So-net無料ブログ作成

再投稿「修道士ファルコ」用心棒  1巻~2巻 [漫画(コミック)]

修道士フアルコ1.jpg
青池保子 白泉社

元騎士だった14世紀の修道士ファルコ(鷹)自身が、ドイツのリリエンタール修道院の唯一の強面の用心棒であることは間違いない。
腕力が必要な時には、外敵を追っ払う。
ファルコは、蚤の心臓しかもっていない修道院長や修道院の経済を牛耳っている副院長から、剣の腕を見込まれていて、主に盗賊を追っ払うように頼まれている。
まずは生き伸びるために、降りかかった火の粉は武力ででも払わねばならない
修道士ファルコは、危く命を落としそうになりながらも、剣を振りかざして修道院を守る。
修道院の土地を、陰謀で取られそうになった時も、まずは体育会系だと言われているファルコの武力で時をかせいだ。

修道院を乗っ取ろうとした首謀者は、現在の修道院にいた人物だったが、今は別の修道院にいる秀才の修道士だった。
リリエンタール修道院の天才の誉れ高い修道士に見破られ、終身刑は免れたが、終身刑よりもひどいと言われている聖地サンチャゴへの巡礼を命じられる。
しばらくして元役人の修道士や、修道院の古文や壁画などの芸術的な部門を受け持たされている芸術家の修道士の頭脳を借りて、ことが解決してゆくのである。


修道士フアルコ2.jpg
近くの尼僧たちだけの修道院は、おばあさんたちばかりの中に、絵の上手な若い修道女が1人いる。
幼児のころ修道院に向かう両親が盗賊に襲われて殺され、林の中をさまよっている時に尼僧たちに助けられたので、世間のことには疎く何も分からずうぶである。
盗賊に話しかけられれば、何の疑いもなく門を開けるくらいはしてしまう、きれいなことしか知らないうら若き尼僧である。
お婆さんの尼僧たちやこの若い尼僧は、小屋の建て替えも、葡萄酒の製造も、穴掘りも、力仕事は全部男性修道士に無料奉仕でやってもらっている。

尼僧院に無料奉仕に来た修道士たちを、木陰に隠れた老婆の尼僧たちが、異様な興味と好奇心をもってまじまじと眺める。
若い尼僧たちに強烈な迷いや動揺を起こさせた男性が登場した小説「黒水仙」は映画にもなったが、お婆さんになってもすごいものがあるのだ。
勿論、何かあった時の用心棒役も修道士ファルコの騎士道精神に頼っている。

現代においても、父や、夫や兄や弟に用心棒になってもらえなければ、本当に現実問題として大変苦労する。
用心棒という言葉に抵抗があるなら、保証人依頼や経済的後ろ盾などなどと言い換えてもいい。

尼僧たちの修道院に宇宙人が会いに来て、何かの交渉事を持ちかけたとしよう。
平和的な友好関係を結びに来る宇宙人ばかりだとは限らない。
その時には頭脳明晰な体育会系の騎士を、修道女の用心棒につけないと何をされるかわからない。
尼僧たちは宇宙人によってその日のうちに、土の中に埋められるか、焼かれるか、串刺しになるか、体内に棲まれて支配されるかも知れないことは覚悟しておいた方がいい。
自分たちが神の言いつけを守り、毎日祈っていて心が清くても、実際手ばなしで和平が結べるばかりだとはとても思えないからだ。

聖遺物崇敬の心性史.jpg
秋山聡  講談社選書メチエ


★<前投稿についての個人的な感想>
 島尾敏雄「死の棘」日記、島尾ミホ「愛の棘」など夫妻作品のもろもろは並行させて何度も
 読んでいる。このようにかなりしんどい最高傑作は初めてだ。投稿はいつになるかわからない。
 島尾夫妻の孫にあたる島尾まほエッセイ集「まほちゃんの家」(WAVE出版)、「 漫画真帆ち
 ゃん」(ベストセラーズ)ではホッとしているが、しかし孫の代まで余韻は残っている。
 
nice!(146) 
共通テーマ:コミック

再読中  小説・エッセイ・メモ・評伝 島尾敏雄・島尾ミホ  [本]

