So-net無料ブログ作成

鋭い指摘の矢 山下聖美「宮澤賢治のちから」(新潮新書)より [本]

宮沢賢治のちから.jpg
「宮沢賢治のちから」著者 山下聖美 新潮新書


本の題名の「宮澤賢治のちから」とは、様々なエピソードと稀有な心象作品で人を魅了してやまない今は亡き賢治本人の存在はもちろんのこと、戦中戦後を通じて日本人の心の支えになり、日本人の心の中に脈々と生き続けてきた「雨ニモマケズ」のことでもある。
「雨ニモマケズ」は、賢治が残したトランクのふたの内側にある内ポケットにひっそりと残されていた黒い手帳に書かれており、昭和九年二月、東京で開かれた第1回宮沢賢治友の会で、宮沢清六氏(賢治の弟)によってはじめて発表された。


「雨ニモマケズ」は、第二次大戦中昭和17年「詩歌翼賛第二集」と言う雑誌(数十万部発行された)に掲載された。
発行元の大政翼賛会は、ドイツのナチス的体制を模倣して作られた、侵略戦争を鼓舞する政治組織だった。
「雨ニモマケズ」は、数奇な運命をたどりながら、日本人の記憶に刻まれていった。
戦前よしとされてきた多くのものが否定された戦後も、「雨ニモマケズ」は教科書に掲載された。
「雨ニモマケズ」が、折々の指導者層にうまく利用されてきたという面は否めない。
しかし、それが戦中戦後を通じて日本人の心の支えとなってきたことは事実である。
日本中のいたるところに、賢治の個人的な理想ともいえる「雨ニモマケズ」の詩碑が建てられた。
「~ニモマケズ」と言うフレーズは今に至るまで、オリジナルはもちろん様々なパロディーでもお馴染みのものとなっている。
もはや宮沢賢治は、さまざまな媒体により再生産される、経済的価値を伴うブランドとなっていた。
一人歩きを始めた賢治とその作品群。その歩みは、二十一世紀を迎えた現在も衰えることがない。



<賢治を37歳の若さで死に至らしめた性向の一因は両親によってつくられた>のではないか

★思いも及ばない本書、山下聖美「宮澤賢治のちから」の指摘に唸ってしまった。
そう言うことも原因の一つとしてあるかもしれないと思われるのだった。
なかなか言いにくいと思われることについても単刀直入に述べている。


父.jpg

<父 宮沢政(まさ)次郎>
賢治が7歳の時に、膝に腫れものができたことがあった。
父の政次郎が素人療法で薬をぬったところ、今度は火傷のようになってしまった。
耐えかねた賢治が痛みを訴えると、政次郎は「そのくらいのことで男の子が痛いのか」と叱りつけた。
父のこの言葉こそが、賢治が終生、痛みに呪縛されるきっかけになったのではないだろうか。


イチ1.jpg

<母 イチ>
母イチによる賢治の自己犠牲の精神の、最も身近な象徴が、痛みと言う感覚であったのかも知れない。

★賢治と母の関係、賢治と父の関係は心理学者によっても研究し尽くされている。
★以下はブログ主が他の本から選択して記述。
「人と言うものは、人のために、何かしてあげるために生まれてきたのス」と母イチは、賢治と添い寝をしながら、毎晩のように言ってきかせていたそうだ。(「父は子をどのように見ていたか」森荘己池 宮沢賢治童話集 中央公論社 1971.11月)


母イチ「どうして賢さんは、あんたに(あのように)、人のことばかりして、自分のことは、さっぱりしない人になったべス」
弟清六「なにして、そんなになったって言ったって、お母さんが、そう言って育てたのを忘れたのスか」
(宮沢賢治の音楽 著者佐藤泰平筑摩書房)


★鋭い指摘の矢は、すこぶる評判の良い賢治の弟、清六氏にも及ぶ。
研究者の場合、必要に感じれば、ほとんどの人間が作者の家族に会いに行かなければならないこともあると思うが、それは「清六詣(もう)で」と呼ばれ、間違いがないというお墨つきは「清六マーク」と呼ばれていた。
清六自身が賢治になってしまったかのような錯覚を抱いてしまったようであった。
(鶴田静「ベジタリアン宮沢賢治」より)




