So-net無料ブログ作成
検索選択

3人の悪役 ベイン 「ダークナイト ライジング」 ・  ジョーカー 「ダークナイト」 ・  アントン・シガー 「ノーカントリー」 [映画]

心の中の暗がりを探索するために3人の悪役を選んでみた。
恐怖と嫌悪感が伴うけれど、覚悟を決めて心の中に住みついた悪役の行動を確かめると、こちらの心を牛耳られなくてすむ。
より分けることが出来ず不消化のまま放置しておくと、心の曲がり角でどんな怪物に変身するか解らない。
まず1人目に、最近の映画「ダークナイトライジング」の中のバットマンに対抗する悪役ベイン(トム・ハ―ディ)


ベイン
ダーク ベイン.jpg
2012年 ダークナイトライジング 164分
悪役 ベイン役 (トム・ハ―ディ)
バットマンとブルース役(クリスチャン・べール)
監督 クリストファー・ノーラン

悪役のベインとバットマンは、ヒマラヤの奥地の「影の同盟」をひきいていたラーズ・アル・グールの元で修業を積んでおり、兄弟弟子どうしである。
影の同盟のラーズ・アル・グールの遺児のタリア(ダークナイトライジングの鍵になる女性)は牢獄「奈落」で生まれ、脱出を何度も試みた結果成功している。
脱出の折に心ひそかに愛しているタリアを助けて傷を負ったのがベインである。
愛する女性のために耐え忍ぶと言うところが、中世の騎士めいている。
この傷のためベインは疫病にかかり、後遺症の痛みを和らげるために鎮痛剤吸引装置としてマスクをかぶっているのだ。
刑務所の囚人を逃がし、中性子爆弾でゴッサムシティを木っ端みじんにするほどの憎しみと復讐の念は、牢獄「奈落」でラーズ・アル・グールによって培われたのだろうか。
それがベインとタリアに引き継がれた。
しかしなぜヒマラヤの奥地で修行していたラーズ・アル・グールが牢獄「奈落」に捕えられたのか。


ジョーカー
ダークナイトジョーカー2.jpg
「ダークナイト」
監督 クリストファー・ノーラン 2008年日本公開  152分
悪役 ジョーカー役 (故ヒース・レジャー)
バットマンとブルース役(クリスチャン・べール)

疲弊したアメリカの架空都市ゴッサム・シティのダークナイト(暗黒の騎士)はジョーカーと呼ばれる男だ。
映画「バットマン」の中でバットマンが究極の善人像をあらわすとするならば、ジョーカーは、究極の悪人像をあらわす。
ジョーカーは何も要求しない。
金にも名誉にも地位にも一切関心がなく執着しない。
まるで高潔な高僧のようであるが、彼の姿かたちは、顔を白く塗り、幼いころ父親にナイフで切られたと言う裂けた口に赤い色を塗っている。赤い口が耳まで裂けた、あぶない顔をしている。
マフィアから奪った金をうずたかく積んで火を放つ。
もうすでに世のありとあらゆる宝物は手に入れているので、それらに執着せず、安泰な暮らしができているから関心がないのではない。
ジョーカーには、悪を働く説得力のある積極的な目的など何もない。
罪悪感が欠如しており、新種の狂人のようだが、頭脳は明晰である。
自身を善人と思いこむ人間たちを、暗闇に突き落とし、人間を根底から破壊する過程を、極悪非道に楽しみ、哄笑しながら、その最後を冷酷に見届け味わうのだ。
原因の説明がないので、映画からの解釈は明確にできず、腑に落ちないが、幼いころの父親との体験が新種の怪物が出現する要因ではなかったかと思われる。


アントン・シュガー
ノーカントリーシガ―.jpg
「ノーカントリー」 2008年日本公開 122分
監督 コーエン兄弟  原作「血と暴力の国」コーマック・マッカーシー
悪役 アントン・シガー(バビエル・バルデム)

悪人と言えば、映画「ノーカントリー」に出て来る殺し屋のシガーは、仁義を通さない相手や、正常な理屈の通らない相手、哲学的な問いを吹っかけても答えられない相手、習慣にたよって自分で何も考えようとしない相手に対しては、すぐさま家畜用の空気銃をぶっ放し、見境なく殺す男だ。
この男も新種の怪物のように感じられる。
シガーにとっては、真実でないものは、ごみと同じであった。

