So-net無料ブログ作成
検索選択

同級生名簿の名前が墓碑銘になる [覚書]

父方の故郷の中学の同級会の世話役(会長)をしているH君から久しぶりに電話をもらった。
来年の同級会の名簿を作っていて、表紙がさびしいので、私に絵を描いてくれという。
とてもじゃないけれどできない相談です!
私が中学の時に描いた水彩画でいいのなら、コピーして送るということになった。
運動場の上の丘から町を見下ろし、赤い壁面のある映画館を中心に、家々や山の木々を細かく描いた絵だ。
はるか遠い過去の時間にいた中学生の、遠近法もなく家の寸法もゆがんだ技術的には稚拙な絵だが、客観的に見ると色彩にその時の中学生にしか出せないみずみずしいものがある。
「同級会名簿の名前が墓碑銘になるかもしれない」とH君は言った。
シベリアに抑留されていた詩人の石原吉郎さんが、人の名前の大事さを書いておられたのを思い出す。
「自分に対してひどいことをした人間に対して、その人をかわいそうな人物だなと感じ、憎しみは憎しみのまま、受け止められる時が時々ある」と言うと、「年の功だね」とH君は笑った。


木々や草にツタが絡まって風に揺れる姿は美しい。
そこら一帯の空気に緑が溶け込んで揺れていて何とも言えないものを作りだしている。
草が覆いかぶさった奥に流れる川、緑の石が反映した静かな空間は神々しい。


同級生の人数は、221名、亡くなった人がすでに19人いる。
不明者は27人(住所がわからなくなり、連絡がとれない人がほとんど。連絡がとれても同級会には絶対出てこない人もいる。言いたくないことは言わなくていいから、存在そのものを喜びあいたいから顔を見せてよ、と言う一文をつけて葉書を出したい)

たとえが変なのだが、いやなことでも順番が回ってくると受け入れなくてはならなかったいう意味で、予防注射が大嫌いだった私は、必ず順番が回ってくる予防注射のようにやってくる死を受け入れかねている。
生まれる前の何も感じられない空白状態の時間が、自分の死の後に永遠に続くと考えるといたたまれない。
層祖父母(写真でしか知らない)、祖父母、父、兄、叔父、叔母、従兄弟、従姉妹たちは亡くなっているのに私は、自分の死を受け入れかねている。

kakasi1.jpg
その町の人口は3000人あまり。
毎年催されるかかし祭り。
写真に写っている50人中、45人はかかしです笑


kakasi2.jpg
稲刈りの済んだ田んぼで、盆踊りを踊っているのは全部かかしです。
苦心惨憺して寝ないで作った楽しいかかし人形たちに敬意は表しますが。ふとゾンビ映画に雰囲気が似ていると思うこともないではない


柴犬カンチの足跡日記 カンちゃんに一度会ってみたいな
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(275) 
共通テーマ:日記・雑感

ドキュメンタリー 「らくだの涙」 [映画]

ポスター.jpg
ポスターの白ラクダは難産で生まれた赤ちゃんラクダ

モンゴルのゴビ砂漠。
ゲル(モンゴル語 伝統的移動式住居)=パオ(中国語) には曾祖父母・祖父母・父母・子供3人の四世代の家族9人が暮らしている。



監督 ビャンバスレン・ダバー(女性 モンゴルからドイツのミュンヘン映画大学に留学した)
監督 ルイジ・ファロルニ(同級生の男性 イタリア)
     ドキュメンタリー映画「らくだの涙」は、2003年、卒業制作として撮られた作品。
     映画大学の関係者の勧めで、各地の映画祭に出品し、受賞、大絶賛を受けた。




授乳.jpg
子らくだにお乳を飲ませない母らくだ
(母ラクダは、2日間の難産のショックから苛立ち、育児放棄をする)


授乳.jpg

しばらくは、乳を搾ってヒツジの角を哺乳器にしたようなもので飲ませていたが、授乳は充分でなく、白い子らくだはだんだん弱りはじめる。


<フースの儀式>
こわばった母らくだの心を癒すために、馬頭琴と歌(遊牧民の民謡 オルテンドー)でモンゴルに昔から伝わるフースの儀式を執り行うことになった。

母らくだの2つある瘤の中の、前の瘤に馬頭琴をひもで下げると、弦を風が撫でるかすかな音が聞こえる。
馬頭琴の名手は、静かに流れるような哀愁を帯びたしかも活き活きした音色を奏でる。
一家の若い母親が母ラクダをさすりながら朗々とした高音で心に沁み入るような歌(オルテンドー モンゴルの民謡 長歌)を歌う。