魅力的な最高傑作 2度読みの最中
島尾ミホ・島尾敏雄 愛の戦い 
ブログ主は、まだ、なまなかな言及さえもできない状態にあり、失礼いたします。


島尾ミホ 「海嘯」 銀河叢書
海嘯 .jpg



島尾ミホ エッセイ集「愛の棘」 幻戯書房
愛の棘.jpg



島尾敏雄 「死の棘」新潮文庫
死の棘.jpg



島尾敏雄 「死の棘」日記 新潮文庫
s死の棘日記.jpg




「狂うひと」梯久美子 新潮社 
狂うひと.jpg
「死の棘」の愛人の正体は?本当に狂っていたのは妻か夫か。



最近見た劇場映画
「キングコング:髑髏島の巨人」抜群に面白かった!最高だった!
「ゴースト・イン・ザ・シェル」
「パッセンジャー」

柴犬カンチの足跡日記  13歳のカンコちゃんの幸せな毎日
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(273) 
共通テーマ:

沈黙ーサイレンスー(5)個人的な覚書  ああ殉教 モキチ  他 [映画]

モキチ.jpg
モキチ

参ろうや 参ろうや パライソの寺に参ろうや  
この地上は日本人の彼らにとってあまりに苦しい。
苦しいゆえにただパライソの寺をたよりに生きてきた百姓たち。


モキチ水磔.jpg

殉教でした。しかし何という殉教でしょう。略 
~たとえばその人たちの魂が天に帰る時、空に栄光の光がみち、天使が喇叭(ラッパ)を吹くような赫(かがや)かしい殉教を夢見すぎました。略~
日本信徒の殉教はこんなにみじめで、こんなに辛いものだったのです。
ああ、雨は小やみなく海にふりつづく。
そして海は彼らを殺したあと、ただ不気味に押し黙っている。
遠藤周作「沈黙」より

★基督教では洗礼を受けると今までの罪は許される。
<告解>カトリックでは洗礼を受けた後、受洗後に犯した罪の許しを告解室で神父を通して受けることができる。

死の棘.jpg
「死の棘」島尾敏雄 新潮社

狂うひと.jpg
「狂うひと」梯久美子著 新潮社 
島尾敏雄と島尾ミホ(どちらもカトリックで洗礼を受けた)のことに言及した小説「死の棘」
の妻の場合「そのとき私は、けものになりました」
★このような赤裸々な美しく悲しいものをブログ主は初めて読みました。
追い追いブログに書き付けてゆくつもりです。

最近見た劇場映画
「アサシン クリード」「モアナと伝説の海」「ラ・ラ・ランド」


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/



nice!(284) 
共通テーマ:映画

沈黙ーサイレンスー (4)個人的な覚書 ~つづく~ [映画]

浅野1.jpg
通辞(通訳)   浅野忠信
地侍の息子が世に出るための学問として、天草や大村や有馬にある神学校に通い、洗礼も受けるには受けたのだが、修道士にも切支丹にもなるつもりはなかった。
「パードレたちは、いつも我々日本人を、馬鹿にしとられた。カブラルと言うパードレは格別我々を蔑(さげす)まれておられた。日本に来ながら、我々の家を嘲(あざけ)り、我々の言葉を嘲り、我々の食事や作法を嘲られておられた。そして私たちがセミナリオ(神学校)を出ても司祭となることを決して許されなんだ」遠藤周作著「沈黙」より 


浅野忠信1.jpg
通辞(通訳)
「デウスにまこと慈悲の心あらば、なにゆえ天国に行く道に至るまで、さまざまな苦しみやむつかしき事を与えるとおもわるるか」

別の侍の言葉を通辞はゆっくりと訳した。
「ある土地では稔る樹も、土地が変われば枯れることがある。切支丹と呼ばれる樹は異国においては、葉も繁り花も咲こうが、我が日本国では葉は萎え、つぼみ一つつけまい。土の違い、水の違いをパードレはかんがえたことはあるまい」遠藤周作著「沈黙」より

マリア観音.jpg
隠れキリシタンたちが祈ったマリア観音

「パライソ(天国)に行けば、ほんて永劫、安楽があると常々申されとりました。。あそこじゃ年貢のきびしい取り立てもなかとね。飢えも病の心配もなか。苦役もなか。もう働くだけ働かされて、わしら」
「ほんと、この世は苦患(くげん)ばかりじゃけねえ。パライソにはそげんものはなかとですかね、パードレ」遠藤周作著「沈黙」より

