So-net無料ブログ作成
震災と映画 ブログトップ

仮設住宅不足 原発処理長期化 吉村昭「三陸海岸大津波」 劇場映画「ザ・ライト エクソシストの真実」 [震災と映画]

ひどい所では10メートルから30メートルの高さがある大津波によって、三陸海岸沿いの街や港が倒壊してしまった。早期の復興が望まれる。
自然の猛威の前にはなすすべもなく、放心状態に陥りつつも、あまりにも悲惨な受苦であったため言葉をなくし、大きな傷を隠しながら笑うように心がけ、皆で国の立て直しを図ろうとし、それぞれの持ち場でそれぞれが個々に思う普通の日常生活に大まかに戻ろうとしている。
津波に運ばれていった人々の事を思うと、あまりのつらさに、生き残った者は呻吟せざるを得ない。
今のところ原発処理の期間は9か月間かかると言う発表だが、ほんとうにそうなのだろうか。
原発から30キロ圏内の土地が、置いていかざるを得なかった動物たちだけが走り回るゴーストタウンになってしまうのはあまりにも恐ろしく悲しすぎる。
「先も長くないので故郷から動きたくない」と言われるお年寄りの病気の方々をどうするつもりなのだろうか。


小説家の故吉村昭さんが7年前に書いた「三陸海岸大津波」(地方史)と言う本を読んだ。
明治29年三陸海岸を襲った大津波の高さは、50メートルもあった。
それ以後の津波も大多数は10メートルを越えたものばかりだった。
津波の数ヶ月前から海藻(川菜)が、濃い密度で磯を縁取り、鰻の大群が現れた。
津波の前には井戸の水が白か赤に濁り始め、夜になると青白い怪しげな火が沖合に出現した。
海に著しい変化が起こっていたのだ。
1958年7月にアラスカのリツヤ湾を襲った津波は史上最高のもので地上500メートル(50メートルの間違いではない)の高さにまで達した。
1771年4月24日、石垣島を高さ85メートルの津波が襲った。
昭和8年、昭和35年にも10メートルは優に越える津波が三陸海岸を襲っている。
とにかくひどい地震に見舞われたら夜中でも黎明でもすぐに高台に逃げることが先決である。
数限りない津波の襲来を受けていても、なぜ人は高台に移らず、津波を受けた同じ場所に家を建設するのだろうか。


劇場映画「ザ・ライト エクソシストの真実」 監督ミカエル・ハフストローム
2011年 アメリカ
<悪魔の存在を信じると言うことは神を信じることであるという台詞が何度も使われている>
21世紀の現在にも実在している悪魔祓いを天職とするエクソシストは、バチカンが公認した職業である。
エクソシスト養成講座は7年前から毎年1回バチカンで開かれており、エクソシストは300人ほどになった。
キリスト教で言う悪魔は、エクソシストによって自分の名前をつきとめられるか、明かさなければならない窮地に陥った時に、自分の名を白状してしまった場合、退散せざるを得ない。
1973年のドラマチックな映画「エクソシスト」(監督ウイリアム・フリードキン)では、悪魔の名前は「パズズ」。
今回の映画「ザ・ライト エクソシストの真実」では「バアル」である。
バアルとは蝿の王(旧約聖書)、ネコとガマガエルに姿を変える悪魔のかしら(新約聖書)、ルシファーの右腕(悪魔学)と言われている。
パズズはメソポタミアの邪悪な熱風の神で4枚の翼とライオンの顔と爪を持っている。
人にとりついている悪魔は、まずはいないふりをしているが、エクソシストとの対決の時は、信仰に対して少しでも懐疑心を抱きひるんでしまうことがあると、司祭は悪魔に憑依された人間と共にズタズタにされる。
悪魔を人の体内から追い出し、豚の体内に追い払って海に墜落させる奇跡を行ったキリストの名において悪魔を祓わなければならない。

映画「ザ・ライト エクソシストの真実」では、何千回も悪魔祓いをやったことがあるベテランの神父のルーカス(アンソニー・ポプキンス)と、葬儀店を営む父に育てられ不快なものや気味の悪いものにも耐えられる新米の司祭マイケルと、精神的な病を持っていた(悪魔に憑依されていたかもしれない)弟を見捨てた女性記者のアンジェリーナが登場する。
それぞれ過去の人生において苦しい思い出を持っている3人は、過去の出来事について悪魔から指摘されなじられて動揺する。
精神科医や心理学者とエクソシストは協力し合うのだが、医者や科学者が説明できない事が一つある。
悪魔は、人が誰にも話したことのない、本人だけしか知らない、個人的な過去の罪や傷を熟知していて、あばきたてる。
本人以外誰も知らない事を悪魔が知っている事に驚くエクソシストや介助者を、揶揄し、嘲笑しひるませるのだ。
悪魔は常に執拗にゆさぶりをかけてくる。
悪魔に憑依された身重の少女や少年を、悪魔祓いで助けようとするがてんで歯が立たない。
悪魔の存在を痛感すると、イエスと精霊と神の名において悪魔を祓うことができる。

