So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっと異質な、はじめてのゾンビ詩 勝嶋啓太詩集「今夜はいつもより星が多いみたいだ」より、「食慾と性慾」 [詩]

詩「食慾と性慾」 勝嶋啓太 (コールサック社)




ずっと好きだった女の子がいたのだが
ぼくは とっても 臆病者なので フラれるのが怖くて
好きです って言えないでいたら
彼女は やがて ぼくの友人と付き合いはじめ
ふたりは 結婚してしまった
ふたりの幸せそうな顔を見るとムカつくので
仮病を使って 結婚式には出なかったのだが
ぼくの気持ちを知らないふたりは
しきりに 家に遊びにおいでよ と誘ってくれる
仕方がないので 結婚祝いのプレゼントを持って
ふたりの新居を訪ねると

ぞんび1.jpg
彼女が ゾンビに なっていた


ぼくが訪ねた時には
友人は あらかた喰われてしまって 骨だけになっていたので
プレゼントを置いて さっさと帰ることにしたのだが
ゾンビというのは ひどく腹が空くものらしく
気がつくと 10メートルぐらい後ろを
彼女が ひもじそうな顔をして
ぼくの様子を窺いながら ずっとついてきている
ぼくが立ち止まって振り返ると
彼女は 怯えたように ビクッとして
オアズケを食らった犬のような情けない顔で
ぼくをじっと見て ヨダレを垂らした
その時 ぼくは 彼女を 抱きしめたいと思った


現在
彼女は 大分腐りかけてきているんだけど
ぼくの部屋の隅で
相変わらず ひもじそうな顔をして
じっと ぼくの様子を窺っている
彼女には ぼくは よっぽど美味しそうに見えるらしく
しょっちゅう ヨダレをダラダラと流している


今日
意を決して 抱きつこうとしたら
右足を 喰われた
多分 近い将来
ぼくも 友人のように あらかた喰われちまうんだろうけど
久しぶりに満腹になって
今 すやすやと 穏やかに寝息を立てている
腐りかけの彼女を見ていると
まあ それでもいいか
と思えてくるのである






★なぜか宇宙次元のファンタジー詩や聡明な生活詩を書く知性的な女性詩人たちから「面白いね」と言われ人気がある詩人の詩。
この「面白いね」はフランス料理や日本料理の通の人が、異次元の調味料を加えた 「たこ焼き」  否!「おいしい家庭料理」を食べた時の感想のように聞こえてしょうがない。
たいくつな  否!賢明な生活詩ばかりを書く良い人詩人が、人間の影の部分を書く詩人を陰でいたぶり、いじめるということは起こり得る。
実体験として枚挙にいとまがないくらいだ。
たとえは的確ではないかもしれないがその昔、映画の悪人役の役者が巷の人々から石を投げられたという話はよく聞く。
その点、勝嶋啓太氏の詩集と身柄はあたり口の可憐さ、情感の深さから安全だろうと思われる。
物語に光と影が必要不可欠な映画のたとえだとわかりやすい。
物語は、善悪と喜怒哀楽が絡み合って作られていると深みと陰影が出て滋味あふれるものになる。
イメージ写真・文 <ブログ主>





柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(286) 
共通テーマ:

その地を離れるやいなや20歳の女性が100歳の老婆に SF古典「失われた地平線」 [映画]

不時着.jpg
ヒマラヤ山脈の西方の雪山に不時着した飛行機。

1931年戦乱の中国奥地バスクル(アフガニスタン)から脱出したイギリス外交官のロバート・コンウェイたち5人(本人、弟ジョージ、化石学者、詐欺師、娼婦)を乗せた飛行機は、ヒマラヤの雪山に不時着し、待ち構えていたかと思われるほど手際のよい人々によって、この世の桃源郷と言われる蝶が舞い、鳥が歌い、作物の豊富なシャングリラ(理想郷・桃源郷)に連れて行かれる。
美術品(絵画・彫刻)や調度品は文明社会から運ばれてきたものばかりで、図書館、グランドピアノもある。
シャングリラ.jpg
シャングリラ(理想郷・桃源郷)。霧が漂う調和に満ちた谷間。外界から隔絶された地上の楽園。
金鉱があるので物々交換をしている。

article-Lost-Horizon.png
シャングリラ。建物の内部での歓談

250sai.jpg
ラマ僧 長老(カトリックのペロー神父・カプチン会)1734年、53歳でシャングリラに来たので年齢は250歳以上。

高山に守られたその地は、温暖の気候に恵まれ、長老(ベルギーからやってきたペロー神父)を中心に皆が長寿であり、2000人もの人が平和に暮らしていた。
長老は、コンウェイを後継者にするために、シャングリラへ導いたもようである。
コンウェイは不時着した全員でシャングリラを去る決意をするのだが・・・
弟ジョージは恋人マリアを連れて脱出するが、途中吹雪にあい、避難した雪山の窟でマリアがみるみるうちに老婆に変わってゆくのを見る。

マリア.jpg
吹雪のシャングリラを脱出中のマリア

老婆マリア.jpg
老婆に変わったマリア


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここより最後の内容に触れています
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





イギリス外交官のロバート・コンウェイは困難な旅を経て、上海からイギリスに送還されることとなったが恋人の待つシャングリラへ引き返すのであった。

失われた1.jpg
イギリス外交官ロバート・コンウェイ(ロナルド・コールマン)
サンドラ(ジェーン・ワイアット)
「失われた地平線」1937年 134分 アメリカ
監督 フランク・キャプラ  脚本 ロバート・リスキン  原作 ジェームズ・ヒルトン

河出文庫.jpg
「失われた地平線」1933年  2011年 河出書房新社
小説家 ジェームズ・ヒルトン (1900年~1954年)

その他の作品
「チップス先生さようなら」 1934
「心の旅路」(1941)
「忘れえぬ日々」(1945)
「めぐり来る時は再び」(1953)


1973年にリメイクされた映画『失われた地平線』もある


★映画「ブリガドーン」(迷い込んだ霧の中の長閑な村)と並んで映画「失われた地平線」は、日々埋没してゆくブログ主の桃源郷に対する郷愁と憧れの感覚を回復してくれる。
知識の上での現実対応だけでは過酷すぎて涙も出なくなる。

★最近見た劇場映画
「本能寺ホテル」「バイオハザード:ザ・ファイナル」「アイ・イン・ザ・スカイ世界一安全な戦場」



柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(273) 
共通テーマ:映画

山の郵便配達 午前十時の映画祭 [映画]

山の8.jpg

原作・小説「那山 那人 那狗」(あの山 あの人 あの犬)ポン・ヂエンミン作
1980年代初期、湖南省西部の山岳地域。
120キロもの山あり谷あり、川ありの山道を歩いて郵便を配達するベテランの郵便配達人だった父が膝を痛め仕事を引退することになり息子が後を引き継ぐことになった。
息子の初めての2泊3日の郵便配達に、父のお供をしていた犬(次男坊と言う名で呼ばれている)と一緒に父も同行する。
郵便配達人の仕事は、村民たちとの深い交流だった。
目の見えない一人暮らしのおばあさんを訪ね、孫から来ていない白紙の手紙を読み上げお金を渡す。
トン族の結婚式の祝宴にも加わる。


次男.jpg
犬(シェパード 名前は次男坊)
犬2.jpg


山10.jpg


トン族橋.jpg


山2.jpg

山20.jpg
どこかしら故郷と似ている風景を見るために出かけた映画だったが、物語も素晴らしかった。
山6.jpg

山4.jpg

★正月早々インターネットとメールができなくなった。
プリンターも機能停止になった。サポーター氏に頼んで改善ができほっとしている。
★コメント欄は、お一人お一人に丁寧にご返事ができないので、余裕ができるまで閉じさせていただいている。
★皆様のそれぞれが素晴らしいブログにはゆっくりと出かけさせてください。



柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(284) 
共通テーマ:映画