So-net無料ブログ作成

詩「もう馬鹿ジャコと呼ばないで」  狩野敏也 第十詩集「もう翔ぶまいぞ」より 2012年11月30日発行 [詩]

日常詩派と難解詩派の深刻癖による面白みのない詩ばかりが云々と囁かれている詩界の昨今、いただいた狩野敏也詩集「もう翔ぶまいぞ」の帯に書かれている言葉が、我が理想とする詩境だったためビシッとなり、欣喜雀躍した。


<詩集「もう翔ぶまいぞ」の帯の言葉>
「虚実皮膜を縫い合わせ、正史と矛盾しない稗史や異説も大胆に取り込んで、亡霊へのインタビューすら辞さない。動植物は無論、抽象名辞まで擬人化して語らしめ、修辞・諧謔の秘術を尽くした会心の作」

童話「銀河鉄道の夜」ではジョバンニ側の心情をたどり、童話「クンネズミ」についてはクンネズミ側のくやしさ、どうしようもなさをたどることにしているが年を越してしまうことになった。

2012年、最後に見た面白い映画は「ホビット 思いがけない冒険」だった。
住んで見たくなる懐かしい家、岩山や滝の絶景、霧ふり山の地底湖に棲む2重人格の怪人ゴラムの謎かけやスペクタクルが強烈だった。

2012年、食べたもので絶品だったものは友人の御母堂が作って下さった「ぜんまいの煮物」
日光を存分に当て最小限の水で手塩にかけて育てた知人のみかん山の、ぐみ味と木イチゴ味と小みかんの味の混ざった完熟蜜柑。
仕事で好きになった曲はウエーバーの「狩人の合唱」(3部)など





詩「もう馬鹿ジャコと呼ばないで」 


キビナゴ
(黍魚子の中でも、器量よしだったつもりのわたし
なぜか長いこと「馬鹿ジャコ」と呼ばれていたの
だけど 魚類学会の先生方が
「琉球キビナゴ」って改名してくれた
嬉しくって もう、馬鹿ジャコと呼ばないで・・・と
思わず叫んでしまったわ


そうなのだ
アホウドリとかナマケモノとか
動物名の差別表現を改めよう
という動きが学会にあり
まずは 日本魚類学会の手によって
一挙に五十近くの魚の改名届けが出された

≪魚の世界は進んでいます
変わりましたねえ 随分と 種名ばかりか
属名も科名もぞくぞくと変わりましたよ
ラレリルレロラロ
口の体操をしてから舌を嚙まずに読んでご覧
傍点のついたところが、いけないのですって・・・≫

・  ・ ・ 
メ ク ラウナギが→ ホソヌタウナギに

    ・  ・ ・
オキナメ ク ラが→ オキナホソヌタウナギに

・ ・
オシザメが→チヒロザメに

     ・  ・  ・
ロケット イ ザ り ウオが→ロケットカエルアンコウに

・ ・ ・
セ ム シ ダルマカレイは→オオクチヤリガレイに
     ・・ ・・ 
猫背のセッパリ カジカは→ミナミコブシカジカに


≪ だけど 硬骨魚目のおじさんがたからは鋭いクレ―ム
 ・ ・ ・
『テナシ ゲンゲがヒレナシゲンゲに変わったが
魚に手などない ヒレの無い魚にヒレ無しと言うのは
魚に対する差別語じゃないのかね
皮を剥いで調理するからカワハギなどという
酷い名前も残っておる』とね ≫


≪そして こうも言われたわ
『琉球キビナゴなんて自分だけいい名を貰って・・・
はしゃいでいるばあいじゃないぜ・・・
こんな名じゃ魚が可哀そうだというんで
変えてくれた訳じゃ ないのだよ
こりゃあ 人間のご都合次第なのさ』≫

≪だけど 滅入っている私に
明るいニュースが入った
いや驚いたわ
恐れ多くも一介の魚の学名に
天皇の名が付いたのですよ
神武天皇以来 未曾有のことではないですか≫

