So-net無料ブログ作成
検索選択
漫画(コミック) ブログトップ
前の10件 | -

「花のズボラ飯 」 うんま~いレシピ なぜズボラ料理なのに泣くほどうまいのか [漫画(コミック)]

花のズボラ飯.jpg
花のズボラ飯うんま~いレシピ 監修久住昌之 画水沢悦子 原作秋田書店 編集主婦の友社


えっここ、これが料理
ああっ!と驚く 誰もができる脱力系料理
花ちゃんの料理は漫画本(レシピ写真付き)を買ってためさせてもらっております。
手でちぎりながら、濃厚マヨだれで、キャベツがモリモリ食べられる!!

野菜.jpg
キャベツ四分の一玉 簡単なのにおしゃれなおつまみ


「マヨキャベ」おすすめズボラ飯85

材料一人分
キャベツ四分の一玉

ソース各種 
みそマヨ  マヨネーズおおさじ1 みそ小さじ1
ピリ辛マヨ  マヨネーズおおさじ1 七味唐辛子少々
バジルマヨ  マヨネーズおおさじ1 バジルソース小さじ1




柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(220) 
共通テーマ:グルメ・料理

「花のズボラ飯 3」 原作 久住昌之   漫画 水沢悦子 秋田書店 [漫画(コミック)]

花の.jpg
花のズボラ飯 3  原作 久住昌之  漫画 水沢悦子  (35皿め~49皿め)15作品

一人暮らしの主婦による、伝説のズボラなお料理が続々と現れる。
36皿目「アジのなめろう・アジフライ・白飯・瀬戸内海の藻塩」を紹介

隣の御夫婦にアジ(魚)をもらうついでに料理までしてもらう幸せな花(主人公の名前)。
花はアジ(魚)を3枚におろせない。
「魚のあの顔、あの眼、あの骨、あのぐちゅぐちゅ、その後の手のにおい」
「魚をさばいたら病気になる」とまで思いつめている。
隣の奥さんからアジフライをもらう前に「アジのなめろう」をもらった。
それがものすごく美味しくて、「うま~~~あい」と叫んでしまう花であった。

なめろう.jpg
※「アジのなめろう」とは
アジを3枚におろして、皮をはぎ、細く切って日本酒をふりかけ、味噌と生姜をすったものを混ぜる。
包丁で混ぜながらとんとん叩く。
きざみ葱と千切りの大葉も加え、なめらかになったら出来上がり!
スダチを加えるのもよし。

後でアジのフライ(4匹分)をもらって、藻塩でぺロリ完食。
まことに幸せな読後感です。



★日記をつけていないので、覚書のメモとしてもブログを利用している。
10人~15人編成の7組の合奏を毎日やって、へとへとになるくらい忙しい1週間だった。
心臓に血がめぐって、手足がすみずみまで動くようになり、心が解放されると率直にものを言えるようになる。
が、ここが幸不幸の分かれ目である。
そこで自己コントロールが利かないと、言葉がやたらに暴走し始め、一方的な毒舌や双方の主義主張の違いによる揚げ足取りの末の喧嘩が始まるので、みんなには常々気をつけるようにお願いしている。
美空ひばりちゃんではないけれど、人間って軽はずみで可愛いいものですね♪と言えるには、解放と制御をコントロールできる訓練が必要になってくる。

★ブログ投稿の初めのころは、映画がテーマだったのだが、最近はやたらと本やコミックの紹介が多い。
よほど内容が知りたい映画は、Movie Walkerの映画のストーリーを読むし、ソネットブログの皆様の優れた記事を読ませていただけることもある。

★コメント欄を開いていないのは、お一人お一人に丁寧に対応できる余裕がないためです。
御返事が十把ひとからげ(ひとまとめにして対応する)になってしまっては申し訳ないし、少し余裕ができるまで閉じさせていただいております。
入りたてのころ、誰が書きこむのかエロコメントが入っていたこともありました。



柴犬カンチの足跡日記 おかさん(お母さんのこと)にマッサージをしてもらう幸せなわんこ。
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(217) 
共通テーマ:コミック