★一番恐怖を感じ現実生活の中で会いたくない人物は、一般人を巻き込む「ノーカントリー」のアントン・シガーだ。
★2012年7月20日にアメリカのコロラド州デンバーのオーロラで、「ダークナイト ライジング」上映中に起こった銃乱射事件で映画鑑賞中の12人が亡くなった。
自分はジョーカー(映画ダークナイトの悪役)だと名乗っていたコロラド大学大学院生が逮捕された。
自分と映画に登場する無数の人物の一体化が出来るほどの想像力(もしそうであったらとおしはかり、察する力)は欲しいところだが、自他の区別がつけられなくなってはいけない。

nice!(311) 

映画「THE GREY 凍える太陽」 [映画]

凍える太陽ポスター.jpg
「THE GREY  凍える太陽」 2011 アメリカ 117分
監督 ジョー・カーナハン

極寒のアラスカ山中、休暇をとるために嵐の中飛行機に乗った石油採掘現場で働く男たちは、墜落事故に遭遇する。
生き残った7人の男たちは、不運なことにちょうど狼たちのねぐら近くの縄張りに墜落していた。



~~~~~以下内容にふれています~~~~~~



採掘場で、襲ってくる獣たちを射殺する仕事をしていたオットウエイ(リーアム・ニーソン)は、リーダーの資質と実
力を持っていた。
凍える太陽狼と人間.jpg

たき火を絶やさないでいるのだが、狼たちは隙をついては男たちに襲いかかり、ゆっくり1人づつ倒されてゆく。
人間が集団でいる時には襲ってくることは少ないのだが、用足しに1人でたき火の場所を離れたり、弱った体を鞭打って徒歩で森へ向かおうとしている時に遅れをとった場合には、八つ裂きにされるのだった。

やっと生き残った4人ではあったが、あきらめのためにそこから動けなくなって狼から襲われたり、綱を張って渓谷を渡る途中高所恐怖症のために地面に激突、または狼に追われて急流に落ち込んで溺死したり、とうとう生き残りは、オットウエイ(リーアム・ニーソン)1人になってしまった。
彼は仲間たちから預かった身分証明書の中から家族の写真を取り出して眺め、これを家族に渡す役目を担っていると自分に言い聞かせる。
時々亡くなった妻の幻覚が現実のシーンと重なるが、幸せな日々からの照り返しで物事の影の深みが増すばかりだった。
妻を亡くしたオットウエイがやって来たのは、世の中の吹きだまりのような石油採掘現場だったが、雪の原野で銃口をくわえて自殺しょうとした事もあった。


たった1人生き残った川の岸辺で、彼は神を試す毒舌家になり、悪態の限りを尽くす。
ありとあらゆる神への挑発と冒涜の言葉を空へ向かって投げつけるが、誰も助けてはくれず、沈黙あるのみだった。
粘り強い寡黙な正義感の強い男のたっての願いを耳にするのは、狼ばかりだ。
自分でやるよりほかないと最後の力を振り絞って立ち上がり、林を通るがそこは、狼の巣であった。
絶体絶命。


凍える太陽最後の戦い.jpg


彼は額に入れられて壁にかかっていた父の詩をふたたび思い出すのだった。
(事あるごとに思い出す詩だった)

もう一度闘えるのなら
最強の敵を倒せたら
その日の内に
死んでもかまわない



nice!(272) 

食べたい駅弁   絵本「エンソくんきしゃにのる」 作・絵  スズキ・コージ [絵本]

エンソコロッケ.jpg
ブログ主がたべてみたい駅弁
ヒツジの形のコロッケがごろんと入っていて
まわりにはゆでたトウモロコシがいっぱいつまっている


エンソ旅とカバン.jpg
ホゲタ町のホゲタ駅
エンソくんは1人でおじいさんの所に行くために
カバンを1個持って人ごみのなかを歩いている
(年齢は書かれていないけれど5歳~7歳くらいではないかな)

エンソクン切符.jpeg
エンソくん「ホゲタまで子供一枚!」
切符売り「ホゲタはここですよ」
エンソくん「ああそうか! 終点まで一枚!」

エンソクンワイド.jpg
町を抜け、トンネルを抜け、知り合いになったおばさんと別れ、沢山の橋を渡って高原の駅に着くと
羊飼いと沢山の羊が乗り込んでくる

★ブログ主がたった一人で、ドイツのある町からパリに帰ろうとした時、駅で切符を買おうとしたら、首を横に振られて、おやおやと言うしぐさをされた。
もちろん言葉はよく知らないので何が何だか分からない。
