So-net無料ブログ作成

油蝉 アブラゼミ [エッセイ風]

腹を上にした油蝉が、ベランダで何匹も骸になっている。
早朝からそうとうの数の油蝉が、名前どうりに油でものを揚げる時の音そっくりに「ジージージワジワ」と泣き始め、ずっと聞いていると「ワシワシ バシバシバシ」ともっとひどい声で押してくる。
アブラゼミ2.jpg


電車の中で会社勤めらしい男性が連れの女性と嬉しそうに話していた。
男性「最初にジジ-っとどっかで鳴き始めたと思ったらね それからずーっと鳴いているんだよ。あははは。
みんなであちこち探したら、何でこんなとこでっていう隣の部屋の床で蝉が見つかってね、くっくっく。
それから油蝉を掴んで外に飛ばした人がいるんだ。ははははは。野生児って言われている人だけど、一匹の
蝉で大笑いだよ。」
女性「その人きっと森山君でしょ」
男性「あたり!ぶわははは」

暑い日の会社の仕事の最中に、油蝉に訪問されたことがこんなに喜ばれている。
均一化された顔で仕事をしている中で、森山君が野生児の表情を取り戻し、油蝉をつまんで、みんなの前を横切ったことが嬉しかったらしい。
白いシャツを着た森山君にそっくりな大きな油蝉が思い浮んだ私は笑いをぐっとかみ殺した。



鳴くのはアブラゼミのオスだけで、腹の発音筋で発音膜を震わせて音を出し、腹の中の空洞に音を響かせるので音響効果抜群。
後ろ足の付け根の左右にある腹弁(ふたのような硬い膜)で音を整える。
腹弁をめくってみると白い膜があるが、これが耳の鼓膜にあたり、他の音と仲間の声を聞き分けることができる。
鳴くのはメスをさそう「本鳴き」や、「呼びかわし音」、「悲鳴音」、「休息音」などあるが、一番感心したのは、仲間の声にこたえて鳴く「合いの手音」だ。
相手に反応して合いの手を入れるかのように鳴く。
序奏、中間奏(興奮気味)、後奏もある。
口吻を見ると長く、木にさしこんで汁を吸うにはもってこい。
つかんだ時におしっこをかられけると思っていたが、あのあの液体は木の汁の余分だった。


★「アブラゼミ」は4年前に投稿した文を再掲載。 
  しばらくはナイスが0だった昔の投稿文を再投稿するかもしれない。
★ある通信制高校の夏季講座では、200人近くが集まる。
外部の者を講師として呼んでめったに聞けないことなどを聞くらしいのだが、私は講師として土笛・石笛の演奏と欠陥家族の体験談を急きょ話すことになった。
次の夜父が初めて夢に現れた。そのことについては後日書けるかもしれない。
それからというもの深部から揺り戻しが来てあらゆるものに興味が持てなくなったが、だんだんに取り戻しつつある。
詩のほうも人間の濃い業や影の部分を追及しているので誤解を受けやすく詩誌にしか公開していない。


はまっているブログここをクリックhttp://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(199) 
共通テーマ:アート

詩「雨の旅」 水野るり子 詩誌 ひょうたんより [詩]

詩「雨の旅」  水野るり子



ひとけのないないカフェに
ひとりこしかけて
降りしきる雨の音に打たれている
注文を取りにくるものもいない


(前線が近づいていると言う予報・・・)