2010年の暮れ 豪州の2名の学者が
ハゼの研究者として著名な陛下に
敬意を表明
新種のハゼの学名を
「ブリオレピス・アキヒトイ」と命名
日本魚類学会の英文誌に発表したのだ

≪その天皇さまが 今度は
絶滅種のクニマスを70年ぶり
奇跡的に山梨の西湖で再発見した
サカナクンに名指しで
お褒めの言葉をかけて下さったりして・・・
このところ魚族の地位はぐーんと上がった感じ≫

≪そう言えば最近
錦鯉に紋次郎とかお鯉とか
呼び名をつけることがはやっているとか
そういうところもファ―ストネームだけで
姓のない皇室とそっくりではないですか
なにか魚心にも親近感を覚えますねェ≫


*日本魚類学会は2006年魚の標準和名49語を改定した
nice!(247) 
共通テーマ:アート

賢治童話「土神と狐」 [童話など]

映画では「キング罪の王」のエルビス、「冷たい熱帯魚」で、でんでんが演じた村田幸雄、「羊たちの沈黙」のレクター博士や「ノーカントリー」のシュガーや「バッドマン」のジョーカー、「狩人の夜」の伝道師で殺人鬼のハリーなどとんでもない者たちがいたが、賢治童話にも神話的、原初的なエネルギーがこみ上げて来るのを押さえきれず、相手を殺めてしまう話がいくつかある。
最近では映画「悪の教典」の高校教師のサイコキラーの蓮実聖司がいるのだが、ただのっけから全否定するのではなく、しっかり耳を傾け見極めてみようではないか。
負の感情を放置したままでいると、知らず知らずのうちに、かえって心を侵食している場合があるのではないだろうか。



土神と狐.jpg
「土神と狐」 作 宮沢賢治  画小林敏也  パロル舎

「土神と狐」は、一本の綺麗な女の樺(かば)の木と、乱暴で髪もぼろぼろの木綿糸の束のよう、眼も赤く着物だってまるでわかめに似、いつもはだしで爪も黒く長い土神(つちがみ・男)と、ハイネの詩集を読み、ドイツに注文している望遠鏡の話をし、仕立ておろしの紺の背広を着、赤皮の靴をキッキッと鳴らして遊びに来る上品でめったに人を怒らせたり気にさわるようなことはしない狐(男)が登場する童話である。


ある日のこと、樺の木の所に、熔けた銅の汁をからだ中に被ったように朝日をいっぱいに浴びた土神がやってきた。
「草というものは黒い土から出るのだがなぜこうも青いもんだろう。黄や白の花さえ咲くんだ。どうもわからんねえ」と土神が言うと樺の木が、「狐さんにでも聞いて見ましたらいかがでございましょう」と答えた。
土神は、「狐なんぞに神が物を教わるとはいったい何たることだ。えい」「狐の如きは実に世の害悪だ。ただ一言もまことはなく卑怯で臆病でそれに非常に妬み深いのだ。うぬ、畜生の分際として」 と怒り始めた。
土神は、人間に対しても 「しかしながら人間どもは不届きだ。近頃はわしの祭りにも供物一つ持って来ん、おのれ、今度わしの領分に最初に足を入れた者はきっと泥の底に引き擦り込んでやろう」 と歯噛みしている。


湿地の祠(ほこら)に棲んでいる土神は、どうやら樺の木に恋をしているようだ。
土神は 「樺の木を怒らないためにおれはこんなにつらいのだ。樺の木さえどうでもよければ狐などはなおさらどうでもいいのだ~ところがどうしても忘れられない(樺の木を)。~どうしても忘れられない。」と唸っている。
宮沢賢治の童話には切ながる者たちが沢山出て来て独白する。
よだかもゴーシュもジョバンニもさそりも猟師もだが、ほとんどの童話に独白が入っていてこちらも切なくなる。