枯松神社おらしょ.jpg
枯松神社 の神社祭 長崎
弾圧のなかで、「神 社」としてカモフラージュしながら、信仰の対象となるサン・ジワンさまを祀ったキリシタン神社

★潜伏していた切支丹たちの信仰は、200年もの間司祭から指導を受けられず、悲母観音像を聖母マリアに見立てたりして、仏教や神道、民俗信仰と結びつき変化していった。



柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(265) 
共通テーマ:映画

沈黙-サイレンス-  (3)個人的な覚書~つづく~ [映画]

1井上筑後守.jpg
井上筑後守(いのうえちくごのかみ 宗門奉行)  イッセー・尾形

一見してほんわかムード、子供のような無邪気さを持つ井上筑後守は、ものわかりの良さそうな温和な人物に見えた。
「余が今、切支丹の禁制を命ずるのは、世間一般の考えとは同じでない。」
「余は、切支丹を邪宗とはつゆ、考えたことはない。」
「エスパニア、ポルトガル、オランダ、エゲレスとそれぞれ名のる女たちが、日本と申す男の耳に、夜伽(よとぎ)のたび、たがいの悪口を吹き込み申してな」
「一人の男に醜女の深情けは耐えがたい重荷であり、不生女は嫁入る資格なしとな」



井上2.jpg
しかし宣教師たちから悪魔と呼ばれていた井上筑後守は、蛇のような狡猾さで、巧みな方法を駆使し、それまでは拷問や脅しにもひるまなかった信徒たちを、次々と棄教させている。
先に長崎奉行として多くの切支丹を虐殺した竹中采女(たけなか・うねめ)などは、たんに凶暴で無智な人間に過ぎなかった。
井上筑後守が考案した穴吊りの刑は、司祭たちを棄教させた最たるものだった。


井上.jpg
井上筑後守はかつて切支丹だった。

日本の貧しい百姓の信徒たちが、何よりもまず聖母を崇拝していることを熟知していたので、踏み絵が終わったあと、「おまえらの息づかいが荒くなったのを見逃しておらぬぞ」と言って、踏み絵に唾をかけ、「聖母は男たちに身を委(まか)せてきた淫売(いんばい)」だと言わせた。
言えない者は切支丹とみなされた。
「沈黙」遠藤周作 を参考にしました。・・・ブログ主

<穴吊りの刑で呻いていた5人の切支丹たちを助けるために棄教した司祭フェレイラのことば>
〇デウスと大日とを混同した日本人は、その時から我々の神を彼ら流に屈折させ変化させ、そして別のものを作り上げ始めたのだ」「沈黙」遠藤周作 より

〇日本人は人間とは全く隔絶した神を考える能力を持っていない。日本人は人間を超えた存在を考える力も持っていない。」「沈黙」遠藤周作 より

〇日本人は人間を美化したり拡張したものを神と呼ぶ。人間と同じ存在のものを神と呼ぶ。だがそれは教会の神ではない。」「沈黙」遠藤周作 より


★通辞(通訳)や元司祭フェレイラと司祭ロドリゴとの問答も面白い。次回に~つづく~


柴犬カンチの足跡日記 
小さな坂を下りる時のカンちゃんは、下にいる人に受け止めてもらおうとして上からムササビのように飛びつく。
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(271) 
共通テーマ:映画

沈黙 -サイレンス- (2)個人的な覚書 ~つづく~  [映画]

キチジロー3.jpg
キチジロー(性格そのものは本当に善良だが、意志の弱さと一寸した暴力にも震え上がる臆病者であり、捕まるたびに何度でも踏み絵をして転んだ(棄教したふりをした?)。
そのたびにキチジローは、執拗に司祭ロドリゴの後を追い、罪の許しを得ることができる告解(懺悔)をした。

キチジローは言う
「踏み絵をば俺(おい)が悦んで踏んだとでも思とっとか。踏んだこの足は痛か。痛かよォ。俺(おい)を弱か者に生まれさせ(て)おきながら、強か者の真似ばせろとデウスさまは仰せ出される」      仰せ出される・・・小説の中の原文のまま     (遠藤周作 「沈黙」より)