西の窓の近くに
さっきまで
ゾウが一頭すわっていた


のこされた
かすかな名残の・・・その足あと
ぬれ方や薄れ方でそれとわかる


決して ひとなれせず
影のように立ち去る、その気配
 (たくさんのものたちが そうやって)
もうもどってこない


一万年も記憶の水底に沈んだままの場所
かたむいた屋根のすきまから
潮のしずくが漏れている


ほの暗い卓上で
アンモナイトのスプーンが一本
キラと光り
また海の匂いが立ちこめてくる


タコぶね1.jpg
タコブネ

★歩いて行ってしまってどこかで生きのびているのか、跡形もなく逝ってしまったのか、生きものを代表したゾウの影の気配だけが、かすかに残っている場所(カフェ)がある。
私たちはその宇宙的な場所に招待されている。
静かに動いているファンタジーの時間帯に組み込まれている一万年前の場所に海の潮が漏れてくる。
雨水の音や海水の匂いのする場所の時間がつながって流れている縦横無尽な音楽的な場所があるらしい。


nice!(300) 
共通テーマ:アート

アニメ「白蛇伝」 ・ 映画「ワイルドスピード EURO MISSION 」 [アニメと映画]

日本初の長編アニメーション映画  監督 大川博
1958年東映制作(公開同年10月22日)  79分 
声優 (1人10役) 宮城まり子 森繁久弥

白蛇伝ポスター.jpg

異界から来た蛇の精霊の女性と人間の若者との恋物語。
幼い頃に私が初めて触れた恋愛アニメです。
ブログへは再投稿です。
時代は中国の宋。白蛇の精の白娘(パイ・ニャン)と人間の若者の許仙(シュウセン)が幾多の苦難を乗り越えて結ばれる物語。
今日7月20日に公開されるアニメ「風立ちぬ」の宮崎駿監督は「白蛇伝」を高校の時に見て、白娘(パイ・ニャン)を恋し、自分の進む人生の方向が見つかったそうです。

白蛇伝1.jpg

白蛇伝
予告編ここをクリック

「あらすじ」

中国の西湖のほとりに住む少年・許仙(しゅうせん)が一匹の白蛇を助け、大人に叱られて野原に逃がす。
月日が経ち、許仙は若者になった。
ある日、彼が笛を吹いていると、笛の音に呼応するように胡弓の音色が聞こえてきた。
それは少年の頃の許仙が助けた白蛇の精の白娘(パイ・ニャン)が奏でている胡弓だった。
2人は一目で恋に落ち、相思相愛の仲になった。
白蛇の精の白娘は妖術を使い、人身を惑わすと言われ、法力を持った法海和尚(ほっかいおしょう)に追われることになる。
ある時、許仙は妖術つかいの盗賊の一味と誤解され遠い蘇州に流される。
白娘が、許仙に近づこうとすると、法海和尚に阻まれ、白娘を追いかけた許仙は崖から転落して死ぬ。
白娘は竜王のところへ行って、妖術つかいであれば永遠に生きられる命を、死ななければならない人間の命に変えてもらい、許仙の命を蘇らせてくれる命の花を竜王からもらう。
2人は虹のかかった海に浮かべられた小舟に乗り彼方へ旅立つ。



★最近見た映画
「ワイルドスピードEURO MISSION」 
カーアクションがものすごい。 あり得ないことがおこるので面白い。
主人公のドミニクが心を寄せる女性レティは、記憶喪失になって謎の犯罪者集団に所属していたが、彼女に敵だと思われて撃たれて傷を負っても、体を張って瞬間的に彼女の命を守ろうとするドミニクの姿があった。
その説明のできない、理由の見つからないドミニクの恋心は、遺伝子の要求にまで遡れるのだろうか。

ワイルドスピード.jpg
ドミニクとレティ  「ワイルドスピードEURO MISSION」  

★個人的には、消耗した体力を回復中。
nice!(202) 
共通テーマ:アート

創作人形 秋山まほこ人形館  ・  漫画「猫谷」 花輪和一 [創作人形]

秋山まほこ人形館

枯渇した時に時々拝見させていただいている人形館。
人形の表情や衣装や全体的な雰囲気が気持をなごませてくれるだけでなく、幻想世界への翼をくれる。
個人的にはalbumの 1~7が特に気に入っている。
転載・複写・使用 が禁止されていて写真を載せられないので下記をクリックして下さい。
ここをクリック


☆Website「秋山まほこ人形館」の中に掲載された全ての画像および文章の転載・複写・使用 を 禁止します。
Copyright (C) 1980-2013 AKIYAMA MAHOKO.
All Rights Reserved.