馬頭琴.jpg
馬頭琴

ラクダの親子.jpg

興奮し荒々しくなっていた母ラクダは、だんだんおとなしくなり、大きな目から大粒の涙を流し始める。
オルテンドーの歌声は聴く人の中からその都度なにかを引き出してくれる。
泣くにせよ笑うにせよ、心を揺さぶられ引っ張られる。一緒に声を出し叫びたくなってくる。

しばらくして、母ラクダは落ちつきをとりもどし白い子ラクダにお乳を与えるようになった。

★オルテンドー(長い歌。中空に朗々と放ち、たたみかけるようにして森羅万象に共鳴させる。
日本の追分や馬子歌のルーツ)
若い母親の声は低い音程から一挙に高音になり、高音を揺らす。


オルテンドー
若い母親の服装は上記と異なり、地味で素朴。声もそっくりではないけれど近い。


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(272) 
共通テーマ:映画

「私に会うまでの1600キロ」 コンドルは飛んでゆくと赤い川の谷間  [映画]

哀愁を含んだ「コンドルは飛んでゆく」の曲が、外側から聞こえてきたり、まるで旅する人間の心の中から聞こえてきたりするようなことが何度もあった。
最後の盛り上がるシーンでは、サイモン&ガーファンクルの「コンドルは飛んでゆく」が流れた。

私が ポスター.jpg
1995年、シェリルは何の訓練もせず、いきなり重すぎるバックパックを背負い1600キロの旅に出た。(青森から鹿児島までの距離)


靴.jpg
岩山では不注意でトレイルシューズを谷に落としてしまう。
思い切ってもう片方も空中に放り投げる。
使えない燃料を持参、やがて水も底を突く。


思いで.jpg
繰り返し出てくる子供のころの回想シーン


父のアルコール依存と暴力、何事においてもよいように考えようとする母の病死(癌)、ヘロイン、離婚(シェリルが夫を何度も裏切った)
シェリルは、人生を見つめなおしリセットするために、メキシコの国境からアメリカの西海岸を通ってカナダの国境まで続いている自然歩道、パシフイック・クレスト・トレイル (PCT)を徒歩で縦断する過酷な3か月の旅に挑戦した。

時にはヒッチハイクをし、行き倒れる寸前にトラクターで働いている男性に助けを求め、シャワーや妻の手料理の提供を受ける。
雪山を迂回するためにバスも利用した。
旅の途中、母や友人や夫と過ごした過去のことが何度もよみがえってきた。
ガラガラ蛇に遭遇、しつこく話しかけてくる不穏な2人の男性を振り払い、砂漠の中の一軒家の親切な夫婦の食客になり、バックパッカー仲間のありがたい助言を体験した。

私に 崖.jpg
まさに浄化のへ道。

私が 川.jpg
川を渡ろうとして流されそうになる。


迷ったアルパカ?を探しに来た少年とそのおばあさんに出会う。
少年が「赤い川の谷間」(アメリカのカウボーィソング)を素朴で無垢な感じで歌ってくれる。
赤い川の谷間.jpg
シェリルは、2人が立ち去った後、膝を崩し、嗚咽し涙を流す。

「会いたい」(この言葉は本人の声ではなく、字幕だけだったような気がする)




邦題「わたしに会うまでの1600キロ」原題「WILD」
監督 ジャン=マルク・ヴァレ
他 割愛
シエリル・ストレイド  リース・ウイザースプーン
2014年アメリカ 116分
原作  シェリル・ストレイドが2012年に書いてベストセラーになった回想録
『Wild: From Lost to Found on the Pacific Crest Trail』



柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(284) 
共通テーマ:映画

「奇跡の2000マイル」 [映画]

奇跡1.jpg
心の隙間を埋める何かとは?
牧場や酪農家のもとでラクダの調教を学び、なぜ危険を伴う砂漠横断の試練を自分に課したのか。

フラッシュバックシーンでは、子供のころの体験がたびたび現れる。
父親は冒険家であり、
母親は自殺している。
外側からも自分を追い込んでいって
そう言うことに深く静かに向き合いたかったのかもしれない。



奇跡のラクダ.jpg
監督 ジョン・カラン
ロビン・デヴィットソン(キャメルレディ)役  ミア・ワシコウスカ
2015年7月18日公開
112分
原作 「TRACKS」
日本の題名「ロビンが跳ねたーラクダと犬と砂漠 オーストラリア砂漠横断の旅」
ロビン・デヴィットソン著 1981年




