So-net無料ブログ作成
検索選択

怪奇映画「蛇娘と白髪魔(はくはつま)」 原作・楳図かずお [映画]

蛇娘1.jpg
1968年12月14日 モノクロ 82分  監督 湯浅憲明
「蛇娘と白髪魔」は落合道人さんからのリクエスト

★怪奇映画「蛇娘と白髪魔(はくはつま)」は、楳図かずお氏が少女フレンドに連載していた「赤ん坊少女」「うろこの顔」「ミイラ先生」をベースにして作られている。


赤ん坊の時に産院で取り違えられたため、孤児院で育った小百合に、本当の両親が見つかり、南条家にひきとられることになった。
南条家の屋根裏では、小百合と取り違えられた娘のタマミが父親に内緒で母親に育てられていた。

登場人物の中で怖いのは、タマミとお手伝いさんのしげ。
白髪魔(鬼面の妖婆)は強欲なしげが変身した化け物。
蛇娘3.jpg 

たまみは、可愛い女の子に嫉妬心を抱き、蛇を押しつけた結果、逆に自分のほうが蛇に腕を噛みつかれてしまい、以来自分を蛇だと思い込むようになり、背中には鱗が生えていた。
この病的な思い込みはいったいどこからもたらされたのだろう。
原作・楳図かずおさんですからね。
父親がアフリカに毒蛇の研究に行ってしまったので、しばらく帰らない間、たまみにいじめられ続ける小百合。


タマミ
「(小百合)よおくお聞き、背中(の鱗)を見られちゃったから言うけど、わたしは蛇だよ~、だからそのあんたのやわらかい手が食べたい」



南条タマミを演じる高橋真由美さん 女優の花園ひろみさんにそっくり。
たまみ1.jpg

たまみ2.jpg

たまみ.jpg



原作者の楳図かずお氏が運転手としてちらりと登場!
運転手.jpg



若かりし頃の俳優の平泉征が、小百合が育っためぐみ園のはつらつとしたお兄さんを好演。
平泉征.jpg
ひらいずみせい.jpg
現在の平泉征

タマミは、お手伝いのしげにそそのかされて、お屋敷に油をまき火をつける。
タマミは即死。
しげは妖怪からしげにもどり警察に捕まる。


★3月31日でPCVistaともお別れ。





nice!(169) 
共通テーマ:映画

起こってはならないことが起こる映画「ドッグヴィル」再投稿 [映画]

★1年のうちで一番気ぜわしくなる月である3月は、気鬱になる月でもある。
ガツンとくる映画が見たくなったので、デンマークのラース・フオン・トリアー監督の映画をDVDで見た。
人間の心の暗闇の底に隠れているものから湧いてくる取り返しのつかないことから、現実の事件が発生し、現実の人を巻き込んでゆく容赦のない映画だ。

「ドッグヴィル」
監督 ラース・フォン・トリアー
2003年 177分 デンマーク

ドッグヴィル1.jpg

子供も入れて人口30人足らずの寒村ドッグヴィル(犬村)がロッキー山脈の山間部にある。
ある日のこと、銃声が聞こえ、ギャングに追われた美しく知的な女性グレース(ニコール・キッドマン)が村に逃げ込んでくる。
彼女が何をしでかしてギャングや警察から逃げているのか、最後の最後まで明かされない。
村の知性と善意を自負している小説家志願の青年トムは、グレースを村の廃坑にかくまう。


映画のセットは、道も木も家も、広い倉庫の床にチョークで白線を引いただけのもの。
演劇の舞台装置のようにわずかな家具しかなく、村の人々の生活が同時進行しているのが全部見える。
トムは、貧しく閉鎖的な村の人々に、グレースに2週間、この村に労働力を提供してもらうことを提案する。



初めの頃は、控えめにグレースに接していた村人たちも、日常の雑事を彼女に押し付け、彼女がくたくたに疲れても何とも思わないようになる。

いつでもグレースの味方のようにも見えるトムには、智恵と判断力はあるが、実は彼は父親に頭の上がらない世間知らずの煮え切らない男だ。
彼は、ギャングの親玉から連絡場所を書いた名刺をもらうが、愛し始めているはずのグレースに対して、名刺は破り捨てたとなぜか嘘をつく。

あろうことか、町から移り住んで来てリンゴを育てている子沢山な男が、グレースに襲い掛かる。
また月に一度娼婦を買いに町に出る運送業の男も、お金を渡し逃亡を相談したグレースを騙し、トラックの中で(皆のいる教会の前)でグレースに襲い掛かる。
盲目なのにそれを隠しているプライドの高い老人もグレースのスカートに手を入れ腿をさわり続ける。
子供でさえも例外ではなく、性に目覚めつつある少年がグレースを脅迫してお尻をたたかせ(大人の女性の感触を楽しむつもりか)母親に言いつけて面白がったりする。
今まで善意のオブラートに包まれていたものがはがれ、村人の悪魔的な狂気が次第に始まる。
ドッグヴィル3.jpg


グレースに出会う前にトムが好きだった村の女性は、トムをわずらわしく思っていたにもかかわらずトムと親しくなったグレースには陰湿な意地悪をする。
リンゴ作りの男の妻は仕返しを、アフリカ系の女性も、雑貨屋の夫人も労働力としてグレースを残酷にこき使い、日ごろの鬱憤をグレースをいじめることで晴らす。


グレースは陵辱と重労働と裏切りに耐え村人を許し続けるが、村人たちはグレースをギャングに突き出す。
ギャングの親玉はグレースの父だった。
父は「他人を許すと言う一見慈悲深そうな考えや行動は、傲慢な人間のすることで、偽善である」と言う。
グレースは、自分の命に関わる程の苦痛を与えることを、他人が悪意でやり続けるのを野放しに許し続けていたことに気づく。

ドッグヴィル4.jpg
グレースは急転直下変貌する。子供にも赤ン坊も容赦しない。
彼女はギャングの子分たちに村を焼き払うように命令し、ギャングの子分たちは村人を拳銃で撃ち殺す。
グレースは当然のようにトムを撃ち殺す。





★引き続きDVDで見たラース・フオン・トリアー監督の映画
「奇跡の海」 ・ 「ダンサーインザダーク」 ・ 「マンダレイ」 ・ 「メランコリア」
「アンチクライスト」だけは、見たくない状況にあった時に放映されたものだったのでまだ見ていない。

★最近見た劇場映画「マリーゴールドホテル 幸せへの第2章」
自然の猛威 「エヴェレスト 神々の山嶺」 ・ 「ザ・ブリザード」 ・ 「X-ミッション」

★怪奇映画 原作・楳図かずお「蛇娘と白髪魔」

★現在所有のパソコンVistaは、立ち上がりが遅く、動きが重い。
使えるまでに10分以上かかり、そのつど画面を開くのにも時間がかかる。
その間他の雑事と並行して時間が使える。
しかしもうその苦労もなくなる。新しいノートパソコンは、4月1日に届く。

nice!(235) 
共通テーマ:映画

映画「永遠のマリア・カラス」 [映画]

カラス2.jpg
監督 フランコ・ゼフィレッリ 2003年公開 108分 
オペラの舞台での心理描写と演技力が群を抜いている、20世紀最高のプリマドンナの一人であるマリア・カラスは、恋人ギリシャの海運王オナシス亡き後、パリで隠遁生活を送っていました。


打ちひしがれたマリア・カラス(ファニー・アルダン)に、友人の音楽プロモーターからオペラ映画の企画が持ち込まれます。
映画「永遠のマリア・カラス」の内容はフイクションですが、彼女が亡くなる半年前には、実現されなかったけれど、似たような企画オペラ「トスカ」があったようです。
全盛期の頃のマリア・カラスの声は、ドラマッテイックで、黄金の翼のついた何千もの盾が反射の輝きを重複させ、その中から生まれた無数の剣が光を放ってるようでした(筆者)
37歳前後から独特な歌唱法による喉の酷使で高音が出なくなり始め、完璧主義の彼女は、世界中を回るのに疲れ果てたのか、オナシスとの愛人関係にのめりこみ、オペラから遠ざかりました。
オナシスは彼女の歌を「退屈だ」と言ったとか、せっかく天からもらった美声と演技力をこんな打算的な浮気者の男のために眠らせるとは・・・・


私が一番好きだった映画のシーンは、夜中に孤独なマリア・カラスがオペラの仕事を受けるかどうか迷って悩んでいる時、「とにかく歌え、歌はお前の命だろう?」と言う感じで豪華な衣装を付けた「歌の精」が現れ部屋中に響き渡るオペラを歌うシーンです。(声はマリア・カラスの美声を使用)
彼女は、全盛期の自分の姿を借りた「歌の精」と対面して、その頃のやる気と歌に対する切ないほどの畏敬の念と憧れを少しばかり取り戻したのではないでしょうか。
ファンとしては、戦闘的な輝かしい歌い方をする若い頃のマリア・カラスもいいと思うのですが、彼女の年齢に応じた演技や歌のそれぞれを味わってみたかったですね。
映画「王女メディア」で王女を演じた彼女は、女の悲しさと意地と魔力を炎のように発していましたが、裏切った夫の子供を殺傷してしまうものすごい情念は、他のどの女優が演じても影が薄くなり、彼女にこそピッタリの役であるような気がしました。
劇中劇でマリア・カラスは映画「カルメン」を円熟した表現力で魅力的に演じ、声は全盛期の声を使用、ついに映画が完成しました。
結局、彼女は口パクの演技と、全盛期に録音した声を使用したことに虚しさを覚え「カルメン」の映画は没にすることにしました。
彼女のために大勢の共演者とスタッフが振り回され、多額の費用、皆の汗と涙が反古になりました。
マリア・カラスは54歳でこの世から去りました。

カラス1.jpg



★新しいパソコンを手に入れるために奔走中。
しばらくみなさんの所に拝見に行けないのがとても残念です。
いまさら、マリア・カラスでもないと言われそうですが、初めのころの投稿で閲覧者がゼロでしたので、再投稿しました。
音楽教室の発表会、1日ずらして同時にある小学校と中学校の同窓会が楽しみです。




★柴犬カンチの足跡日記 
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/





nice!(283) 
共通テーマ:映画