So-net無料ブログ作成

 映画「ヴィジット」 [映画]

死者が見える少年と、もうすでに死んでいるのにそのことに気づかない精神科医が登場した映画「シックスセンス」のような霊的なものが関与している映画かどうか、見てみないとわからないので、少しだけ期待しながら映画「ヴィジット」を見に行った。

映画「ヴィジット」は、15歳の姉と13歳の弟が、アメリカのペンシルバニア州で暮らしている祖父母の家に遊びに行き、奇妙で恐ろしい体験の映像をドキュメンタリータッチで記録する映画だった。
だから霊的なものは一切関与していなかったので少々がっかりした。
映画は見てみないとわからないので、空振りがあるのも当然だ。
個人的な好みを一番に考えて、空振りと言っただけで、監督や俳優さんたちの実力とは関係ないことです。


ヴィジット3.jpg
母親は駆け落ちしたため15年もの間、両親に会ったことがなかった。
姉と弟は祖父母に会ったこともなく顔も知らなかった。
姉が、祖母に、母親が家を出た日のことを聞くと知らなかった。

~~~~以下内容に触れています~~~~~~~~~



月.gif
原みつるさん作

ヴィジット2.jpg

時折、狂気の混ざった行動やまなざしを姉弟や訪ねてくる人たちに向ける偽物の祖父母。
姉と弟が母に連絡をとり、祖父母の映像を見せると祖父母は全くの別人だった。
ほんものの祖父母は、精神病院でボランティアをしていて、偽者たちは精神病院の患者だったのだ。
本物の祖父母の遺体は地下室にあった。

映画「ヴィジット」監督・M・ナイト・シャラマン 2015年 アメリカ


12歳のお誕生日おめでとう。20歳祈願。
柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(238) 
共通テーマ:映画

「不可思議プランツ図鑑」誠文堂新光社 文・木谷美咲  絵・横山托彦 [本]

昔から不可思議な植物に興味があったブログ主の「うずのしゅげ」(おきなぐさのこと)は、店頭で見つけた「不可思議プランツ図鑑」にしばらく見入ってしまい、有り金はたいてついに購入してしまった。(今夜と明日のおかずはもやしと漬物だ)
毎晩読むのが楽しみでしょうがない。

イラストレーターの横山托彦さんによって描かれた力強くもとろ~りと濃くかつ繊細な絵。
少年と博士の会話でつづられてゆく木谷美咲さんのユーモラスな文が大変気に入ってしまった。

不思議プランツ1.jpg
「不可思議プランツ図鑑」誠文堂新光社  文・木谷美咲  絵・横山托彦(よこやまたくひこ)
★世界中の植物のイラスト100点を横山托彦さんが担当。
★上の本のカバーの写真、向かって左の永遠の螺旋野菜の名前は、ロマネスコ(カリフラワーの仲間)。
ゆでて塩やマヨネーズで食べるが、お好みで。
幾何学的な螺旋。フラクタル(部分と全体が相似形になっているという概念)


オオカマキリ。絵・横山托彦。もともとは昆虫の精密画を描いている人だ。
カマキリ.jpg
今にも動きそう!おみごとです。


ハエトリソウ(蠅地獄)・食虫植物  絵・横山拓彦
100種あり。北アメリカのノースカロライナとサウスカロライナだけに生えている。
二葉が折りたたみ式になっていて小さな昆虫を0・5秒で挟み込んで食べる。
どろどろに溶かされて栄養になるが、光合成でも十分に育つ。
ハエトリソウ.jpg





セファロタス(写真下) 食虫植物。オーストラリアの南西部のみに自生する。
袋には消化液が入っていて虫が入るとふたをし、消化吸収する。
セファロタス.jpg


「私、食虫植物の奴隷です」水曜社
 著者・木谷美咲  食虫植物愛好家、文筆業。
木谷美咲.jpg


柴犬カンチの足跡日記
明日10月25日がカン子ちゃんの12歳の誕生日。
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(259) 
共通テーマ:映画

じわじわとしみ込んでくる異変 著者 近藤ようこ「異神変奏」(いしんへんそう) [コミックと映画]

異神変奏1.jpg
お前たちを 許さない 逃がさない 離さない。
コミック「異神変奏」(いしんへんそう)時をめぐる旅  著者 近藤ようこ 
初版2014年6月23日


夫を亡くし、東京から実家のある寒村に戻ってきた灯子は、平田という青年に出会う。
そのころ古い祠に祀られた気味の悪い塑像が発見された。
灯子と平田は、謎の塑像に呼ばれるようにして魅かれあい、自分たちとは別の存在を感じるようになる。
輪廻転生を繰り返し、時代と場所を越えて何度もめぐり合う二人。
決して幸せになることのない運命に抗えるのか
(上記はコミックの帯より拝借)


★過去、現在、未来を見通し予言することができる三方の姫(みかたのひめ)は、生まれつき三つの顔を持って産まれていた(生物学的には奇形)
三方の姫は、姫の姿を塑像にすることを拒まない仏師の真足(またり)が好きだった。
しかし真足と姫の世話をする黒女(くろめ)が恋仲になり、2人は嫉妬深い姫を殺して逃げなければならないことになってしまった。
真足と黒女は、2人の魂の宿る人物を次々に変え、時と場所も変えながら何度もこの世に現れる。
そのたびに追いかけてきた三方の姫に「真足が逃げ、黒女が自害する」と言う予言を突きつけられる。
真足と黒女が死に別れをしなくてはならない理不尽な予言である。
どこまで行っても終わらない三角関係は、物語の最後には意外な終結を見ることになる。

文章にすると、輪廻転生をイメージするにはよほどの想像力が必要になってくる。