すると上の方から長い腕が伸びて来て小銭を払ってくれる背の高いドイツの女性がいた。
小銭が足りなかったのだ。ドイツの森の木のような御婦人、あの時はどうもありがとう。マリア様に見えました。
一人旅は心細いものです。


エンソ3人で食事.jpg
ヒツジに取り囲まれてみたいな

エンソくんきしゃにのる.jpg
「エンソくんきしゃにのる」 作・絵 スズキ・コージ
こどもの友傑作集 福音館書店

おじいちゃん「エンソよく来たな」
エンソくん「あっ おじいちゃん」
二人は馬に乗っておじいちゃんの家へ
山の端は夕焼け色

nice!(259) 

映画「七変化 狸御殿」 [映画]

七変化狸御殿ポスター.jpg
「七変化 狸御殿」  1955年 101分
監督  大曾根 辰夫
出演 美空ひばり 宮城千賀子 堺俊二 有島一郎 伴淳三郎 フランキ―堺 淡路恵子 高田浩吉
踊りと歌でつづる、ミュージカル仕立て
役の衣装で七変化するのは、美空ひばり(お花)と堺俊二(ポン吉)の名コンビ


ファンタジーの世界から戻ってくると、現実世界に生きる力が何処からともなくわいてくるのである。
狸の国(カチカチ王国)の物語。
お城では歌合戦(歌と踊り)が行われ、クルミの森でクルミ拾いの娘として働くお花(美空ひばり)と、腰ぎんちゃくのような弟分のポン吉(堺俊二)が歌と踊りを披露し見事優勝する。
お城の若殿の鼓太郎(宮城千賀子)は、お花が気に入り、小川と水車小屋のある美しくのどかなクルミの森に会いに行く約束をする。

狸御殿2.jpg

クルミの森には、クルミ拾いたちを鞭打つ親分がおりみんなをこき使って苦しめている。
またなぜかインド系の服装をした森の精(高田浩吉)もいて、お花たちを全面的に援助している。
音楽家のジャズ狸(フランキ―堺)が、ドラムをたたいて、歌を歌うお花と腕くらべをしたいそう楽しい。


コウモリの国では放射能雨のために毎日仲間が死んでいるのだった。
これを回復させるためには、狸のカチカチ王国の城に安置している輝々大明神(てるてるだいみょうじん)の光る玉を盗って来なければならない。これさえあれば放射能は怖くないのである。
コウモリ国の親分(有島一郎 時々間の抜けた女性言葉を使う間合いが面白い)は、若殿をつかまえ魔法を使ってガラス瓶の中に閉じ込める。
お城の家来たちに輝々大明神(てるてるだいみょうじん)を持ってこさせるつもりなのだ。
お花とポン吉は、コウモリの親分の娘(淡路恵子)から魔法を解く方法を聞き出し、若殿を助けるために長崎に旅に出る。
幼児語に似た直観的な言葉を使う伴淳三郎と、「痛たた」と言いながら転げ回り、けっこう踊りもこなすポン吉(堺俊二)との絡み合いは笑いをこらえきれないほど。
やがてめでたしめでたしでお花と若殿は結ばれるのであるが、コウモリの魔法を解く言葉がとっても美しいので書きとめておくことにする。



<若殿をとじこめられたガラス瓶の中から助け出す詩的な方法とは>

長崎のオランダ坂の、異人館に咲いている、赤いまんじゅしゃげの花を摘んできて、
土蜘蛛(つちぐも)峠の、洞窟の三角岩のくぼみにたまった雨水にそれをとかして
白珊瑚(しらさんご)のサイコロと一緒に瓶の上に振りかける

・・・・なんと美しいイメージ


★「七変化 狸御殿」に出演された知っているスターで、生きておられる人は淡路恵子さんのみである。
最近も図書館やふれあいセンターなどでこの映画は上映されるらしい。
白サンゴを持っている都鳥吉衛門役に川田晴久、森の石松役に広沢寅蔵と、出身が浪花節の人たちもいる。
満月やお城の舞台、崖の道、洞窟、長崎の風景等のなつかしい学芸会の大道具めいた好みの景色は想像力をかきたててくれる。
作曲・万城目正 歌・美空ひばり他「ひとりっぽちのお月さま」  
他にも沢山の曲があるが画面に曲名が明記されていない
nice!(203) 

映画「ローマ法王の休日」 [映画]

ポ ローマ法王の休日.jpg
ローマ法王の休日」 監督ナンニ・モレッティ

ローマ法王になりたくなかった枢機卿のメルヴィル(ミッエル・ピッコリ)が、コンクラーベ(法王を選ぶ選挙)で選出されてしまった。
ヴァチカンのサンピエトロ広場をうずめる信者たちや報道陣の前で、就任のあいさつをする前に奇声を発してパニック症状に陥ってしまった。

ローマ法王の休日.jpg