1977年オーストラリア人の女性ロビン・デビットソン(20代半ば)が、オーストラリア西部の砂漠の2000マイル(約3000キロ)もの距離を愛犬とラクダ4頭だけを連れて横断しインド洋にたどり着いた。
ラクダ4頭のうち、1頭は連れているラクダが生んだ子供のラクダだ。


奇跡.jpg
愛犬ディギティと共にくつろぐ



奇跡カメラマン.jpg
著名な写真雑誌ナショナルジオグラフイックで、カメラマンのリックに写真を撮らせるということで協力を得た。
姿を消したラクダを必死に探しまわったり、暴風にあったり、蛇(にしきへび?)に寝ている時に首の上を這われたりした。
「わたしに会うまでの1600キロ」という映画でもパシフイック・クレスト・トレイル(アメリカ合衆国の長距離自然歩道)を歩く1人旅の女性が出てくるが、ガラガラ蛇に出会っている。



奇跡アボリニジ.jpg
案内役を買って出てくれたアボリニジのエディと一緒に。



奇跡インド洋.jpg
インド洋にたどり着くまでおよそ7カ月かかった。
愛犬のディギティとは旅の途中の事故で、悲しい別れをすることになった。
彼女はひりひりとした力強い生命力を取り戻し、さみしい、悲しい、嬉しいと大声で叫ぶことができる体験ができた。

★「ラクダの涙」と言うラクダの音楽療法の映画を思い出した。

柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(274) 
共通テーマ:映画

京マチ子の「雨月物語」  若狭と右近(乳母)の嘆き [映画]

「雨月物語」モノクロ

監督 溝口健二
脚本 川口松太郎・依田義賢
(他割愛)

怨霊 若狭 京マチ子
怨霊 乳母左近 毛利菊枝
陶工・農民 源十郎 森雅之

<若狭・京マチ子の喜怒哀楽の表情の魅力>
怪しい顔.jpg
怨霊 若狭  あなたの作った杯でお酒が頂いてみたくなりました。


神官.jpeg
神官(左・南部彰三)と源十郎

朽木屋敷を抜け出した源十郎が、若狭のために小袖や瓔珞(ようらく・首からかける飾り)を求めて帰る途中、神官から呼びとめられた。
源十郎の顔に死相が浮かんでいるので、「さ迷っていては命がなくなる、みすみす取り殺されるものを見捨ててはおけぬ、死霊を払ってあげよう」と言われ、身体に梵字を書かれる。


若狭
「あんまりお帰りが遅いので、ずいぶん案じておりました。何やらお元気のないお姿、どうなされました。」

責める.jpg

若狭
「源十郎さま、あなたをもうどこへもやりたくない。ね。ね。この屋敷を捨てて私の国へまいりましょう。
源十郎さまは、私の生涯の夫。行ってくれますね。
(源十郎から妻や子がいることを告げられると)そのようなことはもう忘れておしまいなさい。
いいえ帰しませぬ。さ 私と一緒に国へ帰りましょう。」


(源十郎の体に書かれた梵字の威力を感じて)若狭は、「ああっ!何やら肌に付けている。」とおののく。
わかさ3.jpeg



乳母(右近)
「それを(体に書かかれた梵字を)拭いなさい。拭わなければ許しはできぬ!
若狭さまは、この世に生を受け、恋の情も知らずに儚(はか)のうなられました。
そのご不憫なお姿を見るにつけ、せめてただ一度、女らしいお幸せをお知らせ申したいと、姫さまをお連れ申してこうしてさ迷い出てまいったのです・・・・。
今お帰りなされては二度と会うことはできませぬ。」
雨月3人.jpg


雨月姫.jpg
若狭
源十郎さまどうしてこんな恐ろしいことをしてくださいました。若狭はいつまでもおそばにおいていただきとうございます。いつまでも・・・」

源十郎は持っていた太刀で若狭と乳母に切りかかり、やがて失神してしまう。


哀れな若狭と右近は死の国へ帰ってしまったのだろうか。
忌み嫌われる怨霊たちが、この世にあらわれる理由とその言い分も細やかに描写されている「雨月物語」は見ごたえがあった。
影や闇の部分も合わせて語られる物語は説得力がある。


