So-net無料ブログ作成

沈黙-サイレンス-  (3)個人的な覚書~つづく~ [映画]

1井上筑後守.jpg
井上筑後守(いのうえちくごのかみ 宗門奉行)  イッセー・尾形

一見してほんわかムード、子供のような無邪気さを持つ井上筑後守は、ものわかりの良さそうな温和な人物に見えた。
「余が今、切支丹の禁制を命ずるのは、世間一般の考えとは同じでない。」
「余は、切支丹を邪宗とはつゆ、考えたことはない。」
「エスパニア、ポルトガル、オランダ、エゲレスとそれぞれ名のる女たちが、日本と申す男の耳に、夜伽(よとぎ)のたび、たがいの悪口を吹き込み申してな」
「一人の男に醜女の深情けは耐えがたい重荷であり、不生女は嫁入る資格なしとな」



井上2.jpg
しかし宣教師たちから悪魔と呼ばれていた井上筑後守は、蛇のような狡猾さで、巧みな方法を駆使し、それまでは拷問や脅しにもひるまなかった信徒たちを、次々と棄教させている。
先に長崎奉行として多くの切支丹を虐殺した竹中采女(たけなか・うねめ)などは、たんに凶暴で無智な人間に過ぎなかった。
井上筑後守が考案した穴吊りの刑は、司祭たちを棄教させた最たるものだった。


井上.jpg
井上筑後守はかつて切支丹だった。

日本の貧しい百姓の信徒たちが、何よりもまず聖母を崇拝していることを熟知していたので、踏み絵が終わったあと、「おまえらの息づかいが荒くなったのを見逃しておらぬぞ」と言って、踏み絵に唾をかけ、「聖母は男たちに身を委(まか)せてきた淫売(いんばい)」だと言わせた。
言えない者は切支丹とみなされた。
「沈黙」遠藤周作 を参考にしました。・・・ブログ主

<穴吊りの刑で呻いていた5人の切支丹たちを助けるために棄教した司祭フェレイラのことば>
〇デウスと大日とを混同した日本人は、その時から我々の神を彼ら流に屈折させ変化させ、そして別のものを作り上げ始めたのだ」「沈黙」遠藤周作 より

〇日本人は人間とは全く隔絶した神を考える能力を持っていない。日本人は人間を超えた存在を考える力も持っていない。」「沈黙」遠藤周作 より

〇日本人は人間を美化したり拡張したものを神と呼ぶ。人間と同じ存在のものを神と呼ぶ。だがそれは教会の神ではない。」「沈黙」遠藤周作 より


★通辞(通訳)や元司祭フェレイラと司祭ロドリゴとの問答も面白い。次回に~つづく~


柴犬カンチの足跡日記 
小さな坂を下りる時のカンちゃんは、下にいる人に受け止めてもらおうとして上からムササビのように飛びつく。
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(271) 
共通テーマ:映画

沈黙 -サイレンス- (2)個人的な覚書 ~つづく~  [映画]

キチジロー3.jpg
キチジロー(性格そのものは本当に善良だが、意志の弱さと一寸した暴力にも震え上がる臆病者であり、捕まるたびに何度でも踏み絵をして転んだ(棄教したふりをした?)。
そのたびにキチジローは、執拗に司祭ロドリゴの後を追い、罪の許しを得ることができる告解(懺悔)をした。

キチジローは言う
「踏み絵をば俺(おい)が悦んで踏んだとでも思とっとか。踏んだこの足は痛か。痛かよォ。俺(おい)を弱か者に生まれさせ(て)おきながら、強か者の真似ばせろとデウスさまは仰せ出される」      仰せ出される・・・小説の中の原文のまま     (遠藤周作 「沈黙」より)


キチジローとガルべ.jpg

銅版(踏み絵)のあの人は言う
「踏むがいい。お前の足の痛さをこの私が一番知っている。私はお前たちに踏まれるため、この世に生まれ、お前たちの痛さを分かつために十字架を背負ったのだ。」(遠藤周作 「沈黙」より)




「あれは鼾(いびき)ではない。穴吊にかけられた信徒たちの呻(うめ)いている声だ」
信徒たちはすでに転んでいるので、ロドリゴさえ棄教すれば、彼らを助けることができる。
ロドリゴ1.jpg
ポルトガル・カトリック教・イエズス会・司祭ロドリゴは転んだ。 岡田三右衛門と言う日本人名と罪人の妻子をもらい受けた。64歳没。


沈黙5.jpg


hahanarumono.jpg
「母なるもの」遠藤周作  新潮文庫
裏切者や背教者、弱者や罪人にも救いはあるか?