~~~~~以下内容にふれています~~~~~


余談ではあるが、日本の皆がニッコリして言うことは、コンクラーベは「根比べだね」だ。
各国の枢機卿たちは、誰ひとりとして法王になりたい者はおらず、「決して選出されませんように」と祈り続けている。こんなこと映画と言えども公表してよいものだろうか。
男性の精神分析医(監督・俳優ナンニ・モレッティ)が呼ばれ、各国の枢機卿たちが周りを取り囲む中での治療には全く進展がない。
外部の精神分析医にかかった方がよいのではないかと言うことで、女性の精神分析医の所に行った帰りに、メルビルは町へ逃げ出してしまう。
メルビルがいなくなったことは関係者以外には誰も知らされず、システィーナ礼拝堂から一歩も外に出てはならない各国の枢機卿たちは、庭でバレーボールに興じる。
メルビルの代役(スイスの守備隊)は部屋に隠れ、カーテンを時折揺らしては存在を外部のものに示すので、だまされた人々が喜ぶ。それがとても面白い。
人間とはできれば、常に安心していたいものであることがわかる。
メルビルは、バスに乗ったり、何人かが演劇の練習をしているたまり場に行ったりして町をさまよい、ホテルに宿泊する。
このような据え置きの何日間かが、ローマ法王の休日なのだろう。
鬱気味な表情のまま逃げ回る聖職者メルビル。
バチカンの権力争いや幼児性愛などのスキャンダルは影を潜めている。


メルヴィルがどういういきさつで枢機卿になったのか分からないが、演劇学校を受験して落ちている。
地味でまじめでどこか悲哀を感じさせる枢機卿に、もう一度演劇学校の試験に挑戦させ、めでたく入学できるような疑似体験をさせ、自信を回復させなければならないのだろう。
精神分析医に6年~7年もかかって漸く自信が回復するとすれば、今すぐローマ法王になり、職務と治療を並行して行うことはむずかしいだろう。


「私には(ローマ法王は)向いていない。 無理である。」と言って法王の座を受け入れないメルビルのおかげで、ローマ法王の選出は、これからまた続けられるのだろう。
聖職者と言えども、立派な年齢になっても、途惑い、迷い、我儘を言い、「神様ごめなさい」を言い続けるのだろう。

外出して観光をしたい枢機卿たちをなだめたり威嚇したりし、報道陣に話をしたり、精神科医を呼んできたり、内と外の世話係の男性が、走り回る映画でもあった。
nice!(253) 

映画 星の旅人たち [映画]