ある日、樺の木が土神の話を聞いて何か大変重苦しい気持ちになり、吐息をつくばかりになっていた時、狐がやって来て、土神に挨拶もしないどころかさっさと戻り始め、肩をいからせてぐんぐん向こうへ歩いて行く。
土神は狐を追いかけ、二人はごうごう鳴って汽車のように走り、土神は狐にうしろからぱっと飛びかかる。
狐はもう土神にからだをねじられて口を尖らして少し笑ったようになったままぐんにゃリと土神の手の上に首を垂れた。
土神は、いきなり狐を地べたに投げつけてぐちゃぐちゃ四、五へん踏みつけた。

nice!(237) 
共通テーマ:アート

ゴシックホラー 「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」      [映画]

ウーマン屋敷.jpg
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 
監督 ジェームズ・ワトキンス  日本公開2012年12月1日  95分

ウーマン針ポ.jpg
若手弁護士役のダニエル・ラドクリフは昔、ハリー・ポッターで
魔法使い役をしていたあの少年の成長した姿だった。



19世紀も終わりの頃イギリスの田舎町の、イールマーシュ(うなぎ沼)の館と言う古い屋敷の夫人が亡くなったため、若手弁護士アーサー(ダニエル・ラドクリフ)は、アリス夫人の遺産整理のために、潮が満ちると道が海水におおわれてしまう島の屋敷を訪れる。
アーサーは4年前に、息子のジョゼフの出産後すぐに最愛の妻に死なれたために、働く意欲を失っており、今度の仕事がうまく行かなければ、解雇されることになっている。
アーサーは火曜日にロンドンを出発し、週末には息子とイールマーシュの館で会うことにしていた。
ウーマン.jpg
イールマーシュ(うなぎ沼)の館への道は、海の潮が引くと本当に浜にウナギがのたうっているように見えるのである。
館は蔦が絡んで荒れ果てており、昼なお薄暗く、いつもローソクを使用しているような印象がある。
怪音は勿論のこと、おもちゃが突然動きだしたり、窓に人影が映ったりする怪奇現象が起こり、アーサーはついに森の中で黒衣の夫人の亡霊に遭遇する。
大人が黒衣の夫人の亡霊を見ると、見た者の子供が次々に狂ったように恐ろしい状態で亡くなっていた。
画面は全体的に霧がかかり、部屋の中も暗く、村人たちも亡霊の被害にあわない様にびくびくしながら暮らしているようだ。
アーサーが村の館に来てから、子どもが次々に変死する。


以下 内容に触れています
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



イールマーシュの館では、アリス夫人があずかって自分の息子として育てていた妹ジェネットの息子のサムニエルが7歳の時に事故で亡くなっていたが、沼から遺体が上がっていなかった。
あずけていた息子を亡くし、それを悲しんで自殺したジェネット夫人は、事故が起こった時、沼に沈みつつある馬車の中からアリス夫人だけが逃げ、他の人やサムニエルを助けなかったというふうに事故の状態を受け取っていた。

黒衣の夫人の亡霊は自殺したジェネットだったのだ。
息子を殺されたと思った妹ジェネット夫人は、姉のアリス夫人に宛てて手紙を書き、恐ろしい呪いのことばを残していた。

若手弁護士アーサーは、黒衣の婦人ジェネット(亡霊)の呪いを和らげるために、沼地の黒い水の中にもぐってジェネット夫人の息子のサムニエルの遺体を探し当て屋敷に連れて帰る。
それでも黒衣の夫人ジェネット(亡霊)の呪いはいっこうに解けない。

アーサーも息子ジョゼフもいっしょにロンドンに引き返そうとしていたのだが、亡霊に線路におびき寄せられた息子を助けようとした父親アーサーともども、列車の事故で亡くなってしまう。
亡くなった妻(亡霊だとしても温かみがあって美しい姿)がアーサーと息子ジョゼフを迎えに来て、3人であの世に旅立ってゆく。
亡霊の呪いの力と、死に別れた家族があの世で会うことを優先した不可解な物語だといぶかる人もいるだろう。