キチジローとガルべ.jpg

銅版(踏み絵)のあの人は言う
「踏むがいい。お前の足の痛さをこの私が一番知っている。私はお前たちに踏まれるため、この世に生まれ、お前たちの痛さを分かつために十字架を背負ったのだ。」(遠藤周作 「沈黙」より)




「あれは鼾(いびき)ではない。穴吊にかけられた信徒たちの呻(うめ)いている声だ」
信徒たちはすでに転んでいるので、ロドリゴさえ棄教すれば、彼らを助けることができる。
ロドリゴ1.jpg
ポルトガル・カトリック教・イエズス会・司祭ロドリゴは転んだ。 岡田三右衛門と言う日本人名と罪人の妻子をもらい受けた。64歳没。


沈黙5.jpg


hahanarumono.jpg
「母なるもの」遠藤周作  新潮文庫
裏切者や背教者、弱者や罪人にも救いはあるか?



★キチジローのことを思うと泣けてくる。自分と重なるところがあるからだろう。
★皆様のところへはゆっくり訪問させていただきます。3月の初めまで投稿はお休みする予定です。


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
nice!(289) 
共通テーマ:映画

沈黙 -サイレンス- (1)個人的な覚書 序 ~つづく~     [映画]

沈黙4.jpg
監督 マーティン・スコセッシ 
2016年 アメリカ 165分

沈黙フエレイラ.jpg
教父フェレイラ(リーアム・ニーソン)

秀吉が従来の政策を変え基督教を迫害しはじめた結果、各地で切支丹が家を追われ、拷問を受け、虐殺され始めた。
徳川将軍もすべての基督教聖職者を日本から追放することにした。
ひそかに日本の地に隠れ残っていた基督教聖職者たちの中に教父フェレイラがいた。
長崎奉行の竹中采女(うねめ)は雲仙地獄の熱湯で基督教聖職者たちを拷問にかけた。
江戸初期、ポルトガルのイエズス会が日本に派遣していた教父フェレイラは、穴吊(あなづり・汚物を詰め込んだ穴の中に首を入れ、逆さに吊るされる)の拷問を受け棄教した。
教父フェレイラは沢野忠庵と言う日本名を奉行からもらい、死刑にされた男の妻と子もいっしょにもらった。
稀にみる神学的才能に恵まれ、迫害下にも不屈の信念を持ち続けていた教父フェレイラはなぜ棄教したのだろうか。
教父フェレイラは「私が転んだ(棄教した)のは、自分が3日間穴に吊られたからではない」と言う。
「(棄教したのは)穴吊りにされ呻き続ける信徒たちに対して、神が何一つなさらなかったからだ」と言う。
信徒たちが「棄教する」と言ったとしても教父フェレイラが棄教しない限り、彼らは許されなかった。



ロドリゴとガルぺ.jpg
司祭ガルペ(アダム・ドライバー)     司祭ロドリゴ(アンドリュー・ガーフイールド)

フェレイラの弟子だった司祭のロドリゴとガルペは、キチジローの案内で、マカオを経て長崎にたどり着く。
すぐに司祭を裏切る、まるでユダのようなキチジローや元切支丹のイッセー・尾形の井上筑後守、海の中に立てた十字架に縛り付けられ水磔にされながら聖歌を歌うモキチなどがとても興味深かった。
最後に転んだ司祭ロドリゴからもまた目が離せなかった。


司祭ロドリゴ(アンドリュー・ガーフイールド)
キチジロー(窪塚洋介)、井上筑後守(イッセー・尾形)、 通辞(通訳 浅野忠信)
モキチ(塚本晋也・映画監督)、 イチゾウ(笈田ヨシ)
彼らについての言及は~
次回につづく~


沈黙2.png
 踏み絵
「踏んだとて、心底の信仰がどうなるのでもない」遠藤周作「沈黙」より
★十字架(聖具)や聖画にあまりにも執着すると言うことは、偶像崇拝につながるのではないかと言う考え方もあるのだが・・・
★潜伏していた切支丹たちの信仰は、200年もの間司祭から指導を受けられず、悲母観音像を聖母マリアに見立てたりして、仏教や神道、民俗信仰と結びつき変化していった。




