気味に響いていた。
威圧して消えていく悪魔の声のような音が何よりも恐ろしかった。


個人的には西村賢太の奇跡だと言われている新しい私小説が激烈に面白く読めた。
必ずや慊い(あきたりない)や衒う(てらう)、俯く(うつむく)、些か(いささか)などのむずかしい漢字がそこここにごまんと使用されていた。
人にわかりやすい言葉でわかるように書かなければならないと言うような学校教科書風のお小言のような決めごとが通じなくて痛快である。
疼痛で仕方なく踊り転げるようなおかしみがあるのだ。
この人にとってはそういう人一倍破格めいた最低なこともあったのだと悲しみつつ泣きながらおもしろがれるのだ。
「根が人一倍見栄坊にできている彼は、本来ならば自分と同年齢の者の大半がそうであるように、普通に大学生であるのを普通に誇っていたいタイプである。当たり前の学問と教養を、ごく当たり前に身にまとっていたい男なのである」(苦役列車より)
ここで使用されている「普通」や「当たり前」という語は、この作家にとっての切り口に使用される語である事を心得ておかなければならない。
濃くゆがめられた感情や語り口が人間の本生をずばりと言い当てていて溜飲が下がる。
普通は普遍と言うのとは違う語彙である。
松子デラックスが連続して使用する「フツー」も面白い。
西村賢太の私小説の暴言や暴力にはもちろんのこと、世に顰蹙を買う夢想と買淫、逆恨みと踏み倒しには悲しくも絶大なおかしみを覚える。
絶大と言う語の語彙や使用基準がわからない、人によって基準が違うという向きもおられるだろうが、こだわる人はこだわりを人に押し付けず、上げ足を取らず、わからないまま自分の基準とやらにとことんこだわるといいのだ。


北海道に家を建てた佐藤愛子が、ほんとうにアイヌやキツネや得体のしれないものによって、たたられた事実を小説「私の遺言」に書いている。そういう点では作り話ではない。
なくなったものが、別の部屋にちゃんと並べられてあったり、ぞっとするようなあり得ないことの連続が書かれている。
作家は、逃げ出すのではなく対処し続けている。




nice!(302)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

東日本大震災行方不明者1万800人  ドキュメンタリー映画「100000年後の安全」  監督マイケル・マドセン(デンマーク)2009年 [映画]

 ドキュメンタリー映画「100000年後の安全」

原子力発電所は自然災害や人災で事故を起こす。
しかも放射性廃棄物を出す。
現在、原発を止めたとしても、高レベルの放射性廃棄物が危険でなくなるためには10万年もかかる。
日本には、放射性廃棄物の中間貯蔵場はあるが、最終的な処分場はない。
高レベルの放射性廃棄物の最終的な処分場は、フィンランドのオルキルオトの地下400メートルに建設中で、10万年間維持できるように建設中である。
そんなことが可能なのであろうか。
オンカロ(隠された場所)と呼ばれるその場所に、高レベルの放射性廃棄物を地層処分(地層中に廃棄物を蓄える)する予定である。
人類は10万年間もこの場所で、高レベルの放射性廃棄物を管理できるだろうか。
自然災害や人災は起きないだろうか。
10万年後に生きているであろう人類に、文字や言葉は通じるであろうか。
人類はどうなっているだろうか。
この映画はオンカロに初めてカメラが入ったものである。
絶望をはるかに超えた沈黙の中に、静かに突き進んでゆく削岩機があった。
高レベルの放射性廃棄物を中和できるものを発明してから、原発を促進して欲しかった。


以後以下の映画と小説とコミックの感想を述べてゆきたいが、今回の地震津波原発事故から受けた非常に個人的な茫然自失の虚無感を瞬間的にくつがえす劇薬さえ今のところはない。アンパンマンマーチとか北国の春とか、アメージンググレースとか、海の見える街、故郷、故郷を離るる歌、アイネクライネ・・・などの曲は皆で吹奏している。

映画 
「イリュージョニスト」・「私を離さないで」・「エンジェルウオーズ」
「ビー・デビル」・「阪神電車 片道15分の奇跡」・「アメージンググレース」「神々と男たち」

小説
佐藤愛子「私の遺言」  西村賢太「二度とはゆけぬ町の地図」「小銭を数える」「苦役列車」
コミック
ヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ」3








nice!(321)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート