So-net無料ブログ作成
テレビ ドラマ他 ブログトップ

海外テレビドラマ 時の旅人「アウトランダー」(よそからきた者)シーズン1(16話) [テレビ ドラマ他]

夫.jpg
従軍看護婦だったクレア(カトリーナ・バルフ)は、第二次大戦後、5年間離れ離れになっていた夫フランク・ランダルとスコットランドのインヴァネスに旅行する。



ストーンサークル.jpg
クレアが、ストーン・サークルの巨石に手を触れると、1945年から200年前のスコットランドにタイムスリップしていた。
20世紀に夫と歩いた遺跡や古い建物の中を、18世紀にもう一度歩くことになる。
これは心に郷愁のような不思議な感覚を呼び寄せた。


夫2.jpg
クレアは1743年のスコットランドの森に来てしまっていた。
夫のフランクにそっくりなイングランド軍将校のブラック・ジャック・ランダル(夫の祖先・陰湿な変質者)に襲われるが、スコットランド軍に助けられる。


騎乗の二人.jpg
クレアはスコットランド軍の負傷したジェイミー・フレイザー(サム・ヒューアン)の傷の手当てをし、リアフ城に同行する。

二人.jpg
騎乗の二人はジェイミーとクレア まさに白馬に乗ってやってきた王子様だ。
聡明で意志の強いクレアは治療師として認められ、リアフ城の客となる。
クレアはやがてジェイミーと結婚することになるのだが、イングランドとスコットランドの対立の理由や何度聞いても忘れられないバグパイプと女声による陰影が揺らぐような素晴らしい「ボートソング」は、16話一気に見てしまったのでまだまとまらないので、ぼちぼち思い出しつつ書いてゆくことになるだろう。


魔女裁判.jpg
クレアにたった一人できた女友達は、薬草を摘んで薬を作る女性だが、二人とも魔女だと思われ裁判にかけられる。実は女友達も未来(1968年)からやって来ていた女性だった。
原作はダイアナ・ガバルドンの「時の旅人クレア」全3巻・ハヤカワ文庫。
キルトの民族衣装やスコットランド民謡をアレンジした「The Skye Boot Song」や以後16話のうちの気になったところを取り上げてみたい。

最近見た劇場映画
○「スッポットライト 世紀のスクープ」
・・・アメリカ東部の新聞「ボストン・グローブ」の一面に、数十人もの神父たちが、1000人以上の子供たちに性的虐待を行っていたことを暴露した記事が掲載された。

○「追憶の森」
・・・妻に死なれ富士山の青木ヶ原樹海に自殺をしにきたアメリカの男性アーサー(科学者)はさまよっているうちに日本人の男性中村タクミ(渡辺謙)と出会う。
中村タクミは怪我をしていたが二人で生きて帰ろうと道を探し回る。
日本の男性の妻の名前は「きいろ」だったと思うが「むらさき」だったかもしれない。
子供の名前はふゆ。
アメリカの男性のアーサーは、亡くなった妻の好きだった色と季節を本人から聞かれて知らなかったことをいまだに悔いているが、中村タクミの妻と娘の名前に答えが隠されていることに気付く。

nice!(270) 
共通テーマ:映画

中村吉右衛門(二代目)の「鬼平犯科帳」 その(1) [テレビ ドラマ他]

鬼平犯科帳ポスター1.jpg
時代小説 池波正太郎

何よりも江戸の火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)の長谷川平蔵の包容力と寛容な人間性と鋭い観察眼の魅力で成り立っているような物語である。
長谷川平蔵の恐れを知らない瞬発力と事件の流れの背後にある人の心理を汲み取る力は無頼派であったころの体験に培われている。
長谷川平蔵は京都西町奉行の息子だったが、妾腹であったため、もろもろの事情により、若いころは無頼漢として放蕩三昧の日々を送っていた。
筋の通った義侠心を持った盗賊や平蔵のために働く密偵たちの家族のことまで気遣いを見せ、密偵が殺された後の家族の面倒まで見ている。
物語の中の人物に対してしてどのような言葉使いをしどのような配慮がなされるのか楽しみになるくらいだ。


鬼兵の仲間.jpg

第1シリーズから第9シリーズまであり(130話ほど)、スペシャル版もけっこうあるので(15話ほど)まだ見終わっていない。
30話ほど見た中で印象に残ったのは、幼い娘のために命を失う元盗賊(火野正平)の話「影法師」。
もう一つは夫婦になる約束を交わした旅商いをしている男(小澤征悦・盗賊と商人の2役)が自分の夫を殺したおたずね者の盗賊熊五郎なのかもしれないと言う疑いを持ったお延(寺島しのぶ)の話「熊五郎の顏」だった。
心が揺り動かされる手短には語れないもったいない話味わい深い話なので後述しようと思う。
いずれ劣らず心に深く残る物語なのだった。


鬼平を助ける密偵を務めるおまさ(梶芽衣子)や小房の粂八(蟹江敬三)、伊三次(三浦浩一)の江戸時代の言葉が心の内容をずばり言い当てていて気持ちよい。


目をつけた商家に盗賊たちが盗みに入るために、仲間を奉公人として何年も前から内部に送りこむことを引き込みと言い、家の間取りや奉公人の数を外部から探るのを嘗役(なめやく)と言って、嘗役が持っている書きつけ(ノート)は売り買いされる。
昔も今も情報は売り買いされている。


エンデイング曲 「インスピレーション」  ジプシー・キングス
春夏秋冬の庶民の生活を背景にしている。




柴犬カンチの足跡日記 お盆を過ごすカンチママがかわいい。
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/




nice!(280) 
共通テーマ:映画

江戸の仕事人おりくの三味線 必殺仕事人Ⅳ-11「秀催眠術をかけられる」 [テレビ ドラマ他]

おりく(山田五十鈴)たち必殺仕事人は、6人のチームを組み、たいていいじめぬかれて殺されてしまう弱い立場にある者たちの恨みを、本人からお金をちょうだいして裏家業で晴らしている。
しかし金さえもらえれば何でも請け負う単なる暗殺者ではない。
わずかしかお金を出せない者の恨みも納得がいけば請け負うのである。
おりくの表家業は三味線と小唄の師匠であり、チームの元締めも務めている。

山田五十鈴1.jpg
裏稼業のおりくは三味線の撥(ばち)で相手を倒す


おりくとお京.jpg
刀に仕掛けられた笛を吹いている夢操りのお京(秋野暢子)とおりく(山田五十鈴)

ある時、おりくたちと同業の仕事人の夢操りのお京(秋野暢子)と言う女が江戸に現れた。
おりくの配下にある秀(ひで 飾り職人 三田村邦彦)・勇次(おりくの息子の遊び人、家業は三味線の修繕)、順之助(ひかる一平 現代で言うところの医学生)の男たち3人は、枕の下に敷いて寝るとよい初夢を見ることが出来ると言う宝船の絵を夢操りのお京に売りつけられ、その妖しい魅力にあらがうことが出来ずに買ってしまっていた。
彼らは、おりくや仲間を殺す悪夢にうなされ、そのことをおりくや仲間たちに話して警戒していた。
うるさい小言を言う姑と妻を持った中村主水(藤田まこと)だけはなぜかお京の催眠術にはかからないし、女性の何でも屋の加代もかからないところが何となく理解できておもしろかった。
夢操りのお京の目的は、おりくを殺し、自分が元締めになることだった。


お京の刀に仕掛けられた笛の音は、ヒュヒュヒュヒュと早回しで繰り返され、音程は妖しくゆっくり上下し、まるで石笛のような鳴り方をしていた。
お京に催眠術をかけられた秀と勇次と順之助は味方を倒そうとして襲ってきた。
迎え撃つおりくの三味線のガンとしたはりとパンチのある音色がお京の笛の音を組み伏せた時、3人の催眠は解け、我にかえることが出来た。
おりく(山田五十鈴)の三味線は、天国も地獄も味わい尽したような人間としての幅が広い音色で堂々としていた。
劇中小唄もよく唄うが、毒にも薬にもなると言う感じで凄い。
鹿蔵(中村鴈次郎)の元締めも清濁併せ持っていて一言一言が幾とうりもの意味を持ち味わい深かったが、女房のおりく(山田五十鈴)の元締めも凄味があり、いつとは知しれず闇の中へ引き込まれるような声も余韻を残す。


婿養子の八丁堀と呼ばれる町方の同心中村主水(もんど 藤田まこと)と姑のせん(菅井きん)と妻のりつ(白木万理)との面白おかしいやりとりは、番組の息抜きシーンで軽やかな音楽に乗って始められる。