じわじわとしみ込んでくる異変 著者 近藤ようこ「月影の御母 つきかげのみはは」 [漫画(コミック)]

<眠れぬ夜の奇妙な話>

近藤ようこさんの作品で一番恐ろしかったのは、
私の場合、コミック「月影の御母・つきかげのみはは」(初版平成11年10月30日)だった。
月影の御母.jpg
蓮王丸と子猿のひょん太


少年蓮王丸は、産みの母を探して旅をしている。
もう亡くなっている母は、子猿ひょん太の体を借りて憑依し、蓮王丸の肩に乗り旅をしているが、蓮王丸はただの子猿だと思っていて、母だとは気ずかない。

蓮王丸は、母に化けた大うなぎ、おまえの母だと言いよってくる寺で働いている行き倒れの女、死んだ母たちの肉体をバラバラにして一人の母にした化けもの、母を名乗る白磁御前(付喪神・つくもがみ 器物が古くなると命を持って妖怪になる)、捨てられた赤ん坊を顔だけ残して竹に変え育てようとする石女(うまずめ)、蜘蛛の妖怪になってしまった父の正室(継母)などに出会う。
誰もが母になりたいのに蓮王丸の母にはなれない。哀れな母たちだ。
時々現れる線だけが引かれている、目や鼻や口のない女性の顔が、凄みを帯びていて怪しい。

蓮王丸の母は父の側室だった。
しばらくしてなかなか身ごもらなかった正室に赤ん坊が生まれると、蓮王丸の母がわが子である蓮王丸を跡取りにしたくて、蓮王丸を連れて正室の赤ん坊呪詛の旅に出る
正室の赤ん坊は呪詛が原因で死ぬ。
やさしい表情をした正室と側室の意識下の争いが哀れである。

悔しさのあまり腹に無数の蜘蛛の子を宿し、蜘蛛の化け物になってしまった正室は、蓮王丸を殺さんがため、屋敷で待っていたのだった。
正室は呪力で夫を蜘蛛に変え、夫が蓮王丸を助けようとするとバリバリと音を立てて食ってしまう。
「私がこのように浅ましい姿になったのはな、お前を待つ執念からじゃ」と蜘蛛の糸を吐いて蓮王丸に襲いかかるが、子猿のひょん太に腹を刀で裂かれる。
哀れにも蜘蛛の糸に巻いたミイラ化したわが子(赤ん坊)に顔を寄せて死ぬ。

漫画家近藤ようこさんの怪奇譚の迫力と力量は、うなされるくらいすごい。
それも哀れさ悲しさを漂わせながらっ迫ってくる。

次回投稿予定 じわじわとしみ込んでくる異変  
コミック「異神変奏」(いしんへんそう)著者 近藤ようこ


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(219) 
共通テーマ:コミック

花輪和一 コミック「コロポックル」と夏の履物 [漫画(コミック)]

★いつも一番下の最後に載せていたカンチャンのブログ。
今日はどうしても反映できなくて最初に載せ替えました。
柴犬カンチの足跡日記http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

★梅雨のうっとうしさの中で、仕事以外ずっと何もやる気が起きなかった。
動くと捻挫のせいで、あちこちを壁やテーブルや椅子にぶつけた。
従弟が脳出血で1人で亡くなっていたことも心に痛かった。
ひとつ嬉しかったことは、クラシック風の即興曲をピアノで弾くことができる30歳のFさんが現れたことだった。
私の土笛と合わせてみたが、美しさややさしさが刺激されるメロディが生まれてきた。


花輪和一 コミック「コロポックル」講談社
★コミックの題名はコロボ(ぼ)ックルではなくコロポ(ぽ)ックル
★コロポックル=コロボックル
★コロポックルとは、北の大地にはるかの昔から住むと伝えられる、不思議な妖精たちのことです(コミックの記述より)

