So-net無料ブログ作成

武田鉄矢「小説 賢治売り」・「賢治文学 呪いの構造」山下聖美 [本]

俳優の武田鉄矢は、賢治を崇拝し、賢治の宣伝係を自負している。
しかし賢治童話は、不気味で物騒な雰囲気が漂っているから、子供には読ませたくないと言っている。

小説 賢治売り.jpg

<賢治童話>
注文の多い料理店・・・詐欺による殺人未遂
銀河鉄道の夜・・・少年の臨死体験
グスコーブドリの伝記・・・職務完遂のための殉死
なめとこ山の熊・・・熊に襲われ、死亡した猟師
風の又三郎・・・見慣れぬ転校生に妖怪のあだ名をつけ、いじめる在校生
ひかりの素足・・・幼い兄弟の雪道での凍死事故
よだかの星・・・醜さを苦にした鳥の自殺
(武田鉄矢「小説 賢治売り」)より

★上記の判断は当たっているとも思えるが、なんだかあっさりしすぎているので「賢治文学 呪いの構造」を書いた山下聖美氏の文章も見ることにする。


山下聖美氏は、賢治童話は実は大人のための童話であると言う。
話はどんどん怖いほうに傾いていくのだが、賢治童話「土神ときつね」は、樺の木(女)、土神(男)、狐(男)との三角関係の愛憎の果ての惨劇が、実に恐ろしくラストに描かれている。それはまさに殺人鬼の残酷シーンであり、もはや『八ッ墓村』の世界だ」と言う。
また賢治童話「雪渡り」は、人間の四郎とかん子が、狐の幻燈会に呼ばれる話だが、「そんな場所に呼ばれてしまうことの恐ろしさを、秘め隠しているのである」「それはまさに幼い兄妹が、現実ではなく、死の世界へと向かっていることを表わしているのだ」
「兄妹の四郎とかん子の名前も不吉なものとして浮上してくる。四郎の「し」は「死」に、かん子の「かん」は棺おけの「かん」として不気味に響いてくる。」とも言う。
「結局、賢治童話は大人の童話であるのと同時に、やはり子供も読む童話なのである」「子供たちは、砂糖のコーティングをなめながら、狐と主人公たちの会話を無邪気に楽しむ。そこに放たれる死の匂いを無意識のうちに嗅ぎながら」
「大人たちは砂糖のコーティングを突き破って、その深部に広がる恐ろしいものを、のぞいて見ようではないか。賢治童話の深読みの世界を味わってこそ、大人の解釈と言えるだろう」
(「賢治文学 呪いの構造」山下聖美より抜粋)



柴犬カンチの足跡日記 カンちゃんが怖いのは花火と雷で~す!
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(254) 
共通テーマ:アート

恐るべき数字の謎  「賢治文学 呪いの構造」山下聖美 三修社 [本]

<賢治童話における数字>「賢治文学 呪いの構造」山下聖美より
 第3章の一部から

賢治童話に出てくる具体的な数字は、得体のしれない不気味な匂いを放つ存在である。
現実的に考えれば明らかにおかしい数である。尋常ではない。
一例として植物や人間の化け物がたくさん出てくる「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」では
三千六百五十三回落第した学生が出てくる。
また童話「ツエねずみ」では、自分の気に入らないことをした者に「償って(まどって)おくれ」を二百五十回繰り返すツエねずみがいる。
童話「カイロ団長」では、あまがえるがとのさまがえるが売っている酒を三百四十二杯、粟粒のコップで飲んで借金が増えてゆく話である。

「賢治文学 呪いの構造」山下聖美 三修社
賢治文学.jpg



賢治童話「ポラーノの広場」ではつめくさの表面の花を正面から見ると、茶色い模様が見える。
それが数字に見えてくるのである。
つめくさ.jpg
1256、1758、3426、3866、2556と具体的に見えているところが不気味であり、さらに五千まで数えれば、なぜ「ポラーノの広場」に到達するのかも謎であると筆者の山下聖美は言う。

文芸批評家・清水正の(三・六・九)説では、すべての数に意味や潜在的な力があると考えられている。
数秘術的な解釈によって「銀河鉄道の夜」を検討してみると、
「もう駄目です。落ちてから四十五分たちましたから」と水死したカンパネルラのお父さんが言います。
数秘術的な解釈では、四と五をたして九とする。
古代ユダヤの時の数え方では、イエス・キリストが息を引き取ったのが九時である。
カンパネルラの死が象徴的に決定づけられる。
イエス・キリストが十字架に架けられたのが三時、地が闇に覆われたのが六時となっている。