脚本家のマイケル・ペトローニが脚本に書かなかった実話と言うのが映画のパンフレットに載っている。
ある神父から脚本家が聞いた話として、信じてもらえない可能性があることを前提に述べられている。
悪魔に憑依された女性がバケツ1杯分の精液を吐きだし、神父が身につけていたガラス製のロザリオが粉々にされ、階段に円錐形に並べられてあった話など、あまりにも恐ろしすぎたりすると編集段階でカットされるそうだ。
1973年の映画「エクソシスト」では、悪魔に憑依された少女の首が360度回り、緑色の液体を吐いたが、今回の映画「ザ・ライト エクソシストの真実」 では妊娠した少女が、釘を何個も吐き出し、出血多量で亡くなる。
蛙が部屋中に散らばり、悪魔の使いの馬が現れ、神父自身が悪魔に憑依され、祝福して下さいと言う少女を殴ることがあった。

エクソシストが出てくる著作
島村奈津著 「エクソシスト急募」「イタリアの魔力」 
ラルフ・サーキ著(ニューヨーク市警) 「エクソシストコップ」
トレイシー・ウイルキンソン著 「バチカン・エクソシスト」

















nice!(301)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

想定外の天災以後の人災 避難住民 汚染拡散   劇場映画「再会の食卓」 [震災と映画]

地震から1か月もたつのに、欲しい物資が行きわたってない地域の避難住民がテレビで助けを叫んでいる。
原発では汚染水が大量に海に流されたが、国際法にひっかからないのだろうか。
東日本大震災は戦後最大の危機をもたらしているが、毎日のように頻繁に起こる余震による津波の心配があり、元の場所に家屋を建設することはできないと言われている。
卓越なリーダーの出現と、確固とした方針の実行が待たれている。


劇場映画「再会の食卓」
2010年 中国 監督ワン・チュエンアン

1949年の中国、蒋介石が率いる国民党軍は中国共産党軍との戦いに敗れ台湾に逃れた。
台湾に逃れた国民党軍の夫と上海に残ってしまった妻とはその後40年間会うことがなかった。

生き別れになってしまった妻(玉娥 ユィアー)と夫(燕生 イエンション)は、それぞれ上海と台湾で再婚した。
夫は台湾で再婚した妻に死なれ、40年ぶりに上海に住んでいる元妻の(玉娥 ユィアー)に手紙を書いた。
元の夫は、帰郷団の一員として、新しい家族をもっている元の妻を上海に訪ねる。
40年ぶりに会った元の妻の玉娥(ユィアー)と2人の男性、元の夫の(燕生 イエンション)と現在の夫(善民 シャンミン)が、時には上海の家族と共に、酒席の食卓を囲み、御馳走を分かち合うことで、気持ちがほぐれ、徐々にお互いの心の深奥を知ることができ、ストーリーの展開が行われてゆく。
食卓は狭い場所で皆で囲む時もあれば、3人で囲む手ずづくりの蟹料理であったり、外食であったり、家の外の路地にテーブルを作って急な雨にあい、あわてて皆で片づける食卓であったりする。
玉娥(ユィアー)には元の夫との間には長男がおり、現在の夫との間には2人の娘がいる。
元の夫は元の妻を台湾に連れて帰りたいと申し出る。
娘たちは、妻が亡くなったので元の妻を台湾から取り戻しに来る、虫のよい元の夫(燕生 イエンション)をなじるが、現在の夫(善民 シャンミン)は、元の夫(燕生 イエンション)を丁重にもてなし、御馳走をいっしょに食べ、決して強い言葉を吐きかけたりしない。
はじめは現在の心やさしい夫の善民(シャンミン)は、妻を元の夫に返すことについて承知したものの、国民党の夫の燕生(イエンション)の子を身籠っていた玉娥(ユィアー)と共に40年の歳月を、共産党の国で差別されながら生きぬき、苦労を共にして来た事を、酒席でしゃべり始め、勢いで隣の席にいる他の客に喧嘩を売り殴りつけようとする。
歴史に翻弄された結果、夫の善民(シャンミン)が、ほんとうに殴りつけたかったのはだれだったのだろうか。
元の夫(燕生 イエンション)と台湾に行く決心をしていた玉娥(ユィアー)は、結局は行かない決心をする。