縄文人の心を持った5歳くらいの少女が、北海道を旅する中で、妖精(コロポックルの少年)や虫の国の虫たちや豊かで綺麗な植物(オオイタドリ、蕗、山ぶどう、野ぶどう、せんにん草、さるとりいばら、ホトトギス、オオバコ)や蒸気機関車に出会う。
蒸気機関車は精密に描かれていて動く美術品の体をなしている。
コミック「コロポックル」花輪和一
本コロボックル.jpg

コロボックル.jpg  画面左 コミック「コロボックル」真ん中にある植物はオオイタドリ







桐サンダル.jpg
現在はいている桐のサンダル。捻挫のせいで6月から履き始めた。

こちらも現在はいている。
女下駄.jpg


欲しい健康下駄   岐阜県にある「嵯峨乃や」の健康下駄¥8640
健康下駄.JPG
nice!(235) 
共通テーマ:アート

闇がなければ・・・・  「陰陽師」11巻 白虎 [漫画(コミック)]

「陰陽師」 作画岡野玲子 原作夢枕獏  白泉社 全13巻



「あらゆる種は、闇がなければ発芽しないのだ」   陰陽師11巻白虎より
陰陽師2.jpg


昨年暮れからひきつづき、夜な夜な目がさえた時に1巻から読むというよりも眺めて過ごしている。
残り少なくなって11巻まで来た。
物語半ば、陰陽師の安部清明(あべのせいめい)と源博雅が闇について語り合っているところがある。
言葉を発しているのはほとんどが清明であるが。
私にはそのような体験がなく、俗悪で雑な生活の中で想像するばかりなので、よくは理解できないが書き出してみることにした。


清明
「人の心にあるなどという闇や、鬼の棲むなどという闇は、闇のうちにも入らぬ。」「真の闇の中に存在できるのは粋美(すいび)だ」 「真の闇とは、鍛え上げられ、研ぎ澄まされた、不純物のない剣や、磨きあげられた鏡と同じだ」
「命取りになるのは、自らの中の、曇った暗黒、すなわち情念だ」 「だから普通の者は、闇へは近づかない」

博雅
「おぬしは、その闇の底の底に立っているのだな」


清明
「たとえ深い井戸の底から、星を射抜くという雲をつかむような不可解な事も、それが最上で一番効率がよくそれ以上の方法がなければ実行する」
「あらゆる種は、闇がなければ発芽しないのだ」 




★見に行けた劇場映画は「6才のボクが 大人になるまで」


柴犬カンチの足跡日記ここhttp://blog.livedoor.jp/kanchi_m/クリック



nice!(277) 
共通テーマ:コミック

「孤独のグルメ」 文芸コミック(2) 絵・谷口ジロー 原作・久住昌之 [漫画(コミック)]

御訪問有難うございます。
所用が重なりますので、1週間~10日ばかり投稿はお休みにします。
皆さまの所へは少しずつ訪問させていただきます。
遅くなっても必ず拝見、拝読させていただきます。



映画「脳男」でショックを受けたのは、弟を殺した青年の志村(写真下・染谷将太)を、弟の姉の精神科医(女優・松雪泰子)が患者として治療に当たっていたけれど、青年の再犯(幼い子供の眉と髪を剃り裸にして傷付け、自分が留守の間は空の浴槽の中に閉じ込める)を防げなかったこと。青年の笑顔が不気味だった。
染谷.jpg



以下は、3年前に一度投稿した記事ですが、nice!(0) コメント(0)でしたので再投稿させていただきました。

「孤独のグルメ」 文芸コミック(2)
第9話「藤沢市・江ノ島の江ノ島丼」

井之頭五郎は、江ノ島を歩きながら昔一緒に歩いた恋人のことを思い出す。
昔からあった饅頭屋にたどりつき、できたてのあつあつの饅頭をほうばりながら「ああなんだかいいな」とつぶやく。
彼女ともし結婚していたら今頃は子供ができていて、こんなにのんびりとは構えていられなかっただろう。
漫画を読んでいるこちらも、この寂しさなんだかいいなと思ってしまう。
シーズン前の江ノ島の、海辺の家風な店で、井之頭五郎は、蟹の味噌汁と特筆すべきこともないおしんこ(2種)つきの江ノ島丼とさらにサザエの壷焼きを注文した。
江ノ島丼は、ご飯少なめでサザエと卵が入っており、きざみのりがふりかけられている。
第1話で野菜炒めをたのんだ時には、豚バラだけを炒めたものだったので、豚汁と豚がダブってしまっていたがその時と同じく、ここではサザエがダブってしまっている。
猫とトンビにねらわれて、「サザエの壷焼きよりも、焼きハマグリの方が良かったかもしれない」とつぶやきながらサザエを味わうところが面白い。
三度三度飯さえ食えれば人生安泰という雰囲気を醸し出すところが、かえって本来人生とはそういうものだったのではないかと納得させられる。