広目屋(広報・チンドン屋)の玉助(梅津栄)はホモ役で、順之助(ひかる一平)をじゅんちゃーんと言って追いかけ回すのでとっても面白い。
楽しませてもらっています。


柴犬カンチの足跡日記 ここをクリックhttp://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(297) 
共通テーマ:映画

「交渉人」 ウサギ・レイコ 連続ドラマ  2010年映画化 [テレビ ドラマ他]

交渉人 宇佐木玲子(米倉涼子)
交渉人 米倉写真.jpg


特殊犯捜査係(通称SIT)の5係(交渉斑)に所属している宇佐木玲子(米倉涼子)は、ウサギと呼ばれている。
トレーニングで筋肉質な体格を維持させ、短いストレートヘアー、シャープな顔立ちをしている。
役職は主任、階級は警部補。31歳。
犯人と交渉するために現場に乗り込み、犯人との会話のやり取りで犯人の自暴自棄や暴走を治め、犯人の命と人質の命を守ることが任務だ。
人質も犯人も死なせず事件を解決させることが与えられた使命。

父を殺した宿敵の真里谷恭介からも、たった一人の理解者として受け入れられている。
真里谷から、「君は死にたがる人間を、理解できている」とまで言われる。

1対1で犯人と対峙するときは、相手の機嫌を損ねないように、慎重に言葉を選んで呼びかける。
なおかつ、自分に装着した無線マイクを通して、作戦指揮本部に、現場の状況が解かるように、犯人に悟られずに、しやべらなくてはならない。
今回は工場の事務所内で犯人と対峙している。


★印はウサギが犯人と会話しながら、指揮本部に伝えたいメッセージ。
♡ウサギ「怪我人はいないようね」 ★全員無事です
♡ウサギ「その銃、弾は何発入っている? 7発?」 ★人質は7人です
♡ウサギ「5発かな?」 ★内男5人、女2人
♡ウサギ「その拳銃、トカレフよね。歌舞伎町あたりで5万から6万てとこかな。トカレフには気をつけて安全装置がないから」 
★拳銃の入手ルートから犯人を割り出し、暴力団担当刑事に応援要請をたのんで欲しい。

〇2人のやり取りは、随時録音され、声紋照合にかけるために、対策本部へと送信されている。
〇マイクが拾う声の大きさや反響で両者の距離がおおよそ推察できる。

♡ウサギ「さっき2発撃ったんだっけ、ジャムらなかった?(からの薬きょうが飛びださず、次の弾が打てなくなること)」 
★会話が通じていると言うことは、犯人がガンマニアの可能性がある。銃器マニアの前歴者リストを調べてください。


交渉人 ポスター.jpg

<一例>
ウサギは犯人と会話しながらも、窓際に寄って指先でブラインドの隙間を開ける。
窓の外のハイバースコープが、室内の映像を捉え、モニターが犯人の姿を映し出す。
犯人の顔がファイル保存され、データは本庁に転送され身元照会にかけられ、犯歴を調べられる。
報告によって、刻々と状況が把握される。
立てこもり犯人に自殺願望があるのかないのかがわかってくる。
目的も、犯歴を調べるとわかる場合がある。
今回の犯人は、陸上自衛隊を懲戒免職させられている。
そのためか銃の扱いに慣れており、専門用語も理解できていた。
郵便局現金強奪事件で1億2千万円を奪っている疑いがあり、重要参考人として任意同行されている。
案の定、立てこもった工場内に現金入りのケースを隠していた。
仲間がいないとこのような行動は難しいとされ、ウサギの勘が当たって、人質の中に共犯者の女がいた。
ウサギの現場での鋭い体感や、学んだ知識や経験からくる、言動や勘が素晴らしい。


08年テレビ朝日連続ドラマ(8回)
09年再放送
脚本 寺田敏雄
ノベライズ  稲元おさむ


映画「交渉人」 2010年2月
監督 松田秀和 2時間3分
交渉人 映画2010.jpg


★最近見た映画 (まだ消化できていないので浮かび上がってこない)
「プロメテウス」 「アベンジャーズ」 「トータルリコール」 「プレイ獲物」 
「屋根裏部屋のマリアたち」 「画皮 あやかしの恋」
nice!(245) 
共通テーマ:アート
テレビ ドラマ他 ブログトップ