賢治童話の「北守将軍と三人の医者」の中に出てくる180、360、18は数字を切り離してたしていくと九になる。
賢治童話「ポラーノの広場」の数字をたしていくと、1256は(5)、1758は(3)、3426は(6)、3866は(5)、2556は(9)。5・3・6・5・9となる。
9に隣接する数(前の数)は、5となり、賢治童話「ポラーノの広場」に出てくる「五千まで数えれば」は広場に到達する数である。

★賢治は一つの言葉や名前を何度も繰り返す習癖があるようだ。
化け物の世界を表している「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」の初期原稿は
「ペンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネンネン・ネネムの伝記」
ネンだけ数えてみると63回だ。
読んで聞かされる弟妹たちが短くしたほうがいいと言ったという。
「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」のような初期の童話はとてつもないパワーがあって大好きである。
頭脳明晰な編集者に分かりやすく整理されたり、削除されないで残っているカ所があることは、パワー満タンの不思議な言葉を感じることができるのでありがたいことだ。



柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(251) 
共通テーマ:アート

「銀河鉄道の夜」の最終形と初期形 [童話]

賢治の「銀河鉄道の夜」には、推敲を重ねた4次原稿まであり、初期形の原稿と最終形の原稿が出版されていますが未完のままです。

<最終形の「銀河鉄道の夜」>
夜の丘の上で眠ってしまったジョバンニ少年が、川に落ちた友達を助けようとして亡くなったカンパネルラ少年に夜汽車(銀河鉄道)の中で出会います。
夜汽車(銀河鉄道)の中で、どこまでもどこまでも一緒に行こうと誓いあった2人の少年たちでした。
カンパネルラは、天の川のひととこに、大きな真っ暗な穴(石炭袋)が、どおんとあいているのを見つけます。
その底がどれくらい深いか、その奥に何があるのか、いくら目をこすっても何にも見えず、ただ眼がしんしんと痛むのでした。
石炭袋1.jpg


石炭袋3.jpg

             南十字星の左下の黒いガスが暗黒星雲・石炭袋(コールサック)とも言う


いつの間にかカンパネルラ少年はいなくなり、残されたジョバンニは絶望的な悲しさと寂しさを味わいます。
黒いガス(暗黒星雲)・石炭袋の闇を、ジョバンニ少年やカンパネルラ少年と共に覗き込んで、私たちは気の遠くなるような恐怖を感じます。
カンパネルラ少年はいったいどこに行ってしまったのでしょうか。
残されたジョバンニ少年(私たち)はどうすればいいのでしょうか。


<初期形の「銀河鉄道の夜」>
残され、悲嘆にくれていたジョバンニの前にある男性が現れます。
男性の声はセロのようです。
「おまえはもうカンパネルラをさがしても無駄だ」と言われてしまします。
「お前はもう、夢の鉄道の中でなしに、本当の世界を、火や激しい波の中を、大股にまっすぐに歩いていかなければいけない 天の川の中でたった一つの本当のその切符を決してお前はなくしてはいけない」

次にブルカニロ博士が現れ「お前は夢の中で決心した通り、まっすぐに進んでいくがいい」と言い、切符に包んだ2枚の金貨をくれます。
私たちは日常の中に埋没し、カンパネルラ少年はいったいどこに行ってしまったか、残されたジョバンニ少年(私たち)はどうすればいいのかを、時々ふと思い出すように、問い続けるよりほかはありませんね。




柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(249) 
共通テーマ:アート

世にも恐ろしい短歌 宮沢賢治「青びとのながれ」 [短歌]

短歌10首。
「青びとのながれ」
宮沢賢治22歳(大正10年)の作。
多面体の宮沢賢治、身の毛もよだつ角度の深部からの表出。
岩手では昔から冷害で作物が取れず、飢饉が頻繁におこり、多大の餓死者が出た。
(元禄15年餓死者2万6千人余り、宝暦5年餓死者4万9千5百人余り、天明3年餓死者4万8百人)
賢治は子供のころ寺で地獄極楽の話を聞き地獄の絵巻物も見ていた。
「青びとのながれ」は感じられたものをその通りに書いたものだった。
ちょうどそのころ賢治は、のちに重い結核に移行してゆく肋膜炎(結核性)の診断を下されていた。