江ノ島丼セット 1300円    サザエの壷焼き 850円

nice!(219) 
共通テーマ:アート

コミック 「マッドパパ」 関よしみ著 ぶんか社 [漫画(コミック)]

「マッドパパ」 関よしみ著 ぶんか社
マッドパパ.jpg
個人的な絵の好みはさておき、家族が今までの家族ではなくなるという、現実生活の中に潜んでいる恐怖がじわじわと伝わってくる漫画のストーリーに強く魅かれた。
最後は、大人たちの事件の余波が、現実生活の裏で、やわらかな心を持つ子供たちに、緩やかではあるが破壊的に作用していたことを知り愕然とする。


~~~~~以下内容に触れています~~~~~




日本のある市に、中学2年生の藤井凡子(ふじいなみこ)と小学生の弟と父母の4人家族が住んでいた。
授業参観中には大いびきをかいて居眠りし、風呂上がりには裸で歩く人のよいパパ、口やかましいママとで仲良く平凡な毎日を送っていた。
藤井家の隣には妻が蒸発した、酒乱の父親の桑原と就学前の娘が住んでおり、娘に乱暴を働く酒びたりの荒れ狂った毎日を送っていた。

1泊するだけで、身も心も生まれ変われるカウンセリングセンターができた。
案内書を配布して回っていた市長が、通りがかりの人に乱暴を働こうとした酒乱の桑原を強制入院させた。
たった一日で、まっとうな挨拶をすることが出来、更生した酒乱だった桑原が戻って来た。

藤井凡子(ふじいなみこ)とママは、「だらしないパパは大嫌い」だと怒り、パパをカウンセリングセンターに送りこみ、続けてママまで1日入院をしてしまった。

パパとママの顔つきが変わり、おならも小言もなくなった代わりに、変なことが起こり始めるのだった。
パパは、スポンジ入りのみそ汁を作り、酒乱だった桑原は、「ハン、ハン、ハンバーグ」と言いながら藤井家の台所に勝手に上がり込み、ママはニコニコしながら包丁を振りかざして自分の手を切り、凡子を追いかけて来た。
3人とも首の後ろに金属チップを埋め込まれていた。


町では排気ガスを出す車は崩され、異様な潔癖性を持った暴徒が、お互いに人を非難し始めるのだった。
市内中そう言う大人で溢れてしまい、おかしなことをやり始めたので、市長により早急に金属チップははずされることになった。
元に戻った大人たちは、金属チップにコントロールされていたことは何も覚えていなかった。
桑原は元の酒乱に戻り、パパは元どうりにだらしなくなった。


短期間の間、パパやママたちから潔癖に育てられ、指図を受けた子供たちが、金属チップも埋め込まれていないのに、集団をなして「全体ススメ!」などと号令をかけはじめ、顔つきが変わって、だらしない大人たちの落ち度を裁くようになったところで物語は終わる。

「マッドパパ」目次
1)マッドパパ
2)マッド・ストーカー
3)マッド・サマースクール
4)ウイルスの牙
5)甘い蜜の罠
6)鮮血の法則
7)裏切りのダンクシュート
8)血染めの美学
nice!(218) 
共通テーマ:コミック

漫画「花のズボラ飯」 原作 久住昌之   漫画 水沢悦子  [漫画(コミック)]

漫画「花のズボラ飯」1巻秋田書店
エレガンス イブ(ノンジャンルコミック誌掲載)
花のズボラ1.jpg

おおらかでふくよかな駒沢花(こまざわはな)30歳は本屋にパートで勤めている主婦。
夫ゴロさんは1巻目福岡、2巻目は神戸に単身赴任中だが、夫婦仲はいたって良い。
ゴロさんの食べっぷりはほれぼれするほどよく豪快らしい(漫画の画面には出てこない)
駒沢花は、手間がかからず、それでいて美味しい「ズボラ飯」を作って大感激しながら食べている。