「星の旅人たち」
監督 エミリオ エステヴェス
2010年 2時間8分
原題 「The way」
星の旅人2.jpg


「星の旅人たち」は、60代のアメリカのカリフオルニアの眼科医トム(マーティン・シーン)が、事故で亡くなった息子ダニエル(監督 エミリオ エステヴェス)の遺体を確認しにスペインに行くところから始まる。
世界を知るために各国に旅に出ると言う40代の息子は、ピレネー山脈を越え、キリスト教の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへ向けて800キロ(徒歩2カ月~3カ月)の巡礼の旅に出て命を落としたのだった。
以前妻を亡くしているトムは、息子のリュックに遺灰を入れ、巡礼の旅に出ることにした。
トムは息子の遺灰を要所に撒きながら旅を続ける。
トムは自然に3人の連れと旅を共にすることになった。
陽気なオランダ人男性で体重を減らすために巡礼をするヨスト、カナダから来たヘビースモーカーの女性で夫からDVを受け、娘をとられたサラ、雑誌に記事をのせているけれどスランプ状態のアイルランドの男性ジャック。
不注意でリュックを川に流し、命がけで川に飛び込み拾い上げ、ジプシーの少年にリュックを盗まれるが、少年の父が少年を連れて詫びに来て宴会に招待される。
星の巡礼4人.jpg


トムの亡くなった息子、ダニエル。
残りのダニエルの遺灰は、父のトムによって海にまかれる。
星の旅人 ダニエル.jpg
一番胸に迫って来たのは、巡礼の途中で、たびたび亡くなった息子ダニエルの姿が登場することだった。
息子ダニエルは、道端に立っていたり、人の中に混ざっていたり、サンチャゴの大聖堂の僧であったりして、父親のトムに微笑みかけていた。
トムは死者(息子のダニエル)と共に旅を続けており、映画という手法で、眼に見えない者をありありと眼にすることができた。
生者と死者が、心で対話をしていることに対するする畏れに似た気持ちがあふれてきた。



眼科医トム役のマーティン・シーンと息子ダニエル役(星の旅人たちの映画監督エミリオ エステヴェス)は本当の親子である。
監督の息子と男優のマーティン・シーンが、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラの旅に出た時に、現地の娘と恋に落ち現在はスペインにとどまっている。
男優のマーティン・シーンの父であり、監督のエミリオ エステヴェスの祖父である人は、プエルトリコからの移民である。
男優のマーティン・シーンは移民であることで、差別を受けていたが教区の神父から援助を受け、ディレクターに助けられてスターになれたそうだ。彼はカトリック信者である。


巡礼者は帆立て貝をリュックに付け、昔は魔法瓶の代わりにひょうたんに水を入れ、狼やならず者を追い払う武器として杖を持っていた。スタンプを押してもらうノートを持参している。
現在は石や家の壁に黄色い矢印→(大きくて分かりやすい)が描かれており、誰にでもわかる道しるべとなっている。
「星の旅人たち」
星の旅人大画面.jpg




2005年の映画「サンジャックへの道」
監督 コリーヌ・セロー
1200キロの巡礼路(徒歩で2カ月~3カ月) 9人で歩いた。
サンジャックへの道.jpg


最近見た映画。
「ダークナイト ライジング」 「崖っぷちの男」 「アナザー」 「プロメテウス」 「トータル・リコール」 「ローマ法王の休日」、 「貞子3D」
いくつか心をとらえられた部分を揺さぶり、つなげようとして見ても、なかなか腑に落ちてこないので投稿できず、まだそのままに。物語の部分が自分の中で息を吹き返すことが必要である。



シネマトウディやムービーウォーカー等の映画紹介の記事、宣伝チラシに書かれている大まかな記事から、個人的に興味のある内容を奥深く追及し、理解し察することはなかなか難しい。
その映画を見ないと感じられない、分からないことだらけなので、私の場合その場に参加し臨場感を味わうためには、日にちと時間を照らし合わせ、ある程度ふるいにかけて、劇場に足を運ぶしかない。
勿論体調や冠婚葬祭、仕事などの理由でDVD鑑賞になる場合が多いが、人もそれぞれだろう。
自分としてはこう感じるのだが、制作者はなぜこのようにしたのだろうか、としばらく考えてみると、予想できることもしばしばある。
直接、監督から返って来た答えではない限り断定できないし、あり得ないことだと言って感覚の違いだけのことをなぜか優位に立って笑い飛ばすのはもってのほか、監督や脚本家のそうあって欲しいという願望があってそう言うストーリーや台詞になったのかもしれないのだから・・・・私に限ったことだが、自分のナイフがよく切れているかが問題なのだ。切れない斧でつぶしたスイカは食べにくい。
これからは興味を持ったことだけに話題を向けようと思う。
nice!(267) 