★キチジローのことを思うと泣けてくる。自分と重なるところがあるからだろう。
★皆様のところへはゆっくり訪問させていただきます。3月の初めまで投稿はお休みする予定です。


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(289) 
共通テーマ:映画

沈黙 -サイレンス- (1)個人的な覚書 序 ~つづく~     [映画]

沈黙4.jpg
監督 マーティン・スコセッシ 
2016年 アメリカ 165分

沈黙フエレイラ.jpg
教父フェレイラ(リーアム・ニーソン)

秀吉が従来の政策を変え基督教を迫害しはじめた結果、各地で切支丹が家を追われ、拷問を受け、虐殺され始めた。
徳川将軍もすべての基督教聖職者を日本から追放することにした。
ひそかに日本の地に隠れ残っていた基督教聖職者たちの中に教父フェレイラがいた。
長崎奉行の竹中采女(うねめ)は雲仙地獄の熱湯で基督教聖職者たちを拷問にかけた。
江戸初期、ポルトガルのイエズス会が日本に派遣していた教父フェレイラは、穴吊(あなづり・汚物を詰め込んだ穴の中に首を入れ、逆さに吊るされる)の拷問を受け棄教した。
教父フェレイラは沢野忠庵と言う日本名を奉行からもらい、死刑にされた男の妻と子もいっしょにもらった。
稀にみる神学的才能に恵まれ、迫害下にも不屈の信念を持ち続けていた教父フェレイラはなぜ棄教したのだろうか。
教父フェレイラは「私が転んだ(棄教した)のは、自分が3日間穴に吊られたからではない」と言う。
「(棄教したのは)穴吊りにされ呻き続ける信徒たちに対して、神が何一つなさらなかったからだ」と言う。
信徒たちが「棄教する」と言ったとしても教父フェレイラが棄教しない限り、彼らは許されなかった。



ロドリゴとガルぺ.jpg
司祭ガルペ(アダム・ドライバー)     司祭ロドリゴ(アンドリュー・ガーフイールド)

フェレイラの弟子だった司祭のロドリゴとガルペは、キチジローの案内で、マカオを経て長崎にたどり着く。
すぐに司祭を裏切る、まるでユダのようなキチジローや元切支丹のイッセー・尾形の井上筑後守、海の中に立てた十字架に縛り付けられ水磔にされながら聖歌を歌うモキチなどがとても興味深かった。
最後に転んだ司祭ロドリゴからもまた目が離せなかった。


司祭ロドリゴ(アンドリュー・ガーフイールド)
キチジロー(窪塚洋介)、井上筑後守(イッセー・尾形)、 通辞(通訳 浅野忠信)
モキチ(塚本晋也・映画監督)、 イチゾウ(笈田ヨシ)
彼らについての言及は~
次回につづく~


沈黙2.png
 踏み絵
「踏んだとて、心底の信仰がどうなるのでもない」遠藤周作「沈黙」より
★十字架(聖具)や聖画にあまりにも執着すると言うことは、偶像崇拝につながるのではないかと言う考え方もあるのだが・・・
★潜伏していた切支丹たちの信仰は、200年もの間司祭から指導を受けられず、悲母観音像を聖母マリアに見立てたりして、仏教や神道、民俗信仰と結びつき変化していった。




沈黙 遠藤周作.jpg
遠藤周作 新潮文庫


柴犬カンチの足跡日記
カンチの友の可愛いメリちゃん(推定8歳)が虹の橋を渡った。
メリちゃんは虐待を受け捨てられていた犬だったが、その後可愛がられ最後は安らかだった。
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(273) 
共通テーマ:映画