So-net無料ブログ作成

帰郷と覚書き [雑感]

観世音寺3.jpg
一泊した郷里近くのホテルからの眺めを弟が撮影

11月の初めに帰郷し、父の7回忌を兄弟と母だけで行った。
父の兄弟は生きていれば12人いたらしいが、生存している何人かの叔父叔母その他の親類縁者たちは郷里には少なく、ほとんどが東京周辺で家庭を持って暮らしている。
郷里の寺のお坊さんも奥さんも他の土地から来た人である。
親戚にせよ、お寺の方々にせよ、世間一般にせよ、言葉に配慮がなく思ったことをそのまま自我の拡張めいて口にする人々は苦手である。


お経の最中に私は自分の頭がおかしくなってしまったのではないかと言う体験をした。
人間界のことではなく、幽界からの投影であるとしか感じられないものが見えた。
一時的に乱視になってしまったような感じで自分自身を疑った。
阿弥陀様の顏が所々ゆがみその首に気味の悪い女性の顏がくっついていた。
錯覚であって欲しい。


私が5歳の頃、現在も幼稚園を経営しているその寺で、梵鐘を迎えるお稚児行列があった。
人ごみの中で誰かに確実に腕をつねられ痛みが走った。
まわりを見ると顏が邪鬼の意地悪そうな少女がいた。
その土地の陰の気からわいて出たような卑屈で哀れで憎々しげな少女の表情だったがすっと消えてしまった。
親戚縁者のことではさし障りが出てくるので公表出来ないことがけっこうある。



最近見た劇場映画
しばらくしたら感想を書いて見ようと思う

1)サプライズ 
2)フォレスト・ガンプ(午前10時の映画祭)
3)四十九日のレシピ
4)夢と狂気の王国
5)かぐや姫の物語
6)悪の法則


柴犬カンチの足跡日記http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(191) 
共通テーマ:アート

「死霊館」 オカルトホラー  母親の愛がためされる [映画]

若いペロン夫妻と5人の娘が、1971年にアメリカのロードアイランド州ハリスヴィルの田舎の古い屋敷を手に入れて移り住み、そこで骨も凍りつくような怪奇現象に悩まされたと言う事件を、現実的に起こった事件として撮影した映画である。
この事件はあまりにも邪悪であったために、超常現象研究家のウオーレン夫妻によって40年間極秘に封印されていた。
夫のエド・ウォーレンはカトリック教会(ヴァチカン)が公認した唯一の悪魔研究家であり、聖水を使って悪魔祓いをし、また妻のロレイン・ウオーレンには透視能力があり、夫妻は心霊現象を写真撮影や録音によって調査しようともしていた。
ウオーレン家の地下には、オカルト博物館があり、霊が乗り移ったと言われる人形が数百体飾られており、一般にも公開されている。監督はジェームズ・ワン。
正気ではにわかには信じられないことではあるが、映画で語られているとうりに書いて見ようと思う。
日本公開 2013年10月11日 112分


ほんもののペロン一家
死霊館 母と姉妹5人.jpg 映画の中のペロン一家  死霊館 家族.jpg ほんもののウォーレン夫妻(心霊研究家) ロレイン夫妻2.jpg 映画の中のウォーレン夫妻 資料館ウォ―レン夫妻1.jpg ~~~以後、内容に触れています~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ウォーレン夫妻がこの古い屋敷の歴史を調べると、1863年に一組の夫婦が住んでいたのだが、妻のバスシバは悪魔崇拝者だったので、生まれて7日目の自分の赤ん坊を悪魔のいけにえにさし出したところを夫に見つかり、今後、屋敷に住むであろう人々の全員に呪いをかけ、木にロープをかけ首をつって死んでいる。 赤ん坊が生きていたかは記述がないので分からない。 昔の死霊館 風景.jpg 警戒して家の中に入らなかったペロン一家の犬が翌朝死んでいたり、ベットの上の3女が何者かに足を引っ張られたり、末子が見えない誰かと話していたりするなどの危害が及び始め、全ての時計が午前3時07分になると止まったり、家にぶつかってくる鳥たち、額の絵が全て落ちてきたり、地下室から聞こえる音、部屋に漂う異様な臭気、母親のキャロリンの体には痣が浮かび、留守がちな長距離トラックの運転手の夫を助けて疲労困憊して怒りっぽくなり、その弱った心につけ込まれて悪魔の憑依が起こる。 母親のキャロリンの表情や語る言葉には狂気が宿り、子供たちに対する殺意がみられるようになる。 透視能力のあるロレイン・ウォ―レンは、悪魔に乗り移られそうになっている母親のキャロリンに、娘たちと海に行った時の楽しい写真を見せてもらっていたので、母親にそのことを語りかけて娘たちのことを思い出させる。 母親のキャロリンは、心の内外からの悪魔の攻撃に負けそうになりながらも母親としての力で悪魔に打ち勝つ。 オルゴールを鳴らすと、少年の姿が見える。 末娘のローリーの友だちらしい。 オルゴール.jpg 面白かったエクソシストに関する本 「エクソシスト コップ」 NY心霊事件ファイル(2001年)講談社 著者ラルフ・サーキ(ニューヨーク市警巡査部長) 訳 楡井浩一 エクソシストコップ.jpg ★最近見た劇場映画 「クロワッサンで朝食を」 「清須会議」 「キャリー」 ★「柴犬カンチの足跡日記 http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/ ★11月は父の七回忌で帰郷、秋の雲海と寺に漂う空気は昔と変わらなかった。
nice!(315) 
共通テーマ:アート