★下記をクリックすると人情味あふれる「柴犬カンチの足跡日記」を見ることができます。
カンチちゃんは「雨ニモマケズ」なんて知らず今日も家族に甘え、仰向けに寝て家族をなごませている。
お肉が大好きなのだが、たまにしかもらえず、好物のうどん(ダイエット中なのでそうめんに変えられている)をうまそうにすすっている。
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(228) 
共通テーマ:アート

あまりにも美しいオパールの火  心象童話「貝の火」 作・宮沢賢治 [童話]

★私は、かつてこのように美しい宝石の表現には出会ったことがありませんでした。

<貝の火>心象童話

《あらすじ》
水におぼれかけているヒバリの子を命がけで救った子兎のホモイは、ごほうびとして「貝の火」と言う宝玉を天から授かります。
ところがこの貝の火の威光で、仲間の動物たちが頭を下げて、いうことを聞くことに気をよくしたホモイは、次第にいばり始め、ついには取り巻きの悪狐にそそのかされて、罪もない仲間をいじめるようになります。
するとそれまで燃えるように輝いていた「貝の火」は光りを失って白く濁り、とうとうパチッと音を立てて二つに割れると、そのまま天に帰ってしまいました。

オパール3.jpg
オパール
おぱーる.jpg


オパール2.jpg

心象童話<貝の火>より抜粋
ホモイは玉を取り上げてみました。
玉は赤や黄の焔をあげてせわしくせわしく燃えてゐるやうに見えますが、実はやはり冷たく美しく澄んでゐるのです。
目にあてて空にすかして見ると、もう焔はなく、天の川が綺麗にすきとほってゐます。
目からはなすと又ちらりちらり美しい火が燃えだします。


貝の火が今日位美しいことはまだありませんでした。
それはまるで赤や緑や青や様々の火が烈しく戦争をして、地雷火をかけたり、のろしをあげたり、またいなづまが閃いたり、光りの血が流れたり、さうかと思ふと水色の焔が玉の全体をパット占領して、今度はひなげしの花や、黄色のチュウリップ、薔薇やほたるかずらなどが、一面風にゆらいだりしてゐるやうに見えるのです。

ほたるぶくろ.jpg
ほたるかずら


★戦争という言葉が出てきますが、そのまま書き写しました。
★羅須地人協会時代(1926年~の1927年・祖父の別荘)に、賢治は労農党稗和支部の保証人になっていたため、当時は取り締まりが厳しかった社会主義思想の誤解を受け、協会の活動も2年半で終わりを告げました。
支部の家賃も賢治が出していたという証言が残っているし、事務所の机や椅子は賢治からの借りものだったと言います。
★賢治の作った花は、チューリップ、グラジオラス、ヒヤシンスなどで、当時まだ珍しかった花の球根を外国から取り寄せていました。
野菜類は、レタス、セロリ、アスパラガス、パセリ、キャベツ、トマトなどの西洋野菜で、金持ちのお坊ちゃんの道楽などと言われ、夜中に畑の白菜をすべて抜かれていたことがありました。
★賢治は胃腸が弱く玄米は苦手でした。



柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(295) 
共通テーマ:アート

「おみおくりの作法」の最後のシーンから引き出されたきわめて個人的な感想 [映画]

おみおくりの作法3.jpg


<驚くほど的確な名文だったので、ムービーウォーカーよりあらすじを借用記述。>

ロンドンの南部、ケニントン地区の公務員である44歳のジョン・メイ(エディ・マーサン)の仕事は、孤独死した人の葬儀を執り行うことである。
几帳面な彼は死者の家族を見つける努力を怠らず、その人のために葬礼の音楽を選び、弔辞を書く。規則正しい仕事と生活をしながら、ジョン・メイはいつもひとりだった。

おみおくりの作法2.jpg
(夕食は常に魚の缶詰と焼いた食パン一枚とリンゴ1個と紅茶だけ。整然と並べてあります。)