漫画 改定版「猫谷」 花輪和一  青林工藝舎
本の帯「わかったぞ この世は うその世界だ」
猫谷.jpg




「猫谷」11話中、第1話「へそひかり」より
山に天狗の法話を聞きに通っていた飼い猫が死に再び生まれ変わって来る。
私も亡くなった猫に会いたくなった。主題は人間の業、実に濃密だ。気持ち悪くなることもあるが嫌いではない。

猫谷画像.jpg


★ばてています。やっととれた4日間の休み。主に眠っています。
★おもなところはしっかりみているつもりで、眠りながら観た映画、「サイレントヒル リベレーション」 「華麗なるギャッビ―」 「アンコール」 「桜姫」R15
 特に華麗なるギャッビ―の主人公に哀れさを、逃げた恋人(他人の妻)にいや~な残念さを感じた。
 寄ってたかって自分に都合のよいように、勘違いしたり、勘違いさせたり。 あんな夫婦はこっそり裏切りあって
 生き延びて行くのだろうな。
 
nice!(289) 
共通テーマ:アート

詩「キャベツ売り」  詩誌 二兎より 水野るり子 [詩]

「キャベツ売り」  水野るり子



路地のリヤカーで キャベツをひとつ手に取ってゆらゆらゆす
っていたおばあさん かたわらで愛想よく話しかけていたキャ
ベツ売りのおじさん あのひとたちはあれからどこにいったの
か 今日も路地裏はひとすじどこかへつづいていて ゆがんだ
リヤカーの影だけがうっすら地上に落ちている


雲が近づいてくる 街は雨になりかけている 雨音のカーテン
が垂れさがってくる 台所でじきキャベツが煮えはじめるだろ
う じゃがいもと玉ねぎと どっしりした肉のかたまりが 暗
い鍋の底から ポトフの匂いとなってあふれ出し 街の辻つじ
を流れていくだろう それは人々の耳の底を濡らし 門口につ
ながれた 老いた犬たちの耳を濡らすだろう

夕ぐれごとにキャベツが街に運び込まれ 積み上げられ ひと
つずつそのかたちがくずされていくのを 夢のなかからのよう
になすこともなく見ている キャベツがもがれ キャベツが剥
がされ キャベツが刻まれ キャベツが巻かれ キャベツがつ
ぶれ・・・ やがてもやが深くなり もの売りの声が近づいてくる


まるごとキャベツのスープには
ねじねじスプーン
らんぎりキャベツのスープには
だんまりスプーン
スプーンはいらないか
だぁーんまりの・・・   キャベツには・・・


路地でひそひそ話す声がする いつからかキャベツ売りを見ない
な スプーン売りばかりだ 野菜畑は黄色く末枯れて いちめん
真冬の巣みたいだ・・・ しっ、けもの道を何かが来る 昨夜もだ・・・
朱色の舌を垂らしたあのいきものたち・・・ (大鍋の底でキャベツが
黒く焦げついている・・・) 人びとはやがて銃を手に裏庭から出てい
くだろう それが今夜なのか・・・ 明日なのか分からない



★水野さんは現実と夢の境が溶けあった間に立っていて、どちらからも聞こえてくる話し声や音や音楽を伝えてく れる。望めばそのフアンタジー世界は何処にでもつながっているので未来人や過去の人とも出会えるのだ。


近況
6月末~7月初めは皆さまのブログにはゆっくり訪問させていただいています。
遅れがちで申訳ありません。

6月末に80人ほどの人たちで慣例の音楽会を催した。
リハーサル時間や食事の順番、演奏のプログラム作りや指揮や即興演奏等で疲労困憊したが楽しかった。
次回は花輪和一氏の漫画「ニッポン昔話」上下巻を御紹介
はまっているブログは「柴犬カンチの足跡日記」ここをクリック


nice!(189) 
共通テーマ:アート