あおびと.jpg

あヽこはこれいづちの河のけしきぞや人と死びととむれながれたり

青じろき流れのなかを死人ながれ人々長きうでもて泳げり

青じろきながれのなかにひとびとはながきかひなをうごかすうごかす

うしろなるひとは青うでさしのべて前行くもののあしをつかめり

溺れ行く人のいかりは青黒き霧とながれて人を灼くなり

あるときは青きうでもてむしりあふ流れのなかの青き亡者ら

青人のひとりははやく死人のたヾよへるせなをはみつくしたり

肩せなか喰みつくされししにびとのよみがへり来ていかりなげきし

青じろく流るヽ川のその岸にうちあげられし死人のむれ

あたまのみひとをはなれてはぎしりし白きながれをよぎり行くなり


★青びと(死人たち)の阿鼻叫喚の青い映像や意識が乗り移ってくるようで、調子の悪い時は読みたくない短歌である。
賢治の闇の深さや狂気寸前の状態を感じさせる、このような作品があるということを押さえておきたい。
童話にも怖いものが多い。


つづく~~~「宮沢賢治殺人事件」は準備中~~~



柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(254) 
共通テーマ:アート

タブー破りの賢治論 吉田司著 「宮沢賢治殺人事件」 文春文庫(その1) [本]

宮沢賢治殺人事件.jpg
吉田司著 「宮沢賢治殺人事件」 文春文庫 初版1997年1月

★賢治ファンの多くの読者からは猛反対され、賢治学の研究者たちは全員無視を決め込んだ、物騒な題名の「宮沢賢治殺人事件」の著者、吉田司氏は言われる。

みんなみんな、「童貞のままで死んだり」「菩薩行者をめざしたり」した賢治の稀有(けう)で無垢なる「物語が欲しかったのであって、「実物」の賢治が欲しかったのではない。
「賢治生誕100年祭のある日、私は決めた。
賢治の亡霊(ゴースト=肥大化した虚像)を倒し、等身大の賢治の物語を取り戻そう。
そしてその軽々と小さな、彼の無名の魂を、あの花巻のお墓の下にそっと返してやろう。
私は賢治のゴーストバスターズになるのだ」

日本人はなぜ 賢治=聖者伝説を必要としたか。
日本中の<聖なる即身仏=聖なる賢治>を欲しい人々、すなわち<賢治教>の教徒たちが、寄ってたかって護持し続けてきたのだ・・・・彼らの<実像>殺しによって、今日の誇大化した賢治ブームがある。

『宮澤賢治殺人事件』では、生誕百年(1996年)を期して宮沢賢治を賛美する関連書籍が数多く出る中、賢治が国粋主義的な仏教団体である国柱会に属していたことから、長生していれば戦争に協力した可能性や、農民への無償の奉仕や文化活動を試みた羅須地人協会の非現実性を指摘した。
さらに著者の母親(吉田コト)が、賢治没後の宣伝に一役買ったことにも触れて偶像破壊を行い、物議を醸した。




<「宮沢賢治殺人事件」の帯や裏表紙に書かれてある文から引用>

無名の宮沢賢治売り出しに関わった母(吉田コト)を持つ著者が、聖者伝説を作り上げた吉本隆明から中沢新一までの賢治御用達の知識人や、情報を独占する宮沢家・出版業界の共謀を暴(あば)き、「賢治教」を信奉する現代日本の精神に挑んだ。
デクノボーとしての賢治を再生させ、伝説化した賢治の亡霊を葬るスキャンダラスな賢治論。

