So-net無料ブログ作成
検索選択

覚書 父方の一族の衰退 [覚書]

<日本中の山村には良くあることかも知れない>
やがては藪におおわれてゆく家々


廃屋1.jpg

一人暮らし九州のいとこのNちゃん(56歳・男性)が、今年の5月の終わりに亡くなった。
独身のNちゃんは、山また山の、またその山奥の一軒家に住んでいて、午前中に田植えの準備のために田に出て、帰宅してビールを飲みそのまま倒れ、4日後に職場や近所の人に発見された。
ずっと高血圧だったけれど、普段の食事は山を下って買って食べることが多く、お正月で店が休みになる時は、雪が降ったりすると、食べるものがカップラーメンになるらしかった。
Nちゃんは、お酒が大好きで部屋には酒瓶やビールの空き缶がごろごろしていた。
その昔、父の実家の土地に、大名の命令で他の土地から移ってきた家来が庄屋になり、庄屋の家が参勤交代のための宿になっていた。
やがて庄屋の分家ができ、そこが私の父の実家だった。
12人も子供が生まれたが父は長男だった。
本来ならば、私の父が家を継ぐはずだったのだが、体が弱く、母にも農業は無理だったので、二男の叔父が家を継ぐことになり、その長男がNちゃんだった。
実家の一人息子のNちゃんが亡くなったので、実家にはだれも住む者がいなくなり、33もある畑や田や山々が残された。
できることとは思わないが、Nちゃんにこの世に戻って来てほしい。可哀そうでたまらない。
Nちゃんの姉や妹たちもあきらめきれない毎日を送っている。
私の兄が亡くなり、私が子供のころ過ごして遊んだ父の実家にはもうほとんど行くことはないだろう。
豊かだった水は枯れ水車もないし、神社にも柵がしてあるし、隣近所にも空き家が多い。

廃屋2.jpg

7月の26日に山奥の実家でNちゃんの初盆があったので、結婚しているNちゃんの姉や妹やそのつれあいや子供たちが集まった。
草ぼうぼうの庭や畑、跡かたもない井戸や崩れかけた小屋、雨漏りがする部屋そして集まった人々からは哀しみや怒りや寂しさが煙のように漂っていた。
早々においとました私には、そのことがいつまでも影を落している。
もう肉体を持っていない肉親や親戚縁者の人たちのことを考え始めると、息が苦しくなる。


★夢まくらに立つ
5月29日の明け方、父が夢に出てきて実家の部屋で横たわっている人(Nちゃん)を指差した。
倒れている人は2人?いるような気がしたのだが。良く分からない。
その日の午前中に叔母から電話をもらい、Nちゃんが亡くなっていたことを知った。




柴犬カンチの足跡日記 カンコママのおみせは、ほんわかとあたたかい
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(254) 
共通テーマ:地域

ノンフィクション作家だってお化けは怖い 工藤美代子 [本]

お化けは怖い.jpg
ノンフィクション作家だってお化けは怖い 工藤美代子 角川書店 2015年5月30日(初版)


「会いたかったわ貞子さん」(ノンフィクション作家だってお化けは怖いより)
私はときどき、あの世の人たちと遭遇してしまう。最初は半信半疑だったのだが、今はもうはっきりと認めている。多分、私はそういう体質なのだと。そして彼らの存在も肯定している。なんだか理由は分からないが、あの人たちには、彼らなりの必然があって私の前に現れているのだろう。


★お盆前に涼しくなりたくて読んだ本。
 目次だけでもかなり怖い。

「目次」
1)霊はやっぱり怖い
2)変な人たちがいる街
3)真夏に起きた不思議な話
4)眼を合わせてはいけない人たち
5)真冬の朝顔
6)時計だって嫉妬する
7)5か月だけ住んだ家
8)なぜ着物なのですか
9)会いたかったわ貞子さん
10)ヨシエさんの霊感
11)子供たちからのメッセージ
12)殺スル人ガイルカラ殺サレル
13)怖い顔の話

以前読んだ「もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら」(工藤美代子 2011年 メディ
アファクトリー)が個人的には一番怖かった。
その後、「なぜノンフィクション作家はお化けが視えるのか」(工藤美代子 2012年 中公文庫)も読んでいるが、岩井志麻子氏との対談も面白かった。