村人たちや関係者はイールマーシュ(うなぎ沼)の館に黒衣の夫人ジェネットの亡霊が棲みついている間は、館を封鎖するのではないだろうか。


黒衣の女原本.jpg
原作 「黒衣の女 ある亡霊の物語」 作・スーザン・ヒル   ハヤカワ文庫NV




次回 
嫉妬による対立と殺人 
童話「土神と狐」  作・宮沢賢治
nice!(233) 
共通テーマ:アート

「のぼうの城」  [映画と本]

「のぼうの城」
のぼうの城映画ポスター.jpg
監督 犬童一心・樋口真嗣
日本公開2012・12月2日 145分
原作 和田竜 脚本 和田竜


本当に面白い映画だった。

豊臣秀吉が各地の城を攻め落としていた戦国時代、最後まで屈服しない
城主(北条方)の従兄弟に、のぼう様(でくのぼう)と呼ばれ百姓や家来た
ちから愛されている人物がいた。

のぼう様(成田長親 なりたながちか)は、百姓の田を手伝いに行っては
失敗し3日がかりで植え直しをされてかえって手間取らせ、城の台所を手
伝いに行っては食べ物をひっくり返し、何もしないで遊んでいてくれと言わ
れて厄介がられていた。

いよいよ石田三成を大将に豊臣秀吉の兵2万から忍城(おしじょう)を囲ま
れてしまう直前に、のぼう様は「北条家にも、関白(秀吉)にもつかず、今と
同じようにみんな暮すということはできんかな」と言って顰蹙を買っていた。
忍城の兵は2000、百姓が1000もいるかどうか定かではない。

忍城主は、北条を裏切り、豊臣方に内通するために城を出たが、仮の城主
を務めるのぼう様は戦いをする決心をした。

のぼう様は、何の武技もできず、聡明さもないと見受けられるのであったが、
余人が捨てたただ一つのものを持ち続けていた。
それは決してそのようには見えないのだが、「異常なまでの誇りの高さ」だっ
た。 

台詞の早いところがあって聞き取れない場合が多かったが、「おれたちが
付いていなければ何もできないのぼう様を助けよう」と百姓たちが忍城に
集まって来た。


最初の戦いには勝つが2回目の水攻めで忍城が落ちそうになった。
のぼう様は、水に浮いたように見える城を出て船を敵陣近くに浮かべその
上でみごとな踊りを踊るが、鉄砲で撃たれ手傷を負う。
元々百姓たちに混じって田楽(でんがく・農耕作業をする横で楽を鳴らし踊
りを踊る)を踊っていたので、人の心を掴んで喜ばせることにはたけていた。


忍城の外で敵方の加勢をしていたもと味方だった百姓も、のぼう様の必死さ
に心を打たれ、のぼう様が鉄砲にやられたのに憤慨し、堤を破壊して水攻め
で溜まっていた水を抜いた。

やがて小田原の城が落ち、のぼう様たちは皆殺しに合わないために開城す
ることになった。
和議の条件ものぼう様が立ち合うと、どこか間が抜けているようであったが、
何のその賢いものだった。

面白かった映画と言えば、「テルマエ・ロマエ」の時は奇想天外なタイムスリッ
プに大笑いしたが、今度は百姓たちや家来と、のぼう様のかけあいの伸び
やかさに笑わされ、坂東武者(関東の武士)のスピリットのかっこよさも感じ
させられた。

城を去ったのぼう様はその後どうなったかと言うと、旧家臣の仕官斡旋に
務めた後、新領地下野国烏山に住んだ。
がしかし当主・氏長と決裂。尾張国に渡ったと伝えられている。


出演  のぼう様(成田長親)・野村萬斉  男勝りの甲斐姫・榮倉奈々
     佐藤浩一  鈴木保奈美  尾野真千子  芦田愛菜  夏八木勲
     市村正親 上地雄輔  山田孝之 前田吟 他

2011年9月公開の予定を、水攻めのシーンがあるので東日本大震災に
配慮して2012年11月2日にしたそうだ。
興味のある戦の策略や登場人物をゆっくり知りたかったので、コミックや小
説も読んでみた。
策略の面白さと人物の面白さがつのって来る物語だった。