ある日の朝、ビリー・ストークという年配のアルコール中毒患者の遺体が、ジョン・メイの真向いのアパートで発見される。
自分の住まいの近くで、その人を知らぬままに人が孤独死したという事実にショックを受けるジョン・メイ。
さらにその日の午後、彼は仕事に時間をかけすぎるという理由で解雇を言い渡される。
最後の案件となったビリー・ストークのために、ジョン・メイはこれまで以上に情熱を傾ける。
ビリーの部屋にあった古いアルバムで満面の笑顔の少女の写真を見つけた彼は、イギリス中を回り、ビリーの人生のピースを組み立てていく。
旅の過程で出会った人々と触れ合ううち、ジョン・メイにも変化が訪れる。
自然と自分を縛ってきた決まりきった日常から解放されたジョン・メイは、いつもと違う食べ物や飲み物を試し、知り合ったばかりのビリーの娘ケリー(ジョアンヌ・フロガット)とカフェでお茶をする。
まもなくビリーの葬儀が行われることになっていたある日、ジョン・メイは人生で初めての行動に出る……。

おみおくり2.jpg

                      上 (いつもこの格好。カバンに白衣を常備している)

白衣.png
(白衣)

お見送り1.jpg

                   中 (アルバムやノートは整えるつもりか角を静かに四角くなでる)

お見送り犬.jpg

          写真下 ビリーの娘ケリー(ジョアンヌ・フロガット)は犬の世話をして生活している。
          どこかで見た人だったが、NHK総合テレビで放映中の「ダウントン・アビー華麗なる英国貴
          族の館」のメイド長・アンナ役で出演していた。




*****ここからは最後の内容にふれています******************




ビリーの娘ケリーとお茶を飲む約束をしていたジョン・メイはあっけなく交通事故で亡くなってしまう。
おみおくりの作法.jpg

(今は亡き人々が、ジョン・メイが埋葬された場所に集まってきた)




墓地で父親の葬儀に参列しているケリーがジョン・メイの遺体をのせた車を何の気なしに見つめる。
観客には何が起きているのかよくわかっている。


★ジョン・メイが埋められた場所に、生前面倒を見た人々(孤独死した人々)の魂が、生きていた時の姿を借りて、歩きながら集まってきた。
ジョン・メイは、もう亡くなった人たちの仲間になったのだから、彼の魂の姿も現われて、見つめあって感謝の気持ちを確かめあうのかと思ってジョン・メイを探したが、どこにもみつけられなかった。
どうなっているのだろう(ジョン・メイはまだ煉獄をさまよっているのか)と不思議でたまらなかった。
人がもし亡くなっても、姿を現わすことができると言う考え方の立場に立てば、亡くなってからどのくらいたてば、姿を現わせるのだろうか。
ジョン・メイがお葬式を出してあげた人々は、ほとんど全員が姿を現わすことができる状態なのだった。
ある意味感動したが、またある意味では釈然としなかった。
こういうことに慣れていないので、魂が生前の姿をして現われる異常状態に対する恐怖も感じた。
イギリスでは幽霊には存在理由がちゃんと認められていて、現われると言われる場所が多い。
亡くなってから何時間、何日たてば姿を現わせるのだろう。
現われた姿は何分その場にいられるのだろう。


★3月10日夕方、raomelonさん(ソネットブログ)のイケメン犬のクーちゃんが、虹の橋を渡りましたね。
  いつもけなげな明るさに慰められていました。御冥福をお祈りします。

柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(266) 
共通テーマ:アート

賢治研究家の探石行の話 「宮沢賢治宝石の図誌」より 著・板谷栄城 [本]

<石の愛好家が、小耳にはさんだ黄玉(きだま 玉髄のこと)にやっと出会えるまでの話>
★「宮沢賢治宝石の図誌」の著者・板谷栄城氏が本格的に宮沢賢治の研究をするようになる以前のお話。


友人曰く 「もちろん滝沢(盛岡の西隣 鬼越)の黄玉(きだま)はお持ちでしょう?」
板谷氏 「いや。持っていません。滝沢で、そんな石が出るんですか?」 ~略~
友人 「磨くとトロッとした艶が出てきましてね」