次回予告 劇場映画「ザ・ライト エクソシストの真実」


nice!(255)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

同時複合危機の只中 津波後の復興と原発事故修復  劇場映画「トゥルーグリット」  「シチリア!シチリア!」 [震災と映画]

被災され、まだまだ寒い中、避難所暮らしをされている皆様、御遺体がいまだに見つけてもらえない皆様の魂の平安を胸を殴打する気持で祈っています。
自衛隊の皆様、放射能物質処理をしていらっしゃる作業員の皆様ありがとうございます。

明日を思い煩うなと言う聖句があるが、津波でやられてしまった三陸の街が皆の懸命の努力で復興したのちに、また同じ規模の津波に襲われたらどうなるのだろうかと思うと、虚しくなって脱力感を覚えるようになった。
津波の来襲が5年後、30年後、1000年後であっても誰かが怖い思いをするのである。
人為的に作った堤防では現在、いくら強固であっても津波を防ぎきれないと言うことなので、三陸海岸に住む人たちは、常に危険にさらされていることになる。
津波を止めることはできないので、津波が町に押し寄せてきた時に、街全体を包み込んでカバーする透明で巨大なベールが欲しい。
ベールには、海水を空に向かって飛ばして散らす仕掛けがあるので街は大丈夫である。
また地震の力を分散させる装置が欲しい。
安心して魚を捕ったり、海岸で遊ぶことができる。
波打ち際で遊んででいる時も、津波を想定して恐怖を抱いていた自分がいた。
海で泳いでいる時は、必ずどこかでサメやウミヘビ、シャチなどの出現を恐れていた。
必ず今ある平穏を、そうでなくすることがどこかに潜んでいて、思いがけない時に災害が起こることを心配していた。
危機を感じて生きることは死と隣り合わせに生きることである。
故障した原発の建物を、コンクリートで固めて放射性物質を閉じ込めてしまおうという案も出ていると聞く。
いつ何時コンクリートにひびが入るかわからないことを覚悟して、無事だった一日に安堵する毎日を送ることになるだろう。
怪物的な原発とつき合いながら恐れるのではなく、ちゃんと愛し対話することが肝心なのだが、できるのだろうかそんなことが。
地震の力によって土台が危うくなり、破壊されて荒れ狂い始めたら手がつけられなくなる原発であるならば、中止する方向に持って行かなければ、人類が滅亡するかもしれない。
それでも有難くも食事をして電車に乗り仕事場に行く自分がいる。


劇場映画「トゥルーグリット  真の勇気」  監督 コーエン兄弟

西部劇には、銃弾で打たれるにせよ噛みつかれるにせよガラガラヘビなどの毒蛇がつきものである。
父をならず者の雇い人に殺された交渉事でも弁のたつ14歳の少女マティが、大酒飲みだが腕のいい連邦保安官を雇い、テキサス・レンジャーの男も仲間に引き入れて、父の敵を打つ。
吹雪の森の小屋、漆黒の森の中、川のほとりで荒くれた男たちに混じって父を殺した男を見つけ出し、撃たれる前に男を撃った瞬間その衝撃で岩穴に落ち込む。
そこに毒蛇がいて腕を噛まれてしまう。
彼女は命は取り留めたが、片腕を切り落とさなければならなかった。



劇場映画「シチリア! シチリア!」 監督ジュゼッペ・トルナトーレ(名作ニューシネマパラダイスでおなじみの監督)