映画「遊星からの物体X ファーストコンタクト」 [映画]

「遊星からの物体X」 と言うエイリアンを取り扱った映画は、ほぼ同じ題名で、今回の2011年制作以前にも2つある。
一つ目は、1951年の「遊星よりの物体X」であり、リメイク版は1982年の「遊星からの物体X」である。
今回の「遊星からの物体X ファーストコンタクト」は3作目になるが、前2作のリメイク版ではなく、エイリアンが南極のアメリカの観測隊基地を襲う3日前のノールウェー観測隊基地での出来事を取り扱っている。
3作目には工夫された身の毛もよだつエイリアンが登場する。


「遊星からの物体X ファ―ストコンタクト」 監督 マティス・バン・ヘイニンゲン・Jr 
2011年 103分 アメリカ
竹書房文庫

「遊星からの物体X ファ―ストコンタクト」は、前2作のリメイクではなく、前日譚(3日前)の話である。
遊星からの物体ポスター.jpg

女性の考古生物学者のケイト
惑星 ケイト2.jpg


女性の考古生物学者のケイト(メアリー・エリザベス・ウィンステット)が中心になって10万年前に、南極に不時着した宇宙船(円盤)と氷の中に閉じ込められているエイリアンを調査するために、関係者たちがノルウェーの観測隊の基地に到着する。
長方形に切り取られた氷の中に閉じ込められたエイリアンは生きており、沢山の触手を伸ばして他の生物に襲いかかり、血液に侵入したあと擬態化が始まり、相手の体を乗っ取って世にもおぞましい形で増殖していくのだった。
人間の顔や体が割れて、その中からエイリアンが現れ、触手が四方にばね仕掛けのように広がる様子には戦慄が走る。


~~~~~以下内容に触れています~~~~~



10万年もの間生き続けていたエイリアンは、まずハスキー犬を襲い、次々に隊員たちを襲ってゆく。
人の見ていない所でエイリアンに襲われ、その人間に同化し擬態化したエイリアンが普通の人間として皆の中にまぎれこんでいるのだからたまらない。
お互い疑心暗鬼になり、ノルウェーの観測隊の基地の雰囲気が緊張したものになる。
考古生物学者のケイトは、エイリアンが同化できないものは、、エイリアンから吐きだされた歯の中の詰め物や手術をして埋め込んでいる金属であることを突きとめ、皆の口内を見せあうことにした。
皆でエイリアンに抵抗しているつもりでも、その集団の中にエイリアンが潜んでいるのだから恐怖である。
ダイナマイトで基地を破壊し、火炎放射機でエイリアンを焼き尽くすが、エイリアンが体内に入り込んでいるハスキー犬が雪の中を逃走する。

遊星からの火炎放射.jpg




1951年版と1982年版のどちらも、ノルウェーの観測隊の基地の生き残りの隊員がヘリコプターでハスキー犬(エイリアンが体に巣くっている。見かけはハスキー犬)を追跡し発砲しながら、アメリカ南極観測隊基地上空に到着するところから始まる。
ノルウェーの観測隊は、ハスキー犬に発砲しているのだが、人間に発砲しているとの誤解を受け射殺される。


1982年版「遊星からの物体X」
監督 ジョン・カーペンター 109分
ブログ主はDVDで見ました
遊星からの1982.jpg
ハスキー犬の体内にはエイリアンが入り込み擬態が完成している
遊星ハスキー.jpg




1951年版「遊星よりの物体X」
原作 「影が行く」1938年  ジョン・W・キャンベルJr
監督 クリスチャン・ナイビィ  87分
ブログ主は未見です
写真を見ると、エイリアンはフランケンシュタイン似で人間っぽい。
遊星よりの51年.jpg


★ブログをゆっくり拝見させていただくため、訪問が遅れますが宜しくお願い致します。
nice!(214) 

大人たちの切ない恋 映画「仕立て屋の恋」 監督パトリス・ルコント  フランス 1989年制作  [映画]

映画「仕立て屋の恋」
仕立て屋の恋フランス.jpg
女性の死体が原っぱに放置され、前科のある中年男性の仕立て屋イール(ミシェル・ブラン)が警察に疑われている。
所はフランスのパリ。
仕立て屋イールは無口で孤独好き、香水に対する一家言を持っており、ボーリングの腕前も、洋服の仕立ても超一流。部屋の中はいつも整理整頓されている。


異常に潔癖で人間嫌いな仕立て屋イールは、向かいの家の女性アリス(サンドリーヌ・ボネール)に一方的な恋をしている。
毎晩、電気を消し、常にブラームスピアノ四重奏曲第1番ト短調をレコードで聞きながら、彼女の部屋の一部始終を覗き見している。
彼女の洋服の着替えから、食事、恋人との情事までのすべてを見つめ続けている。