玉髄1.jpg

友人は黄玉が出る場所をとうとう教えてくれませんでした。
板谷氏が、盛岡市の市立図書館で、「野村胡堂氏(銭形平次捕物帳の作者)寄贈」の棚にあった「南部叢書」を、ぱらぱらとめくっていると、鵜飼村の所に・・・古来火打石を産す・・・とあるではありませんか。
ついに燧掘山(カドホリヤマ)と言う地名を発見することができました。
燧(カド)とは火打石のことです。

燧掘山(カドホリヤマ)の北側の斜面から小さな川が流れており、滝沢村の中心部(鬼越峠の旧道沿い)に流れ込んでいます。
火打石のズリ、つまり掘った時の屑石が、それに流れ込んでいるかも知れません。



ゴム靴をはき、ガラス底の覗き箱を釣り具屋で買って、「この雪の中で、カジカ突きですか」とか「何か落としたんですか」とか言われながら、一心不乱に水底を覗いた板谷氏は、思わず息を止めました。
トコロテンの破片のような半透明なもの(石)が、鈍い光を放っているのを見つけたからです。
逃げるわけでもないのにソーッと手を伸ばし、拾い上げて見ると、それはまさしく玉髄(ぎょくずい)の破片でした。

★山菜、きのこ、木の実は自分で見つけられると嬉しいですね。
生前は親にも子にも在り処を教えず、亡くなる時、一人だけに教えると言われています。

燧掘山(カドホリヤマ)の掘り跡は、山頂との間にあるはずであると推理したので、雪解けを待って出かけました。
30分ほど登ると、10畳ほどの小さな平地に出ました。
そこには玉髄(ぎょくずい)の破片が散らばっており、目の前の崖に人一人がやっともぐり込めるぐらいの小さな穴が空いています。略

かどほりやま.JPG
燧掘山(カドホリヤマ)

かどほりやま2.jpg
燧掘山(カドホリヤマ)


数日後、懐中電灯やハンマーを持って再び訪れ勇気をふるって(穴に)もぐり込みました。略
天井にライトを向けると、昔火打石を掘った人たちの松明の煤(すす)がいっぱいついています。
その煤の間から覗いている白い石の脈をハンマーで叩くと、火花を飛ばしながら砕け落ちました。
それはまさしく玉髄(ぎょくずい)でした。


宮沢賢治短歌(13歳・明治42年)
鬼越の山の麓の谷川に瑪瑙のかけらひろいきたりぬ

★石ッコ賢さん(賢治)は、鬼越峠の先の燧掘山(カドホリヤマ)まで足をのばしていました。
13歳で瑪瑙(玉髄に縞が入ったもの)を知っていました。
★玉髄には、白(乳色)、黄、緑、青玉、雲の峰状の鍾乳石タイプ(ハンマーでたたくとパカッと2つに割れ、中から入道雲そっくりの美しい玉髄の群れが現れます)があります。
「宮沢賢治宝石の図誌」には、写真付きで説明されています。


下記の文内にある賢治心象童話「水仙月の4日」の中の・・・像の頭の形をした・・・は、「燧掘山」(カドホリヤマ)を心象モデルにしています。3つあります。

○ひとりの子供が、赤い毛布(けっと)にくるまつて、しきりにカリメラのことを考へながら、大きな象の頭のかたちをした、雪丘の裾すそを、せかせかうちの方へ急いで居りました。

○二疋(ひき)の雪狼(ゆきおいの)が、べろべろまつ赤な舌を吐きながら、象の頭のかたちをした、雪丘の上の方をあるいてゐました。

○雪童子(ゆきわらす)は、風のやうに象の形の丘にのぼりました。

「宮沢賢治宝石の図誌」の著者は、「もし私が賢治のこの短歌を先に知っていたら、燧掘山(カドホリヤマ)を突き止める苦労などはまったくなかったわけで、何となく自分の推理の値打ちが下がったような気もしないわけではありません。
しかしそれよりも、同じ場所に同じ石を拾いに行ったという強い親近感の方が、賢治研究に弾みをつけてくれました。」とおっしゃっています。

