So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

足を運んだ劇場映画と選挙後、一週間目もまだ不調なブログ [映画]

ダンケルク.jpg
「ダンケルク」
監督 クリストファー・ノーラン 2017年アメリカ 106分

第2次世界大戦中、ドイツ軍はポーランドを侵攻し北フランスまで勢力を広げる。英仏連合軍はフランス北部のダンケルクに追い詰められる。海に投げ出される恐怖と飛行機からの爆撃のすさまじさが伝わってきた。イギリス首相のチャーチルは、ダンケルクに取り残された兵士40万人の救出を命じた。民間の船も救出に向かった。兵士が生きのびる手段は、自分をしっかり保って何事にもぐっと耐え、とっさの事にも素早く平常心で対処することだった。いつも緊張しているのはつらいことだが仕方がない。だれにもできることではないけれど。



関ケ原.jpg
「関ケ原」
監督 原田真人 2017年日本 149分
会話がかなり早いと感じられ、もう一度見たいと思った場面も多く、事前に関ケ原の戦いの歴史や石田三成をはじめとする武将たちの名前も一通りは知っておく必要があった。


母衣.jpg
母衣(ほろ) 

今回初めて知ったのは馬に乗った武将が背中に背負っている赤い布のことだった。
布は「母衣」と書き、ほろと読む。赤や黒(信長)や黄色(家康)があった。
首、冑、手の甲などに紐で結びつけ、後方からの弓矢などを防ぐ役割を果たした。
討ち取られた際、首は武将の名前の書かれた母衣で包み、丁重に扱われた。
石田三成はかなり偏屈だったとか、調べてゆくと大変興味深い。
くノ一(くのいち・女性忍者)との恋愛も挟まれていたが、石田三成の刑場に向かう最後の表情が、む・む・・いかにせん。くのいちに呼びかけられても動かない。目の色にも別れ行く心の恋人への感情が浮かばない。客席には2人の心の通い合いが伝わってこない。別にいいけど。いやこのままでいいのか。いいんでしょうか。


以下は次回に続く
「エイリアン・コベナント」「猿の惑星:聖戦記 グレートウオー」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」



<いつまで続く?不調なブログ状態>
★画面下のnice(一例・100人)をクリックしても、以前は現われていた100人のアイコンが出ないで画面が固まることが多い。
今日は皆様のナイスがなかなか押せません。
ブログの左半分の画面が消えることもしばしば。ブログ画面下に2か月前にはなかった広告が出る。広告を非表示にしたいので、管理画面を開けて設定をクリック、広告設定をクリックして画面を開けても、全画面何の文字もなく白いまま、広告非表示の文字も何も出ていないので非表示設定ができない。

<頭脳明晰なありがたいご説明>
★ChinchikoPapa さんのご説明によるとこの状態は、選挙の当日をねらった、標的型攻撃の典型的なケースによって引き起こされたものだそうです。サーバが故障したのではなく、爆発的なトラフィック急増によるアクセス障害だそうです。皆様のところはいかがでしょうか。
ネットワークスイッチとサーバがともに処理遅延でパンクし、実質コンテンツを表示させることができなくなり遅延エラーとなったのだそうです。いつ頃回復するのでしょうか。


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/
10月25日で14歳を迎えたカンちゃん。いくつになってもめんこい。

nice!(233) 
共通テーマ:映画

「R荘まで」水野るり子  詩誌「二兎」より [詩]

.クレー R荘.jpg
パウル・クレー 「R荘」(1919年)バーゼル美術館



「R荘まで」   水野るり子

黒い着衣と黒頭巾の一行が 夕焼けの坂道を降りてくる カラ
スたちの医師団だ 旅人たちをあの世へ見送ってきたところだ
ろうか 私の父も春の来る前にトンビをまとって風の中を通り
過ぎて行った


西空の紅色が濃い わたしはここでひとり R荘のあった方角
を見つめている 西空から響く木霊の音がきこえると そこに
過ごしたもう一つの日々がしきりにわたしを呼ぶのだ


曇りガラスに映る木漏れ日のようなR荘での日々・・・鳥たちに囲
まれたあの館こそ 私の生きたもう一つの時間であったと思う


屋根裏に置き忘れたスモモジャムの壺「魔女の十二か月の暮ら
し方辞典」や「レオ・フェレ詩集」の黄ばんだ背表紙 幻のう
たごえがきこえる(・・・愛し合おう 愛し合おう・・・カラスどもが
ねむっている・・・その間に・・・)生きる日はみじかい あまりにも
みじかすぎる・・・



黒衣の医師団がバサバサと羽音を立てて過ぎると 遅れて自転
車が一台やってくる ハンドルに小魚たちのぎっしり詰まった
ビンが揺れている 小魚たちの黒い目がいっせいに私を見てい
る 無数の目のつぶやきが 波のように私を追いかける


森が暗くなる 空を舞うトンビのくちばしから 枯れ枝が落ち
てくる 折れ曲がったいくつかの音符のように・・・ やがて満月
が丘の麓にのぼり 森かげに「R荘」の窓が見え隠れする


月の光がR荘の押し入れに寝ている子どもをひっそり照らす
かたわらに茶色い犬が寄り添っている 子どもの夢の底に一羽
の鳥が巣ごもりしている 夢の中がだんだん明るくなる

※(パウル・クレー 「R荘」より)

2017年10月25日発行

この世とつながっている前世を覗き見しているような心地がします。
使われている私やわたしが、渡し、私死と木霊する。
淡い境界線に溶けているものたちが、立ち上がって来ては満月の彼方に消えてゆくのを追いかける。
そこはもうひっそりした夢の世界だ。
夢がこちらにも移ってくる。

nice!(209) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。