コミック 「のぼうの城」
原作 和田竜  作画花咲アキラ 小学館
のぼうの城コミック.jpg


小説「のぼうの城」上下巻   著者 和田竜 小学館文庫
のぼうの城 小説.jpg
nice!(246) 
共通テーマ:アート

落ちこぼして来たものを訪ねて・・・ ワタリガニ・ 旅は道づれ ・ 宮沢賢治 [エッセイ風]

御無沙汰気味です。
なかなかお邪魔できなくて、拝見する所がいくつもあもるブログは、
拝見していないところからずっと読ませていただきナイスをクリック
し、トップを拝読してからトップにもナイスを入れています。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
わたくしごと

竹崎ガニ.jpg
竹崎蟹 (ワタリガニ)

何年もチャンスを逃し、見送っていた竹崎蟹を食べに行って来た。
茹で蟹、から揚げ、酢の物、グラタン、スパゲッティ、雑炊などで蟹
を堪能でき、すこぶる美味であった。
8人の仲間で舌鼓をうち、湯につかり、行き帰りに潮の満ち引きが
はっきりわかる海をのんびり眺めた。
太良にはいきいきした現地感が漂い、ひなびた空気が心地よかっ
た。
話しこんでみると、同郷であり、共通の知人の名を知っていたりした
人もいたので、嬉しい発見に沸き、小躍りし、場がなごんだ。
好きな俳優を、それぞれ言いあうと言う話のきっかけを作る必要もな
かった。
最初は黙して蟹食に集中、空腹が満たされた後に、大事な人に死
なれた苦労話で涙し、励まし合う気持ちがあふれ、それなりの浄化
作用があった。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★どうわ
けんじ童話 

法華経の行者と芸術の人が1人の中に同居し、科学者としての農業指導、
社会的な実践事業にも携わった宮沢賢治の童話については「銀河鉄道の
夜」、「どんぐりと山猫」、「風の又三郎「」、「やまなし」、「セロ弾きのゴーシ
ュ」、「よだかの星」、「水仙月の四日」、「注文の多い料理店」、「双子の星
」、「鹿踊りのはじまり」、「祭りの晩」、「おきなぐさ」など思い出すだけでも
沢山浮かんでくる。

木枯らしの夜寒に、落ちてくる木の実がほとほとと戸を叩く音に目が覚めた。
月夜のうずのしゅげ(ブログ主)は、今まで素通りしてきた恐い面のある
賢治童話を読んでみることにした。




<賢治はこんな童話も書いていた>

1)童話「ツェねずみ」
作 宮沢賢治  絵 石井聖岳 出版社 ミキハウス
ツェねずみ.jpg


1)「ツェねずみ」
床下街道を歩くツェねずみは、会う人ごとに「償(まど)っておくれ(つぐなえ)」
を繰り返すので、嫌われ者になってしまい誰からも話しかけてもらえなくなる。
鼠捕り(擬人化されている)と、ともだちになるのだが、ある日ツェねずみは
鼠捕りを怒らせてしまう。
鼠捕りの籠の中に入って餌を食べようとしたツェねずみは、腐ったはんぺん
に怒って「償(まど)って下さい」を繰り返す。
怒った鼠捕りが、思わず針金をりゅうりゅうと鳴らしたので、鍵が外れ鼠捕り
の入口が閉じてしまう。
翌朝、ツェねずみは下男に捕えられ 「しめた、しめた とうとうかかった。意地
の悪そうなねずみだな」と言われる。


★ツェねずみがどうなってしまったか最後までの記述はない。
 会う人ごとに「償(まど)っておくれ(つぐなえ)」と繰り返し言っていると、人か
 ら嫌われるようになることをツェねずみに教えてくれる人は誰もいなかった。
 鼠捕りにつかまってしまったツェねずみを最後まで誰も助けに来なかった。
 童話「どんぐりと山猫」のような諭しもないし、童話「なめとこ山の熊」のような
 しみじみとした心根の交流もない。
 もっと凄い童話は、土神が狐を嫉妬心で殺してしまう童話「土神と狐」だが、
 次回に続く。


nice!(219) 
共通テーマ:アート