コミックで近藤ようこさんの柔らかい美しい絵と緩やかな時間の移り変わりを体験すると、一目瞭然だと感じる人も多いことだろう。




<大変楽しめた娯楽映画>


「探検隊の栄光」2015年 邦画
探検隊.jpg
伝説の未確認生物(UMA)を追い求め、秘境へと足を踏み入れていく探検隊の姿を描く、80年代のテレビ番組をモチーフにした、藤原竜也主演のアドベンチャードラマ。
(ムーヴィーウオーカーより)
★川口浩探検隊や藤岡弘隊長のテレビ番組を思い出した。



「ピッチ・パーフエクト2」 2015年アメリカ
ピッチ.jpg
女性のみのアカペラチーム、バーデン・ベラーズのメンバーたちが様々な試練に直面しながら成長していく姿を描く。前作よりさらにレベルアップした歌やダンスに注目だ。
(ムーヴィーウオーカーより)


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(268) 
共通テーマ:映画

じわじわとしみ込んでくる異変 著者 近藤ようこ「月影の御母 つきかげのみはは」 [漫画(コミック)]

<眠れぬ夜の奇妙な話>

近藤ようこさんの作品で一番恐ろしかったのは、
私の場合、コミック「月影の御母・つきかげのみはは」(初版平成11年10月30日)だった。
月影の御母.jpg
蓮王丸と子猿のひょん太


少年蓮王丸は、産みの母を探して旅をしている。
もう亡くなっている母は、子猿ひょん太の体を借りて憑依し、蓮王丸の肩に乗り旅をしているが、蓮王丸はただの子猿だと思っていて、母だとは気ずかない。

蓮王丸は、母に化けた大うなぎ、おまえの母だと言いよってくる寺で働いている行き倒れの女、死んだ母たちの肉体をバラバラにして一人の母にした化けもの、母を名乗る白磁御前(付喪神・つくもがみ 器物が古くなると命を持って妖怪になる)、捨てられた赤ん坊を顔だけ残して竹に変え育てようとする石女(うまずめ)、蜘蛛の妖怪になってしまった父の正室(継母)などに出会う。
誰もが母になりたいのに蓮王丸の母にはなれない。哀れな母たちだ。
時々現れる線だけが引かれている、目や鼻や口のない女性の顔が、凄みを帯びていて怪しい。

蓮王丸の母は父の側室だった。
しばらくしてなかなか身ごもらなかった正室に赤ん坊が生まれると、蓮王丸の母がわが子である蓮王丸を跡取りにしたくて、蓮王丸を連れて正室の赤ん坊呪詛の旅に出る
正室の赤ん坊は呪詛が原因で死ぬ。
やさしい表情をした正室と側室の意識下の争いが哀れである。

悔しさのあまり腹に無数の蜘蛛の子を宿し、蜘蛛の化け物になってしまった正室は、蓮王丸を殺さんがため、屋敷で待っていたのだった。
正室は呪力で夫を蜘蛛に変え、夫が蓮王丸を助けようとするとバリバリと音を立てて食ってしまう。
「私がこのように浅ましい姿になったのはな、お前を待つ執念からじゃ」と蜘蛛の糸を吐いて蓮王丸に襲いかかるが、子猿のひょん太に腹を刀で裂かれる。
哀れにも蜘蛛の糸に巻いたミイラ化したわが子(赤ん坊)に顔を寄せて死ぬ。

漫画家近藤ようこさんの怪奇譚の迫力と力量は、うなされるくらいすごい。
それも哀れさ悲しさを漂わせながらっ迫ってくる。

次回投稿予定 じわじわとしみ込んでくる異変  
コミック「異神変奏」(いしんへんそう)著者 近藤ようこ


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(219) 
共通テーマ:コミック

ドローン・オブ・ウォー [映画]

ドローン1.jpg

一方的にミサイルが発射されるだけで、戦闘シーンが出てこない戦争映画。
2011年9月11日以来、アメリカはテロリストを一掃するために、テロリストのいる国に無人機ドローンを飛ばしミサイル攻撃をしている。
人を殺しても煙が上がるだけなので実感がない。

アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐は、F-16戦闘機のパイロットから、無人戦闘機の操縦士になりラスベガスにある基地のコンテナ内の部屋で、無人機ドローンを遠隔操作し、1万キロ余りも離れた異国(中近東)のテロリストたちを爆破し殺している。

爆破された場所や人物が静かに映し出されるだけのモニターを見ながら、「Good kill」(映画の題名)一掃した!と唱える。
クリックひとつでミサイルを発射する爆撃には現実感はない。

テロリストらしい人物が1人、または集団で家の外にいる時、その中には民間人や子供が含まれていることもあるが、巻き添えになって死んでいる。
テロリストと思しき人々が葬式で墓地に集まっている時や武器を製造しているらしい家にも、無人機ドローンからミサイルを撃ち込む。
ある時少佐は、粗暴な男からいつも人気のない庭で性的暴行を受ける女性を哀れに思い、男にミサイルを撃ち込む。

少佐は一日の任務を終えると、車でラスベガスの歓楽街を通り、住宅街のマイホームへ帰り、妻とふたりの子供たちとの生活を楽しんでいる。
少佐は実践のあるF-16戦闘機のパイロットに戻りたくなったが、CIAの命令(殺せといった人物たちを殺さなかった)に従わなかった結果、それもかなわず、徐々に精神に異常を来たしてゆく。



ドローン・オブ・ウォー
監督 アンドリュー・ニコル   トミー・イーガン少佐 (イーサン ホーク)
2014年 アメリカ 104分

柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(284) 
共通テーマ:映画