~~~~~以下内容に触れています~~~~~



女性の死体遺棄事件の真犯人は、ほんとうはアリスの恋人だった。
仕立て屋イールは、アリスの恋人が犯人であることを知っていることをアリスに話す。
死体の処理をする時にアリスが手を貸していたのを見てしまった事を告げる。
アリスにとっては、仕立て屋イールの言葉は脅しであり、言いがかりでしかない。
彼女は仕立て屋イールに関心を持つふりをする。

仕立て屋イールとアリス
仕立て屋2人.jpg
仕立て屋イールは 「スイスに1軒家を持っている 明日2人でそこへ行っていっしょに暮らそう」とアリスに持ちかけ列車の切符を渡す。
殺人の共犯の弱味を握ぎられている男性といっしょには暮らせるはずはなく、彼女は駅には行かない。

アリスは殺された女性のバッグを、仕立て屋イールの部屋に隠し、警察を呼んで、仕立て屋イールに濡れ衣を着せる。

仕立て屋イールは言う 「笑うだろうが、僕は君を恨んでいない、死ぬほど切ないだけだ でもかまわない、君
は喜びをくれた」
愛する女性と両想いになり、パラダイスで暮らすことがイールの夢だったようだ。

気に入った女性を彼女の意向がどうであれ、どこまでも自分のために信じ抜こうとする寂しい男。
仕立て屋イールは屋根から落ちて死ぬ。





「仕立て屋の恋」 中国
監督ウオン・カーウアイ 2004年 
仕立て屋 チャン・チエン  女 コン・リー 
仕立て屋の恋中国.jpg



「仕立て屋の恋」のアリス((サンドリーヌ・ボネール)は「灯台守の恋」にも出演している。
ブルターニュ地方のウエサン島 帰還兵と既婚の女性の恋
監督フィリップ・リオレ 2004年 フランス
灯台守の恋.jpg
nice!(224) 

コミック 「マッドパパ」 関よしみ著 ぶんか社 [漫画(コミック)]