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(211) 
共通テーマ:

花輪和一 コミック「コロポックル」と夏の履物 [漫画(コミック)]

★いつも一番下の最後に載せていたカンチャンのブログ。
今日はどうしても反映できなくて最初に載せ替えました。
柴犬カンチの足跡日記http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

★梅雨のうっとうしさの中で、仕事以外ずっと何もやる気が起きなかった。
動くと捻挫のせいで、あちこちを壁やテーブルや椅子にぶつけた。
従弟が脳出血で1人で亡くなっていたことも心に痛かった。
ひとつ嬉しかったことは、クラシック風の即興曲をピアノで弾くことができる30歳のFさんが現れたことだった。
私の土笛と合わせてみたが、美しさややさしさが刺激されるメロディが生まれてきた。


花輪和一 コミック「コロポックル」講談社
★コミックの題名はコロボ(ぼ)ックルではなくコロポ(ぽ)ックル
★コロポックル=コロボックル
★コロポックルとは、北の大地にはるかの昔から住むと伝えられる、不思議な妖精たちのことです(コミックの記述より)

縄文人の心を持った5歳くらいの少女が、北海道を旅する中で、妖精(コロポックルの少年)や虫の国の虫たちや豊かで綺麗な植物(オオイタドリ、蕗、山ぶどう、野ぶどう、せんにん草、さるとりいばら、ホトトギス、オオバコ)や蒸気機関車に出会う。
蒸気機関車は精密に描かれていて動く美術品の体をなしている。
コミック「コロポックル」花輪和一
本コロボックル.jpg

コロボックル.jpg  画面左 コミック「コロボックル」真ん中にある植物はオオイタドリ







桐サンダル.jpg
現在はいている桐のサンダル。捻挫のせいで6月から履き始めた。

こちらも現在はいている。
女下駄.jpg


欲しい健康下駄   岐阜県にある「嵯峨乃や」の健康下駄¥8640
健康下駄.JPG
nice!(235) 
共通テーマ:アート

そろそろブログ復活しなければ<情の濃い物語が薬になってくれる> [コミックと映画]

毎回個人的なことですみません。
自転車事故の捻挫と打撲が回復しつつあった6月半ばのころ
またもや自転車から落ちまして左ひざを打撲しました。
痛みを1日中こらえていると、感じ方も鋭くなって来ますし、疲れがすぐにやってきてしまいます。
髪を短く切り、毎朝両足をマッサージして仕事に出かけておりました。

痛みで夜中にぽっかり目が覚めると、コミックを読みました。
主に平安や室町時代を舞台にして濃密な人間の業と情念が、虐げられた男や女や童女や動物や異質な人間たちの姿を借りて緻密に描かれている花輪和一(はなわかずいち)のコミックを28冊ばかり何度も繰り返しながら読み続けました。

浮草鏡.jpg
    
                            「浮草鏡」花輪和一 1987年 双葉社


呪詛.jpg
一番新しいもの「呪詛」(じゅそ) 花輪和一 角川書店 2014年12月29日




映画は録画した溝口健二監督の「雨月物語」を繰り返し見続けました。
焼き物を売る男(源十郎 森雅之)に、音もなく近づいてくるもののけの女(若狭・わかさ・京マチ子)とばあやの姿が恐ろしい。
男の体に書かれた経文を拭ってくれ(消してくれ)と懇願する女とばあやがまたものすごく恐ろしい。
「黒田武士」や「うさぎ」や「春の弥生」(越天楽)の歌の原型の古謡が謡われ、のどかな舞いが舞われていた。
もう少し捻挫が回復したら「雨月物語」について書いてみようと思います。
雨月4.jpg
「雨月物語」溝口健二  
(映画には、上田秋成の雨月物語の中から「浅茅が宿」「蛇性の婬」、モーパッサンの短編「勲章」が盛り込まれています)


柴犬カンチの足跡日記 
かん子ちゃんの素直さに、泣きながら笑い、笑いながら泣く。
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(254) 
共通テーマ:アート