料理を感激いっぱいの言葉を交え、一人パーテイをしながら、楽しんでにぎやかに食べている。
いまどきの女性で、片づけられない症候群の仲間の一人。
部屋は散らかしっぱなし、夫が帰ってくるときだけは、大忙しで大掃除をしている。
掃除洗濯もたまにやる時はやっている。
病気のために子供の出来にくい体だが、2巻目で同級生の女友達のミズキに子供が出来た時は祝福する。
1巻は1皿目~17皿目まであり、2巻は18皿目~34皿目まである。
大まかで可愛くて憎めない。
大ヒット中で、写真入りのレシピ本も出版されている。
久住昌之原作の漫画「孤独のグルメ」もテレビ化されたが、同著者原作の「花のズボラ飯」も2012年10月からテレビ東京系で放映が決まっている。
卵かけや猫まんまも美味しそう。


夏だけれど鍋物を紹介。
1巻 22皿目 「白菜ベーコン鍋」
白菜を鍋に丸く並べ、次にベーコンを並べ、白菜を並べ、ベーコンをと次々に並べ、コンソメも詰め込む。
塩胡椒をぱらぱら。弱火で煮る。水は一切いれず白菜から水が出てきたら普通の弱火に変える。
下ごしらえ5分、20分で出来上がり。

                                                                                                             
漫画「花のズボラ飯」2巻 秋田書店
エレガンス イブ(ノンジャンル・コミック誌掲載)
花の2.jpg


レシピ本 「花のズボラ飯」うんま~いレシピ  主婦の友社
花のレシピ.jpg
nice!(203) 
共通テーマ:アート

ほんわか江戸グルメ  雑学コミック 「大江戸 酒道楽」 酒と花の歳時記    ラズウェル細木  [漫画(コミック)]

大江戸酒道楽(2).jpg
著者 ラズウェル細木 リイド社


目次 三十一話「ねぎま鍋」 (三十四話中)

三度の飯より酒が好きな大七(だいしち)は、酒を担いで売ってまわって生計を立てているが、商品に手をつけては、かみさんのお福久に怒られてばかり。
寒くなれば、「ちょっと おもての山茶花でも見習いなよ。寒い中でがんばってきれいな花咲かせてサ」 などとかみさんに尻を叩かれて商いに出てゆく。
夕方から寒くなって来たので、いつもの店で、かみさんには内緒でねぎま鍋で一杯やることにした。
ねぎま鍋は、ネギが主役で、まぐろの腹身(トロ)が入っている。
その頃は赤身が珍重され、トロは安価だった。
「鍋に熱燗、こいつぁ堪えられねえや」と言ってネギを口に入れたとたん、ネギ鉄砲をくらってしまう。
アツアツの芯が勢いよく飛び出し、「 飛び道具は御法度だぜオヤジ 」 「 討ち死にしねえでよかったな 」などと軽口をたたいているうちに、時がのんびり過ぎて行った。
「あとはサラサラっと茶ずけでも」と思いながら家に着くと、かみさんが作ったねぎま鍋がぐつぐつと音を立てているのであった。

☆江戸時代の酒売りが売った酒名  高級清酒は諸白(もろはく)、濁り酒は中汲み(なかぐみ)と言った。
   売る時の声は「もろはく~  なかぐみ~」だった。
   ふっくらした人情豊かなお話が満載。狐に化かされたり、ふぐを恐る恐る食べたりしていた。もちろんくじらも。
   特別収録付き (戦国食噺 二代目服部半蔵)
   特別コラムも面白い(江戸名所図会・呑み助花暦・大江戸花図鑑・大江戸食図鑑)



大江戸 美味草紙 上巻(二十一話~)  著者 ラズウェル細木 リイド社
大江戸美味草紙 上巻.jpg

大江戸 美味草紙  下巻(~四十二話)著者 ラズウェル細木 リイド社
大江戸 下巻.jpg



大江戸 美味草紙(下巻)二十四話 桜鯛