「マッドパパ」 関よしみ著 ぶんか社
マッドパパ.jpg
個人的な絵の好みはさておき、家族が今までの家族ではなくなるという、現実生活の中に潜んでいる恐怖がじわじわと伝わってくる漫画のストーリーに強く魅かれた。
最後は、大人たちの事件の余波が、現実生活の裏で、やわらかな心を持つ子供たちに、緩やかではあるが破壊的に作用していたことを知り愕然とする。


~~~~~以下内容に触れています~~~~~




日本のある市に、中学2年生の藤井凡子(ふじいなみこ)と小学生の弟と父母の4人家族が住んでいた。
授業参観中には大いびきをかいて居眠りし、風呂上がりには裸で歩く人のよいパパ、口やかましいママとで仲良く平凡な毎日を送っていた。
藤井家の隣には妻が蒸発した、酒乱の父親の桑原と就学前の娘が住んでおり、娘に乱暴を働く酒びたりの荒れ狂った毎日を送っていた。

1泊するだけで、身も心も生まれ変われるカウンセリングセンターができた。
案内書を配布して回っていた市長が、通りがかりの人に乱暴を働こうとした酒乱の桑原を強制入院させた。
たった一日で、まっとうな挨拶をすることが出来、更生した酒乱だった桑原が戻って来た。

藤井凡子(ふじいなみこ)とママは、「だらしないパパは大嫌い」だと怒り、パパをカウンセリングセンターに送りこみ、続けてママまで1日入院をしてしまった。

パパとママの顔つきが変わり、おならも小言もなくなった代わりに、変なことが起こり始めるのだった。
パパは、スポンジ入りのみそ汁を作り、酒乱だった桑原は、「ハン、ハン、ハンバーグ」と言いながら藤井家の台所に勝手に上がり込み、ママはニコニコしながら包丁を振りかざして自分の手を切り、凡子を追いかけて来た。
3人とも首の後ろに金属チップを埋め込まれていた。


町では排気ガスを出す車は崩され、異様な潔癖性を持った暴徒が、お互いに人を非難し始めるのだった。
市内中そう言う大人で溢れてしまい、おかしなことをやり始めたので、市長により早急に金属チップははずされることになった。
元に戻った大人たちは、金属チップにコントロールされていたことは何も覚えていなかった。
桑原は元の酒乱に戻り、パパは元どうりにだらしなくなった。


短期間の間、パパやママたちから潔癖に育てられ、指図を受けた子供たちが、金属チップも埋め込まれていないのに、集団をなして「全体ススメ!」などと号令をかけはじめ、顔つきが変わって、だらしない大人たちの落ち度を裁くようになったところで物語は終わる。

「マッドパパ」目次
1)マッドパパ
2)マッド・ストーカー
3)マッド・サマースクール
4)ウイルスの牙
5)甘い蜜の罠
6)鮮血の法則
7)裏切りのダンクシュート
8)血染めの美学
nice!(218) 

夏の婚礼用振袖(昭和初期の盛装) [エッセイ風(アクセサリー・動植物・着物]

夏の花嫁衣装.jpg
「夏のおしゃれ」・池田重子 実業の日本社


常日頃は、和服とは無関係な時を過ごしている館主が、憧れを持って見つめて見た。
東西の財と、究極の美意識を結集したあつらえである、夏の婚礼振袖(昭和初期の盛装)。
音響効果抜群の滝の奥にある苔むした洞穴には、宝石の鎮座する静かなところがあって、そこで秘宝を見つめているようなイメージです。


黒地の(絽縮緬・ろちりめん)に金銀赤青の檜扇(ひおうぎ)のひもや、薬玉(くす玉)のひもが、すそや振袖の下から、重なりながら噴きあげ、そうめんが水に浮かんだようにそよいでいる。
夢見心地の風に吹かれて、こちらまで晴れやかになる。


婚礼衣装の裾には赤い逆雲取り(さかぐもどり)の模様、ずっと上がってきて、牡丹、撫子、桔梗、萩、鉄線などの初夏から秋の花が調和しながら咲き乱れている。
帯揚げは赤の絞り、着物全体は朱赤が、ちょうどよいくらいの配色であでやかに場所をしめている。


えりが合わさる所に差し込まれている、装飾的な小物入れの筥迫(はこせこ)には、金襴緞子(きんらんどんす)の雌雄の鶴の刺繍がほどこされている。
中には懐紙、鏡、紅、お香、お守りなどが入れられている。
筥迫(はこせこ)の上側に、銀の細い鎖が12本ほど付いていて、帯揚げのあたりにまで垂れている。
鎖の先には鳳凰にも花にも見える銀の飾りがついていて、常にかんざしのように揺れる。
もう一つ筥迫(はこせこ)から、朱の中に白の混ざった房が、帯の下あたりまで下がっている。
これも揺れる。あまりの美しさ可憐さに言いようがない。


帯は絽で、赤白金の扇子の刺繍で、着物に引けを取らない気品と力強さがある。
帯は女性の結界であって守られているとも聞いている。
半えりには、鳳凰が刺繍されている。
婚礼衣装には帯留めがないが、その代り帯締めは、2本取りの白の気品ある絽縮緬である。
細い草に玉の露。
半円の水の流れ。

〇絽とは、7月8月に着る透けた布

nice!(235)