沈黙 遠藤周作.jpg
遠藤周作 新潮文庫


柴犬カンチの足跡日記
カンチの友の可愛いメリちゃん(推定8歳)が虹の橋を渡った。
メリちゃんは虐待を受け捨てられていた犬だったが、その後可愛がられ最後は安らかだった。
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(273) 
共通テーマ:映画

ちょっと異質な、はじめてのゾンビ詩 勝嶋啓太詩集「今夜はいつもより星が多いみたいだ」より、「食慾と性慾」 [詩]

詩「食慾と性慾」 勝嶋啓太 (コールサック社)




ずっと好きだった女の子がいたのだが
ぼくは とっても 臆病者なので フラれるのが怖くて
好きです って言えないでいたら
彼女は やがて ぼくの友人と付き合いはじめ
ふたりは 結婚してしまった
ふたりの幸せそうな顔を見るとムカつくので
仮病を使って 結婚式には出なかったのだが
ぼくの気持ちを知らないふたりは
しきりに 家に遊びにおいでよ と誘ってくれる
仕方がないので 結婚祝いのプレゼントを持って
ふたりの新居を訪ねると

ぞんび1.jpg
彼女が ゾンビに なっていた


ぼくが訪ねた時には
友人は あらかた喰われてしまって 骨だけになっていたので
プレゼントを置いて さっさと帰ることにしたのだが
ゾンビというのは ひどく腹が空くものらしく
気がつくと 10メートルぐらい後ろを
彼女が ひもじそうな顔をして
ぼくの様子を窺いながら ずっとついてきている
ぼくが立ち止まって振り返ると
彼女は 怯えたように ビクッとして
オアズケを食らった犬のような情けない顔で
ぼくをじっと見て ヨダレを垂らした
その時 ぼくは 彼女を 抱きしめたいと思った


現在
彼女は 大分腐りかけてきているんだけど
ぼくの部屋の隅で
相変わらず ひもじそうな顔をして
じっと ぼくの様子を窺っている
彼女には ぼくは よっぽど美味しそうに見えるらしく
しょっちゅう ヨダレをダラダラと流している


今日
意を決して 抱きつこうとしたら
右足を 喰われた
多分 近い将来
ぼくも 友人のように あらかた喰われちまうんだろうけど
久しぶりに満腹になって
今 すやすやと 穏やかに寝息を立てている
腐りかけの彼女を見ていると
まあ それでもいいか
と思えてくるのである






★なぜか宇宙次元のファンタジー詩や聡明な生活詩を書く知性的な女性詩人たちから「面白いね」と言われ人気がある詩人の詩。
この「面白いね」はフランス料理や日本料理の通の人が、異次元の調味料を加えた 「たこ焼き」  否!「おいしい家庭料理」を食べた時の感想のように聞こえてしょうがない。
たいくつな  否!賢明な生活詩ばかりを書く良い人詩人が、人間の影の部分を書く詩人を陰でいたぶり、いじめるということは起こり得る。
実体験として枚挙にいとまがないくらいだ。
たとえは的確ではないかもしれないがその昔、映画の悪人役の役者が巷の人々から石を投げられたという話はよく聞く。
その点、勝嶋啓太氏の詩集と身柄はあたり口の可憐さ、情感の深さから安全だろうと思われる。
物語に光と影が必要不可欠な映画のたとえだとわかりやすい。
物語は、善悪と喜怒哀楽が絡み合って作られていると深みと陰影が出て滋味あふれるものになる。
イメージ写真・文 <ブログ主>





柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(286) 
共通テーマ:

その地を離れるやいなや20歳の女性が100歳の老婆に SF古典「失われた地平線」 [映画]

