So-net無料ブログ作成
検索選択

人間の業 花輪和一  漫画「みずほ草紙」  漫画「風童 かぜわらし」 [文芸コミック]

平安や室町の時代から受け継がれて来た物語の中の教訓を、日本の田舎を舞台にして濃密な怪奇フアンタジー漫画に刻み込んでいる。
怪奇な宇宙人まで出没する。
押しつけがましい教訓が嫌いなブログ主ではありますが、幼年時に両親に床下で育てられた体験を持つ花輪和一氏(66歳)の憎悪の記憶が生々しく作用し、固有の記憶を呼び覚まし連鎖反応が起こります。
それは浄化作用と言うものではなく再確認とでも言えるような体験です。
人間の業を明るみに出しさえすればすぐにでも救済できるかのような錯覚を逃れさせてくれ、平衡感覚を安定させてくれます。
花輪和一氏は、趣味がモデルガン収集であったため、改造モデルガンや故障した拳銃を所持したために、2年ほど服役したことがあります。

みずほ草紙.jpg
「みずほ草紙」  作画 花輪和一 小学館


みずほ絵(1).jpg
「みずほ草紙」  作画 花輪和一 小学館

みずほ絵(3).jpg
「みずほ草紙」  作画 花輪和一 小学館


風童.jpg
「風童」  作画 花輪和一 小学館
nice!(181) 
共通テーマ:アート

人生の薬味にもなる 絵本「おふとんかけたら」 絵本「あたごの浦」 [絵本]

笑いも涙も濃い「柴犬カンチの足跡日記」の2007年からのブログを、笑い泣きしながら読むことにはまっています。
ちょっぴり太目で愉快な柴犬カンちゃんと付き人さんの記事はここクリック

体調悪くて御無沙汰しています。
訪問が遅れて申し訳ありません。
ゆっくり拝読させていただきます。
3年前に投稿したものを要約して再度取り上げました。



絵本「おふとんかけたら」 かがくい ひろし ブロンズ新社

疲れたらなにはともあれ眠るのが一番だ。
さて、タコ(蛸)の絵が大好きである。
「おふとんかけたら」も漫画的なピンクのタコが、胸の前で2本の足を合わせて、布団の上で寝ている。
勿論、科学的な研究のための絵ではないので、頭の部分に眉と閉じた目が書かれている。
くーるくる.jpg


たこさん たこさん
おふとん かけたら
くーるくる

くーるくるのところで、タコが8本の足で掛布団を足に巻きつけるので、布団は巻かれてしまう。
おふとんかけたら、ソフトクリームは「とーろとろ」となる。
アリもトイレットペーパーも出てくるが、最後の豆の種が面白い。
こーろころ.jpg

おふとんかけたら、「すーくすく」と芽が出てくるのである。
敷布団とまくらに掛布団をかけると「ぬーくぬく」となって「おやすみなさい」で終わる。
世の中の温かな愛情に包まれて子供が眠りにつくための絵本だ。
たまには大人にもいい。


あたごのうら(5).jpg

似たようなタコの絵で、大道あやさんが絵を描いている絵本「あたごの浦」がある。
表紙は鯛とタコが話している絵。(脇和子・脇明子 再話)福音館書店


讃岐に語り継がれている話で、海の生きものたちが月夜の晩に浜に上がり、演芸会で隠し芸を見せる。
タコがお月さんの光に浮かれて、ゆらーりゆーらり浮いて来て、おなすびをちぎって食べだす。
海の生きものたちが浜で、みんなで歌ったり、踊ったりして宴会もたけなわ、隠し芸が始まる。

あたごの浦(4).jpg
タコはまとめ役兼引き締め役、鯛はアクセント、月の光はますます降り注ぐ。
鯛は松の木にするするっと登って「松にお日さん これどうじゃ」と言う。
「明るいお月さんの光に、赤いうろこがきらきらして、ええながめだ」
みんなは、感心して「妙々々々々々・みょうみょうみょう・・・・・」とはやし立てた。
ふぐや鰈も出て来てとぼけた隠し芸をする。


鑑賞した映画・・・体調悪かったので時々眠っていたらしい。
「オブりビオン」 近未来の破壊された地球の上空の宇宙基地で見張り役として暮らす主人公が、おやおや2人の妻を持っていた。
「エンド・オブ・ホワイトハウス」 力強い巨体の元大統領のSPの男性が、何があっても死なずにものすごい執念で雪辱を晴らした。
「インポッシブル」 津波によるフランス人家族の離散と再会。
「G・Iジョーバック2リベンジ」  本物の大統領にそっくりな偽物の大統領が、味方のはずだったG・Iジョーたちを殺そうとし、世界は危機に陥ったが、持ち前の機転で大統領が偽物であることを見破り、世界の惨事は鎮火された。
nice!(225) 
共通テーマ:

哀しい少年の悪霊  「クロユリ団地」 [映画]

クロユリポスター.jpg
監督 中田秀夫 2013・5月公開 106分


このところ古代の名前を持った悪魔が、家や木の箱に宿り、その場所や実物に触れた少女や少年に入り込み、周辺の人間をまきこんで殺し、退治され沈静化されたのだろうと思っていたら悪魔は生き延びており、その話は実際あったことが元になって映画化されている(上映中の映画「ポゼッション」「フッテ―ジ」)といういわくつきの話が多い。




~~~~~初めから内容に触れていますのでお気を付け下さい~~~~

<亡くなってしまった者の時間と、今生きている者の時間の接点>

日本映画の「クロユリ団地」は、鬼ごっこ遊びをしていた少年が、団地のゴミ箱に隠れ、そのまま出られなくなって焼却場で焼かれて亡くなり、以前住んでいた団地にその少年の悪霊が居付き、少年の正体を見抜いた人間を焼却場に連れて行って殺してしまうと言うことと、バス旅行の事故で両親と弟を亡くしてしまった高校生の明日香(前田敦子)が団地に引っ越して来て接点を持つと言うところから始まっている。

クロユリ砂場2.jpg
「お姉ちゃん遊ぼう」と言って寄ってくるみのる少年(亡くなっている)

クロユリゴミ箱.jpg
みのる少年がとじこめられた大きなゴミ箱

明日香は、介護士になるために団地で一人暮らしをしているのだが、亡くなったはずの父母と弟の3人が現れ朝食をとり毎回明るい同じ会話を続けているのが不気味だ。明日香は、引っ越しも家族4人でやったと思い込んでいる。
クロユリ家族3人.jpg
明日香の亡くなっている家族


明日香の部屋の隣から毎晩壁をひっかくような不審な音が聞こえ、目覚まし時計が壊れたように鳴りつづける。
つい誘われるような気がして隣に入り込むと、独居老人(高橋昌也)が亡くなっているのが見つかった。
遺品整理をする会社から派遣された笹原という男性(成宮寛貴)に、異変があったら伝えるように言われ、祈祷師(手塚里美)を紹介される。
笹原には同乗した車が交通事故にあい意識不明になって入院している恋人がいた。
笹原と明日香が、ドアを開ければ恐ろしい目にあって殺されることが分かっているので、開けないようにみのる少年の悪霊と戦っている時、悪霊の助っ人として笹原の恋人や明日香の家族が現れ、生きている人間に執拗に恨み事を言いたてるので、明日香はバス旅行の事故で自分だけが生き残ってしまったと言う心の呵責に責め苛まれてドアを開けてしまう。
日本の昔話に出てくる、悪霊に取りつかれた男が、悪霊が真似をした鶏の声で朝が来たと勘違いして戸をあけてしまい、連れ去られるか食われてしまう話を思い出し背筋がぞっとした。

クロユリ老人.jpg
明日香を助けようとする老人の霊(俳優・演出家 高橋昌也 83歳)

クロユリ刑事コロンボ.jpg
おっとこれは 間違い!すみません

高橋侍.jpg
若かりし頃の高橋昌也の侍姿







クロユリ霊媒師.jpg
祈祷師は力及ばずみのる少年に殺される。周りにいるのは祈祷師の弟子たち。

クロユリみのる.jpg
老朽化した団地が壊されてなくなる日はきっと来る。
悪霊になってしまったみのる君は、ずっとクロユリ団地の同じ部屋に来る人を殺し続けるのだろうか。


独居老人も、笹原もみのるに殺される。
明日香だけは助かるが、日常生活が送れないほど精神状態がおかしい。
生きている人間が、人知れず亡くなった人間の影の声を想像力と直感で聞いて理解し、丁重に弔うと言うことが必要なのであろう。

ヨーロッパやアメリカ映画の人間は、神と精霊とキリストの名において悪魔と対決する(悪魔祓い)が、まず悪魔の名を見つなければならない。


★多忙な毎日で、もよおしもののプログラムや客席図を作っていました。
 目がかすむので御訪問がとどこうり申訳ありません。
 
nice!(281) 
共通テーマ:アート