また「芸術的な科学者と言うのは、インスピレーションによって真理を探究してゆくというタイプで、その辺が技術者的な科学屋とちがうところです」とおっしゃっておられます。かなり手厳しいですね。
芸術的な科学者の例として、ガリレオやファラデー、アインシュタインの名をあげています。

羅須地人協会時代に賢治が講義した「農民芸術概論綱要」については、多くの青年は理解しなかったようです。



~~つづく~~~

柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(258) 
共通テーマ:アート

心象そっちのけでは、心証を害する話 「賢治小景」 板谷栄城・著  橋場あや・絵  [本]

★<ブログ主の月夜のうずのしゅげが、いままで誰からも聞いたことがなかったことで、本を読むことによって溜飲が下がった記事>を載せさせていただいております。

心象
沢山の賢治研究家たちが、心象をそっちのけにして、仏教哲学や西洋文学や自然科学といった三次元の視点から、(宮沢賢治の心象文学を)あれこれつつきまわしているのを見て、在天の賢治の霊も心証を害しておられるかもしれません
(宮沢賢治の見た心象 NHKブックス)より




賢治小景3.jpg
「賢治小景」 板谷栄城・著  橋場あや・絵  熊谷印刷出版部
朝日新聞(岩手版2001年4月5日~2003年12月20日)賢治小景をまとめたもの
以下は104編ある記事のうちのひとつ

<幻想文学音痴>
賢治はアインシュタインの相対性理論や、ミンコスフキーの数学的世次元空間論に関心を抱いていました。
しかし賢治は、自分の童話空間が幻想を第四の次元とした「幻想第四次元空間」であることをはっきりと認識していました。

そこで斎藤文一・新潟大名誉教授が、賢治の童話を相対性理論や数学的四次元空間論で解釈なさり、そのために相対性理論や数学的四次元空間論で理解する方が正しくて高級であると言う、幻想文学音痴でこっけいな認識が横行するようになりました。
みかねて、ある研究雑誌に「賢治の主要な作品は幻想文学である」と書いたところ、岩手大の望月善次教授から「何を根拠に?独りよがりである」と厳しく決めつけられました。
しかし、読書好きな小学生たちは「人間が空を飛ぶ『ピーターパン』や『魔女の宅急便』は何文学だと思う?」という私の質問に「幻想文学です」と即座に答えてくれました。
「『風の又三郎』や『銀河鉄道の夜』は?」と尋ねると「決まっているじゃない。大人ってそんなことも分からないの?」と笑われました。
笑いごとではありません。
前述のお二人の教授は賢治賞の審査などにタッチしておられる重鎮なのです。
現在の賢治研究は、幻想文学に関しては、そういう見解と認識の方々によってリードされているということです。
~略。