不時着.jpg
ヒマラヤ山脈の西方の雪山に不時着した飛行機。

1931年戦乱の中国奥地バスクル(アフガニスタン)から脱出したイギリス外交官のロバート・コンウェイたち5人(本人、弟ジョージ、化石学者、詐欺師、娼婦)を乗せた飛行機は、ヒマラヤの雪山に不時着し、待ち構えていたかと思われるほど手際のよい人々によって、この世の桃源郷と言われる蝶が舞い、鳥が歌い、作物の豊富なシャングリラ(理想郷・桃源郷)に連れて行かれる。
美術品(絵画・彫刻)や調度品は文明社会から運ばれてきたものばかりで、図書館、グランドピアノもある。
シャングリラ.jpg
シャングリラ(理想郷・桃源郷)。霧が漂う調和に満ちた谷間。外界から隔絶された地上の楽園。
金鉱があるので物々交換をしている。

article-Lost-Horizon.png
シャングリラ。建物の内部での歓談

250sai.jpg
ラマ僧 長老(カトリックのペロー神父・カプチン会)1734年、53歳でシャングリラに来たので年齢は250歳以上。

高山に守られたその地は、温暖の気候に恵まれ、長老(ベルギーからやってきたペロー神父)を中心に皆が長寿であり、2000人もの人が平和に暮らしていた。
長老は、コンウェイを後継者にするために、シャングリラへ導いたもようである。
コンウェイは不時着した全員でシャングリラを去る決意をするのだが・・・
弟ジョージは恋人マリアを連れて脱出するが、途中吹雪にあい、避難した雪山の窟でマリアがみるみるうちに老婆に変わってゆくのを見る。

マリア.jpg
吹雪のシャングリラを脱出中のマリア

老婆マリア.jpg
老婆に変わったマリア


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここより最後の内容に触れています
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





イギリス外交官のロバート・コンウェイは困難な旅を経て、上海からイギリスに送還されることとなったが恋人の待つシャングリラへ引き返すのであった。

失われた1.jpg
イギリス外交官ロバート・コンウェイ(ロナルド・コールマン)
サンドラ(ジェーン・ワイアット)
「失われた地平線」1937年 134分 アメリカ
監督 フランク・キャプラ  脚本 ロバート・リスキン  原作 ジェームズ・ヒルトン

河出文庫.jpg
「失われた地平線」1933年  2011年 河出書房新社
小説家 ジェームズ・ヒルトン (1900年~1954年)

その他の作品
「チップス先生さようなら」 1934
「心の旅路」(1941)
「忘れえぬ日々」(1945)
「めぐり来る時は再び」(1953)


1973年にリメイクされた映画『失われた地平線』もある


★映画「ブリガドーン」(迷い込んだ霧の中の長閑な村)と並んで映画「失われた地平線」は、日々埋没してゆくブログ主の桃源郷に対する郷愁と憧れの感覚を回復してくれる。
知識の上での現実対応だけでは過酷すぎて涙も出なくなる。

★最近見た劇場映画
「本能寺ホテル」「バイオハザード:ザ・ファイナル」「アイ・イン・ザ・スカイ世界一安全な戦場」



柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(273) 
共通テーマ:映画

山の郵便配達 午前十時の映画祭 [映画]

山の8.jpg

原作・小説「那山 那人 那狗」(あの山 あの人 あの犬)ポン・ヂエンミン作
1980年代初期、湖南省西部の山岳地域。
120キロもの山あり谷あり、川ありの山道を歩いて郵便を配達するベテランの郵便配達人だった父が膝を痛め仕事を引退することになり息子が後を引き継ぐことになった。
息子の初めての2泊3日の郵便配達に、父のお供をしていた犬(次男坊と言う名で呼ばれている)と一緒に父も同行する。
郵便配達人の仕事は、村民たちとの深い交流だった。
目の見えない一人暮らしのおばあさんを訪ね、孫から来ていない白紙の手紙を読み上げお金を渡す。
トン族の結婚式の祝宴にも加わる。


次男.jpg
犬(シェパード 名前は次男坊)
犬2.jpg


山10.jpg


トン族橋.jpg


山2.jpg

山20.jpg
どこかしら故郷と似ている風景を見るために出かけた映画だったが、物語も素晴らしかった。
山6.jpg

山4.jpg

★正月早々インターネットとメールができなくなった。
プリンターも機能停止になった。サポーター氏に頼んで改善ができほっとしている。
★コメント欄は、お一人お一人に丁寧にご返事ができないので、余裕ができるまで閉じさせていただいている。
★皆様のそれぞれが素晴らしいブログにはゆっくりと出かけさせてください。



柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(284) 
共通テーマ:映画