雨月発覚.jpg
源十郎は、侍たちに捕まり、稼いだ金をすべてとられる。

廃墟の屋敷.jpg
朽木一門が死に絶えてしまった屋敷の跡に、若狭の美しい謡声(うたごえ)がしばらくの間響いていた。

とっておき.jpg
過ぎし日の睦まじい湯あみ。若狭と源十郎。 
泉鏡花の「高野聖」でもこのような場面があったのを思い出す。
源十郎の妹夫婦のことは、割愛させていただいた。

柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(236) 
共通テーマ:映画

高貴な女性と妻、2人の怨霊にであった源十郎その(2) 映画「雨月物語」 [映画]

<妻宮木の言い分>
<若狭の乳母の右近の言い分>

「雨月物語」

監督 溝口健二
脚本 川口松太郎・依田義賢
(他割愛)

宮木(妻) 田中絹代
源十郎(夫) 森雅之
怨霊 若狭 京マチ子
怨霊 乳母左近 毛利菊枝


家族1.jpg
妻 宮木 田中絹代  夫 源十郎 森雅之

農民で陶工の源十郎は、妻の宮木(みやぎ)と息子の源市、すぐそばに住む妹夫婦と共に暮らしていた。
妻の宮木が、夫の源十郎に常に語りかけていた言葉を取り上げてみることにする。
戦国時代と現代は状況が違っているので言葉の重みも違ってくるが、現代人が神社に行って参拝する時に唱える言葉とほとんど同じ「家内安全、無病息災、商売繁盛」が戦国時代の農民の妻の宮木の祈りである。



雨月物語1.jpg
農業の傍ら、夫婦で焼き物を作り夫が長浜まで売りに行って、手に入りにくい衣類などを買って帰っていた。

妻 宮木
妻.jpg  

※ブログ主の感想(ありがたくて癒されるが、男は冒険をしたり才能を磨くことができなくなってしまうのではないかという思いがわく)

<以下、すべて妻 宮木のせりふ>
「お盆とお正月が一緒に来たようだ。この小袖が、うれしいのではありません。買ってくださるあなたの心が(うれしいのです)・・・。
あなたさえ居てくだされば私はもう何もほしいものはありません。    もうおよしなさい!お金はこれで沢山!」
「前にうまくいったからと言って、この次もうまくいくとは限りません。あなたの身にもしものことが・・・」
「私は夫婦共稼ぎで、気楽に働いて、3人楽しく日を過ごすことができれば・・・そればかりを願っているのです。

(源十郎は、船で長浜に向かう途中、船で逃げてくる男に出会い、妻宮木と息子の源市を船から下ろす。)


<妻 宮木のせりふ>
「これはきっと行ってはいけないというしるしです。さっ!行かないでください。賊が出ても手向かわないで下さいよ。」

※ブログ主の感想 (賊を振り払わないと殺されるとわかっている場合でも、賊に手向かってはいけないのか。)



帰宅.jpg
落ち武者に殺された妻宮木の怨霊が家で待っている

怨霊 妻 宮木のせりふ
「あなたおかえりなさいまし。ようございました。何もおっしゃいませんで。あなたは無事に戻って来て下すったんですから。もうそんなお話はおやめになって。さぞお疲れでございましょう。さ、お酒もできております。お鍋も食べごろに煮えておりますから。」

朝目覚めると妻宮木が亡くなっていたことを名主から告げられる。

どこからともなく妻宮木の声が聞こえてくる
「私は死んではおりません。私はあなたのそばにいます。あなたの迷いももう消えました。本来の場所で、本来の姿に戻ったのです。 安心して立派な焼き物を作ってください。いろいろのことがありましたねえ。今あなたがやっと私の思うお方になって下さったとそう思った時、私はもうこの世の人ではなくなったのです。」
※ブログ主の感想 (夫の牙を抜こうとし、自分の思いどうりになったことを喜ぶ妻もすごい)

怨霊 乳母の右近
乳母1.jpg

★家に戻った源十郎は妻の宮木には許されたが、怨霊の若狭の乳母の右近からは永遠に責めらる。
「妻子がありながら(それを隠して)なぜ(姫様と)契りを交わされた? 男はいったんのあやまちで済もうが女は済まぬ。姫様のお幸せをそんな、はかないものにされてお心にとがめはしませぬか」
※ブログ主の感想(乳母の言葉、すごい説得力ある)

★怨霊の若狭と右近(乳母)が、死相が浮かんでいる源十郎を見た神官によって体に梵字を書かれた源十郎を見つけざま、恨めしげに食ってかかるところがある。次回はそのすさまじい様子を取り上げてみよう。


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(240) 
共通テーマ:映画