こちらの映画も健康な主人公の悪夢の中に何十匹もの黒蛇を登場させうごめかせている。
貧しい牛飼いの一家の少年ペッピーノの人生讃歌の物語である。
大人たちにたばこを買いに走らされる少年が、青年に近い映像と重ねられ、大人になったペッピーノと再び重ねられるはこび方が時を超えて幻想的でもあった。
ペッピーノは、教科書をもってこなかったので、女教師に殴られ立たされている途中で眠ってしまう。
その間、恋人と出会い結婚し、共産党に入党し、言うことを聞かない娘の頬をたたいてイヤリングを飛ばしてしまいそのイヤリングが見つからない、遠く離れた所へ働きに行く息子を駅まで送ってゆく物語が進展してゆく。
映画の最後の所で中年になったペッピーノが、彼が子供のころ昔住んでいた家が崩されている場面に立つ。光るものを見つけるが娘のイヤリングだった。
そして気付いて見ると少年のころ立たされていた学校でぺっピーノは目覚めたのだった。
画面の切り替えがバシバシと行われ、笑ったり怒ったり泣いたりしながら時間は自由気ままに移り変わってゆく郷愁漂う、騒々しいストーリーだ。
1つの石が、連続して3つの岩に当たると幸運が訪れ願いがかなうと言う山がある。
最初は当たらなかったが映画の最後に当たる結構楽観的な明るい気持にさせてくれる映画だった。

今後期待する映画
1)「ブラック・スワン」 白鳥の湖の黒鳥が主人公のバレリーナにのりうつるらしい。
2)「ザ ライト エクソシストの真実」 アンソニー・ポプキンスが悪魔祓いの神父役 日本の惨事で延期された。




nice!(243)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

避難生活 被爆者 放射能汚染 ・ 映画「ローラーとヴァイオリン」タルコフスキー [震災と映画]

ひとまず被災地の高台の建物に非難なさっている方々だけにはアンケート用紙が配られ、仮設住宅が準備される所も出て来ましたが、誰が陣頭指揮をとっているのかよく分からない原発内で作業をなさっている、民間会社の作業員の方々が心配です。また放射能被害は大したことはなく大丈夫だと言われていても、信じてよいものかどうか、そのままそれを信じるしかなくその土地から赤ちゃんを抱えて動けない方々もおられます。行方不明者や亡くなった方々の人数が2万7000人を超え、避難生活をなさっている方々の不安は日々重くなり、先行きが見えません。切り刻まれた情報をつないで状況を把握し、地面にめり込むほどの気持で祈ることしかできません。


映画「ローラーとヴァイオリン」
監督 アンドレイ・タルコフスキー処女作 1960年 46分 カラー

7歳のサーシャ少年が弾くヴァイオリンの音色は、驚愕的な妙技と黄金の鳥の叫びのような情感を閃かせている。まるで大人の聡明な天才が弾いているような音色だ。
曲名はわからないが本当に少年が弾いているのだろうかと思うほどの深い音色だ。
通っている学校の、教則本どうりに指導するだけが個人レッスンだと思っている中年の女教師には、詩を愛する少年の弾く、「夏の雨」や「青い空」は解らない。

「ヴァイオリンを弾くサーシャ少年と労働者のセルゲイ青年との交流」
ヴァイオリンを習っているサーシャ少年を、他の少年たちは執拗につけ回しいじめるが、アパートの前でローラーで整地作業をして働いているセルゲイ青年に助けられる。
ヴァイオリンがいたずら盛りの少年たちに崩されるのではないかと心配したがそれはさすがになかった。
災害や不可抗力で崩されるのならまだしも、楽器がむやみに崩されることには耐えられない。
前衛の踊りの舞台で、ギターが何度も投げられたあと真っ二つにされ、電子オルガンが足で蹴られながら弾かれ、電源につながったコードが引きちぎられるのを見たことがある。
現実を破壊し、新しい未来を希望すると言う訴えはわかるが、目の前で具体的な楽器が手当たり次第に崩されてゆくのは見るにしのびない。
セルゲイ青年は昼休みにサーシャ少年を食事に誘う。
パンと瓶に入った牛乳をラッパ飲みにする昼食のあと、サーシャ少年はローラーに乗せてもらい、運転もさせてもらう。
ローラーのエンジン修理の手伝いをしたお礼に、くずれたヴァイオリンケースをセルゲイ青年に直してもらう。
サーシャ少年が、セルゲイ青年にかまってもらえなかったかどうかして、癇癪を起し、命の糧であるパンを地べたに投げつけた事がある。サーシャ少年はセルゲイ青年から、強い勢いで威厳をもってこっぴどく注意される。
やってはならないことがあることをサーシャ少年は学ぶことができ、日追うごとに少年と青年の友情が育って行く。
雨が降り、水溜りができ、周りの家の壁にゆっくりとひびが入り、静かに解体されて行く情景は、くっきりと彫が深く、圧倒的な美しさでタルコフスキーの水の美学に満ちている。
2人の友情はサーシャ少年の母によって阻止されるが、約束していた映画に行けなくても、しばらく連絡できなくても、温かい交流は密に胸に刻み込まれ、一生涯、脈々と命の中で生き続ける。