私たちは決して(賢治)ではない。
賢治がこの世で生き難かった哀しみは愛するが、賢治のように子守唄に呪縛されたりはしないと。
私たちはもう少しおとななのだと。


★「ひとというものは、ひとのために何かしてあげるためにうまれてきたのス」(賢治が母イチから毎夜聞かされていた寝物語)。
賢治の家は花巻の財閥で質屋と古着商をしていた。母イチの家も財閥であった。
賢治はどのようにして、どの程度の <ひとのために何かしてあげる>を実行したらよかったのだろう。
父は悪人正機説で有名な浄土真宗の信徒であった。
賢治は心象童話「洞熊学校を卒業した3人」の中で「なまねこ なまねこ なまねこ なまねこ」と言うお経を唱えながら、ウサギや狼を食ってしまうタヌキの姿をした僧侶を描いている。
★ブログ主は、賢治を最後の最後まで、裏から手をまわして経済的にも支え続けた父の宮沢政次郎のことも考えてみたい。


~~~吉田司著 「宮沢賢治殺人事件」~~1章から~8章まで順を追ってつづく~~~



柴犬カンチの足跡日記 カンちゃんのおいたや悪さもかわいいと思う親ごころ
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(238) 
共通テーマ:アート

こんな不完全な幻想第四次の銀河鉄道なんか・・・宮沢賢治の見た心象  板谷栄城・著 NHKブックス他 [本]

<賢治の異空間幻想第四次の世界>とは

賢治の感じた四次元空間は数学的なものではありません。
それは私たちの生きている通常の三次元空間に、心象と言う次元を加えたもので
心象の異空間のことです。
(宮沢賢治の見た心象  板谷栄城・著)より

銀河鉄道の夜1.jpg
絵本 銀河鉄道の夜 イラスト 司修  偕成社

★(宮沢賢治の見た心象 板谷栄城・著よりヒントを得てブログ主が記述)
「銀河鉄道の夜」の中でジョバンニは、<露の降りかかった小さな林のこみちをどんどんのぼってゆき>丘の頂に冷たい体を投げ出すと、汽車の音が聞こえてきます。
そのあたりでジョバンニは眠ってしまうわけですが、気がついた時には、夜の軽便鉄道の中にいて、亡くなったカンパネルラに会います。
「銀河鉄道の夜」の中では、眠りの中で、夜の軽便鉄道に乗ることが出来ています。
賢治が四次元空間で感じた動く心象風景を童話にしてその童話の中のジョバンニは夢の中で、四次元空間の中をカンパネルラと一緒に旅するわけですね。
賢治がお話の中に入ってゆく時には一時的な意識の空白(通常の世界から心象の世界へ行く)を通過します。 それを賢治は喪神(そうしん)とよびました。

★<賢治と賢治の分身のジョバンニは2度、喪神(そうしん)に出会う)~2度意識の空白を通過する>
賢治・・・・・通常の三次元空間から一時的な意識の空白へ、そしてそこで、心象の異空間の童話「銀河鉄道の夜」を書く。
賢治に書かれた童話「銀河鉄道の夜」の中のジョバンニは・・・・・通常の三次元空間の中で眠りこみ、四次元空間の軽便鉄道に乗っている。

賢治の三次元空間から四次元空間へ・・・・・ジョバンニの三次元空間から・四次元空間は、空也像の口から出た像(六体の仏)のようにがつながっていますね。
私個人の突飛で勝手な空想ですが空也像が浮かんできました。
空也.jpg
空也(903~972) 平安時代の中期の僧
空也像(六波羅蜜寺) 鎌倉時代 康勝(運慶の四男)作


(以下、「宮沢賢治の見た心象」 板谷栄城・著)より
幻想第四次の世界と聞いて、いよいよ四次元空間論だと期待される人、あるいは敬遠なさる人もおありかも知れません。
そもそも幻想と言うのは不安定なものですから、賢治の言葉は、幻想なるがゆえに不完全な第四次と言うことでしょう。
となると賢治は不完全な第四次とは別に、完全な第四次元空間(数学的)を考えていたと考えざるをいません。


※完全な第四次元空間とは、ヘルマン・ミンコフスキー(リトアニア)の説く数学的な四次元空間は、通常の三次元空間に時間と言う次元を加えたもので、時間的四次元空間と言われるものでした。

賢治の感じた四次元空間は数学的なものではなく、通常の三次元空間に心象と言う次元を加えた、心象の異空間です。

「銀河鉄道の夜」の中で、こんな不完全な幻想第四次の銀河鉄道なんか・・・と書いた賢治は、自分の異空間が数学的な四次元空間のような、論理的に完全な空間ではないことに不満を抱いていたということでしょうか。

銀河鉄道2.jpg
絵本 銀河鉄道の夜(星座図) イラスト 司修  偕成社



柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(287) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。