★よくわかります。わたくし教授の書かれた本は途中で断念し、全国規模の会(誰でも会員になれる)からも離れました。



★「賢治小景」などの著者・板谷栄城さんは2014年10月24日に盛岡市の病院で86歳で永眠されました。



~~~まだまだつづく~~~

柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(244) 
共通テーマ:アート

「宮澤賢治の見た心象」(不世出の心象文学)(2) 板谷栄城著 NHKブックス   [本]

一条の風が吹きぬけてゆく黄金色の草原を、賢治は宝石のキャッツアイ(猫睛石 ねこめいし)にたとえました。
心象童話「どんぐりと山猫」や「注文の多い料理店」で、風が草地を吹くとそれを合図に山猫が登場します。
※賢治がキャッツアイによってたとえるのは家猫ではなく山猫でした。
猫眼2.jpg
キャッツアイ(猫睛石 ねこめいし)

山猫1.jpg
山猫

賢治は風になびく草穂を見ると、ふーっと心象の世界に入る癖のある人だったのです。
「風だよ、草の穂だよ、ごうごうごうごう。」こんな語が私の頭の中で鳴りました。まっくらでした。
心象童話の傑作「インドラの網」の疲れた主人公の心は、風が草の穂を吹いたところで現実の世界から離れました。
そして眼を開けると、宝石の玉砂利を敷きつめた銀河の河原、つまり心象の天の空間に移っているのですが、心象の世界に入る時のこのような一時的な意識の空白を賢治は、喪神(そうしん)と呼びました。


黄金の枯れ草を吹く風は、喪神(そうしん)を呼び起こす力を持っていました。
そしてまた黄金の枯れ草を吹く風は、通常の世界と心象の世界の間を仕切るエアーカーテンでした。


賢治の心は、心象の龍巻(たつまき)に巻き込まれて、しばしば心象の地質時代に抜け出しました。
その時タイムトンネルの役をしたその龍巻の中には、黄色い光が満ちていました。
つまり黄色、黄金色と言う色は、(賢治の)時間感覚の心象的な崩壊につながっていました。

黄色の喪神の前段階としては、白の喪神や青の喪神、緑の喪神もあったようです。


★宮沢賢治が結婚したかもしれない周辺の女性たちが1人増え9人になりました。
 9人目は大志田キミ(結婚して安倍キミとなった)
「賢治小景」板谷栄城・著 橋場あや・絵 (熊谷印刷出版部)より


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(223) 
共通テーマ:アート

「宮澤賢治の見た心象」(不世出の心象文学)(1) 板谷栄城著 NHKブックス                                             [本]

「宮澤賢治の見た心象」という本は、宮澤賢治を愛する板谷栄城氏の
<心の底からの讃歌であり、愚痴であり、懇願>である。
そして
<賢治の心象についての手ばなしの礼讃>である。



どうか、仏教哲学や西洋文学や農民精神や自然科学ができないと賢治はわからないそうだ、などと言ういわれのない俗説にまどわされずに、~略~気軽にイーハトーヴの世界に旅立ってください。
(「宮澤賢治の見た心象」 はじめに)から


賢治が、古今東西に類を見ない心象表現能力を持てたのは、10代の後半から20代の後半のほぼ10年間でした。
晩年の「雨にもマケズ」の精神を通して、その生涯をふりかえるという、時間の流れに逆行する見方をするのは、そろそろ改めてもよいころではないでしょうか。
かつての目もくらむような心象表現はそのなか(雨にもマケズ)にはひとかけらも入っていない(心象の大見者としての凋落ぶりは見るに耐えません)

賢治東北砕石工場.jpg
向かって右が東北砕石工場技師時代の賢治
(小康を得つつも疲れるとすぐ発熱し、心なしか痩せて細面になっている)

賢治の心象表現意欲は、花巻農学校の教師2年目ごろから急速に衰退しました。
羅須地人協会時代から石灰工場技師時代になると、すでに大心象詩人とはいえませんし、作品ももはや心象文学ではありません。(農民にしてしかも心象詩人という時代はなかった。)
かつての大心象詩人といえども心象表現意欲という神通力を失えば、普通の詩人(それらの多くは生活詩に近いために分かりやすく一般的には評価も高い)にならざるを得なかったのです。 


37歳の若さで世を去った世界文学史上屈指の超天才の心を、よってたかった枯山水のような老成した境地に押し込めるのはそろそろやめてもよいころではないでしょうか。

(上記「宮澤賢治の見た心象」板谷栄城著 )より


★「宮澤賢治の見た心象」NHKブックス)は、かなり目の覚めるような辛口の内容のこめられた御本です。

★種山ヶ原(賢治にとって巨大な岩手山は強烈な呪縛を放つ信仰の山だった)
種山ヶ原はそういうことから解放される魅惑的な幻想の郷のシャングリラのような(ヒマラヤ奥地のミステリアスな楽園)理想郷だった。


★種山ヶ原にある<ポランの広場に行きつく方法とは>
白いクローバの花に目を近寄せると、それを作っている小さな筒状の花の一つ一つに、番号が打ってあります。
その番号を一つ一つ数えながら、次の花からつぎの花へとたどっていくと、どこからともなくオーケストラの楽の音が流れてきて、いつの間にか美しい灯に飾られた「ポランの広場」に出ているのです。

種山が原.jpg 
種山ヶ原

クローバー.jpg 
クローバー(しろつめくさ)


~~~つづく~~
次回その(2)は、宮澤賢治の喪神(そうしん)。・・・・心象スケッチに行きつくまでの意識の空白について


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(259) 
共通テーマ:アート