セルゲイ青年「ヴァイオリンは何時まで習うんだ?」
サーシャ少年「先生は一生かかるって言うよ」

サーシャ少年はセルゲイ青年のためにヴァイオリンを弾く。
聞いているセルゲイ青年の表情に、崇高な感情のようなものが流れ込み、その感情は元からセルゲイ青年にあったもののように合流し満ち溢れる。
美しいものに対する憧れが波のように広がり、波は濃淡の影を伴なって落日のように彼の中に沈んでゆく。
曲が終わるとうれしそうな顔をした青年は仕事にもどる。

nice!(221)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

放射能汚染 救援物資 仮設住宅  ・  劇場映画「アレクサンドリア」 [震災と映画]

地震による原発事故の放射能漏れによる水や牛乳や野菜の汚染が世界中から注目され問題になっている。
主に乳幼児や子供たちのことが心配されている。
北陸の人たちのためには、仮設住宅が準備され始めていて、全員に行きわたるためには時間がかかると言われる。
今回は災害から免れ、しかしいつ何時災害に見舞われるかも知れない一般市民は、自分に関わりのある人たちに声をかけ、個人的な支援をすることしかできないが、少しずつやって行っている。
個人的なことへの言及はひかえるべきかもしれないが、地震や津波や原発の建物が映るテレビを見過ぎたためか、大きな爆音や水の音を聞くと恐怖を覚えるようになった。
毎夜扁桃腺の熱が出て悪夢を見ても、3回ともリハーサルや発表会は休めなかったので、その時は良かったが疲労が蓄積してあとで苦しかった。
やっと仕事を休むことができ、十分な睡眠をとり、仲間と食事をし言いたいことを言って笑い、真面目なことも話し、亡くなられた皆様や行方不明の皆様のご冥福を祈り、被災地の復興を深く願うことで元の状態に近くなった。


映画「アレクサンドリア」2009 スペイイン

4世紀末のエジプト、学術文化都市アレクサンドリアに生きた、頭脳明晰で美貌の持ち主の女性、天文学者であり、哲学者であり、数学者であったヒュパティアの誇り高い受難の物語である。
アレクサンドリアの都市のセットを作り、通信衛星を使って地球全体から、アフリカ大陸の上部にあるエジプトを映し出してアレクサンドリアに迫ってゆく映像はみごとなもので感動的だった。
アレクサンドリアには世の叡智を集めた図書館があり、彼女は30歳にして哲学学校の校長になり、若者たちと自由な討議を行っていた。
アレキサンドリアのエジプト人の宗教は、古代の多神教であったため、奴隷制度が残っていた。
エジプトの下層階級からキリスト教に改宗する者たちも多く現れ、もう1つの勢力だったユダヤ教ともつばぜり合いが起こり、お互いに迫害しあい、アレクサンドリアのヒュパティアたちが守っていた大図書館はつぶされ蔵書は焼かれてしまった。
ヒュパティアは空を見つめながら、部屋の中に砂地を作り、その中心に棒を立て紐を結び、宇宙の星たちの関わり方の実験を繰り返し、地球を中心として他の星たちが円で回っているのではなく、地球が太陽の周りをまわっていると言う地動説を唱え、星の軌道は円ではなく、楕円を描いていると言うことを唱えたので、その頃のキリスト教徒からは異端視されていた。
エジプトの多神教では他の宗教も認めていたが、キリスト教は排他的選民主義で他宗教に対しては撲滅行為を行っていた。
ヒュパティアは、キリスト教徒に道を歩いているところを捕えられ、魔女だとののしられ、石打ちの刑で虐殺される。
<新訳聖書によると>
イエスは、娼婦を捕えて来て口々に彼女を罵しる者たちに言った。
「罪の無いものはこの女を石で打て」となっている。
だれも石で打つ者はいなかった。

アレクサンドリアのキリスト教徒たちは暴徒と化し、ヒュパティアに石を投げて殺し、科学的な自由な思索も葬ってしまった。
一説では牡蠣ガラで彼女の肉をそいだとも言われている。
中世の暗闇、魔女狩りにもつながってゆく。
ヒュパティアの肉体は殺されたが、彼女の究明した真実の学問は残り、引き継がれている。

彼女を慕う、立場の違う男性たちの苦悩を受けて、女優レイチエル・ワイズが、知性的な女性科学者・哲学者ヒュパティアを静かに演じている。




nice!(176)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
震災と映画 ブログトップ