江戸のべストセラー作家のお花と、地本問屋の旦那の夫婦がくりひろげる粋で美味しい食と遊びの歳時記。
食の原点は江戸にあり。

江戸の桜の頃、料亭には今日に限って桜鯛が一尾も入荷しなかった。
材木の商いで大もうけをした旦那が、今朝がた魚河岸で上がった桜鯛を買い占めてしまっていたからだ。
「やることが下品じゃな」、「無粋極まりない」と言っていた旦那衆も、材木商の席に呼ばれての大盤振る舞いに大喜び。
「今日はここでしか桜鯛にお目にかかれない」となってはもうなしくずし。
余興の料亭の2階の座敷からの、餅まきならぬ鯛まきにも大満足であった。


★ラズウェル細木 その他著作多数。(未読につき未紹介)

nice!(295) 
共通テーマ:アート

コミック「HOTEL」ホテル 時代は移っても情はすたれない  ホテルは生きものだ 石ノ森章太郎・25巻(小学館文庫) [漫画(コミック)]

<ホテルプラトン東京の信条>人の生き方にも通ずる
ホテルは機械や通信システムが動かしているのではありません。人間が動かしているのです。
★ホテルは生きものだ。愛や喜び、そして悲しみや憎しみ、裏切りまでも内蔵する巨大な生きものだ。
★ホテル・・・そこは一つの都市、そこに生きる人間模様を受けとめ、世界屈指のこころあたたまるホテルを作りたいそれだけです。


コミック「ホテル」 小学館文庫 全25巻・331話
1巻 著者石ノ森章太郎
ホテル1巻.jpg

コミック「ホテル」(ムック) マネージャー東堂克生
※ムックとは、マガジン(雑誌)+ブック(書籍)の造語
ホテル ムック2.jpg

登場人物の一部(ムック)  佐伯真理(社長秘書) 赤川一平(フロント)
コミック ホテル 登場人物.jpg


東京の高級ホテルプラトン」の従業員と様々な難題を持ちこむ客との人情味あふれる物語。
琴線に触れる心温まる物語である。
プラトンホテル東京が、いつも活気に満ちていて、笑顔が満ち溢れるためには、それなりの深い信条と努力がいるのだが、無駄を一切省いて他を切り捨ててゆくと言う合理的なやり方はとっていない。
プラトンホテル東京では、インターナショナル担当の東堂マネージャーを中心に素晴らしいプラトン・マインドが展開されている。

22巻(288話)の紹介
人気の高い東京のプラトンホテルに、世界の政治・経済・文化をリードしていると言われるニューヨークにあるプラトンホテルから、プライドの高いマネージャーのライアンが調査にやって来る。
なぜ東京のプラトンホテルに人気があり、同僚やお客にこれほどまでに信頼されているのかが、分からないのだ。
まず、日本はチップを取らないことに驚く。
彼は、プラトンホテルの従業員が、給料も高くない、チップももらえないところで、何のために働いているのか理解できない。
沢山の修羅場体験に裏打ちされた日本の東堂マネージャーのプラトン・マインドは「お客様の喜ぶ顔を見たいから一生懸命にやる」と言う簡潔なものだった。
ホテルプラトン東京の東堂マネージャーはニューヨークのプラトンホテルの建て直しを、ライアンに見込まれて頼まれてしまう。
東堂は、見かけは頼りないが、誠実さにかけては愚直なほどの赤川一平にニューヨークに行ってもらうことにする。
赤川一平は、とことん無私の仕事を心がけることによって、人々を癒していく。
難題苦難の中、お客や同僚の中に飛び込んで溶け込み、心をつかんでしまう話である。
コミック「HOTEL]全25巻 331話。
nice!(221) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 漫画(コミック) ブログトップ