So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

のぞき節穴 逆さ絵現象   ピンホール現象その2 [覚書]

ピンホール現象と言う命名の仕方は、わかりやすいけれども味気ない名づけ方だ。
だから掲載された教科書なんか嫌いだった。
説明書としては必要だとは思っていたけれどね。
話は飛ぶけど、そのむかし望遠鏡のことを、「びいどろかがみ」と言っていたそうだ。

さてさてまたまた話が個人的に飛ぶ。
生徒たちを戦争に行かせるなと言った教師たちは、我々を受験戦争に送り込み、「車輪の下」(ヘルマン・ヘッセ)に登場する少年のように勝者になれなかった者に対しては、内心侮蔑し優遇された教師人生の中で(彼らを又は我々を)忘れようとしていた。
そんな学歴社会に居づらかった者たちが大勢いたものだが、痛みが分かりあえるという意味では、教師なぞいないも同然だった。
話が脱線してしまった。
動物讃歌の上滑りの詩を書く心優しい詩人は、誰かが殺してくれた牛や羊や豚や鶏を食べないのだろうか。あれとこれとは別物だ、違うのだと言い返してもいいのです。
私は美味しくありがたくいただいております。
しかし決して食べられないものが一つあります。それはうさぎの耳。
また話がそれてしまった。
ピンホール現象だった。
Inkedさい穴(節穴)の不二)_LI.jpg
葛飾北斎 富岳百景 「さい穴(節穴)の不二(富士)1834

Inked滝沢馬琴_LI.jpg
滝沢馬琴  「阴兼阳(かげとひなたの)珍紋圖彙(ちんもんずしゅう)」1803  

樹のピンホール現象.jpg


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(181) 
共通テーマ:日記・雑感

幼い頃見た、襖に写る逆さの風景 [覚書]

小学生の頃、近所の農家を訪れ、外庭に立って、閉められた伏戸に開いた丸い節穴から暗い部屋をのぞいたことがある。
外の光が、自分の立っている場所ではない右側の、別の伏戸の節穴から左側の部屋に当たり、外の風景が襖に逆さに色付きで小さく写し出されていた。
夢のように美しい光景をカラーで垣間見、何十年もたった今もその不思議だった、えもいわれぬ感覚を覚えている。
手では触れられないけれど、はるか遠くの出来事に思いをはせると言うことは、映画を見る時にも通ずる気持ちだ。

写真だとはっきりし過ぎていて味気ないが、説明するためにはあったほうがいいだろう。
Inked農家1_LI.jpg


Inked農家2_LI.jpg

この現象がピンホール現象だと言うことはしばらくたってから知った。
古代ギリシャの時代から知られており、逆さに写る富士山の浮世絵を葛飾北斎や滝沢馬琴が残している。


★ソネットブログは、メンテナンスを11月15日と21日に行ったはずだが、相変わらず、みなさんのナイスの絵(アイコン)が出たり出なかったりする。左側がずっと消えっぱなしの時が多い。

柴犬カンチの足跡日記
(なぜかこちらもクリックできず、コピペしないといけなくなっている)
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

nice!(147) 
共通テーマ:日記・雑感

その2「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」 [本]

カップ焼きそば.jpg
「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」神田佳一 菊池良 (宝島社)


Inked焼きそば2_LI.jpg
こんなのあったらいいな 架空のカップ焼きそば

怪談を語り、映画も作成しデザイナーでもある稲川淳二氏のことに興味を持っておられる方がブログのお仲間にも、友人たちにも何人かおられましたので、「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」の中から書き抜いてみました。
稲川淳二氏の擬音の入った怪談の語り口、同じことばを何回も繰り返すことでさらに接近し迫ってくる怖さが、カップ焼きそばの作り方に写しかえられている面白さがあります。


「超・お腹が空いた話 一人で食べてはいけない」 稲川淳二
あるテレビ番組のロケで東京の外れに行った時の話です。その日は撮影が長引いちゃいまして、ADの・・・・・仮にT君としておきましょう。そのたぐちくんが「稲川さん、お腹すきません?何か食べましょうよ」ってこういうんだ。あたし、こんなことってあるんだなぁ、ちょうどあたしもおなかがすいているなぁ、って、かれにお使いを頼んだんです。そしたら彼、カップ焼きそばを買ってきたんだおや~って思いましてね。と言うのもあたし、カップ焼きそばが食べたいなぁ、と思っていたんだけど、彼には伝えてなかったんだ。それで「気が利くねえ」なんて言いながらカップ焼きそばを作ってたんですね。みんなでああでもない、こうでもないなんて騒ぎながら楽しくやっていたんです。ジョボジョボーってお湯を入れて、五分待ってね、パッパッて湯切りをしたんだ。そしたら、フッとあることに気付いた。「おかしいな~、な~んか、お湯を入れる前と感触が違うぞ?」そう思いながらソースを入れて、ぐるぐるー、ぐるぐるー、ってかきまぜたんですね。それで面を口に運んでいたら「うわっ!」って。喉にズルっ!ってしたら、う~わ~、食べごたえがあるんだ!よく見たらね、そのカップ焼きそば、普段あたしが食べているものと違うやつなんです。おかしいなぁ、こんなことがあるんだなぁ美味しいなぁ~美味しいなぁ~って必死に箸を動かしましたね。その焼きそば、その後すぐに食べ終わっちゃったそうです。

★稲川淳二氏らしいなと思ったところに下線を引いています。
★CDプレーヤーとテレビのリモコンが1日おきに崩れ、今日は朝からメールとインターネットができなくなった。深夜から15時間ほどかかるバッテリーのリフレッシュをするので、ブログは明日のお昼までしばらく休みます。
★相変わらず皆様のniceのアイコンが出ません。管理画面に入って何とかやっています。




柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/


nice!(140) 
共通テーマ:

「もしも文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」宝島社 他 [本]

自分のブログ記事の下の皆さんの下さったniceをクリックしても、いつもは並んで現われていたアイコンが現われませんので、管理ページあたりから色々工面してぼちぼち訪問させていただきます。

「もしも文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」文 神田圭一 菊池良 (宝島社)

太宰治や松尾芭蕉、相田みつを、もちろん夏目漱石も江戸川乱歩もなおかつコナン・ドイル、又吉直樹も、安部公房も内田樹もいる。
三島由紀男、谷崎潤一郎はもちろんのこと歌手の尾崎豊、稲川淳二、ラッパーの詩集の語り口や癖、そして文体を吟味してご本人になりきって書いてある。週刊文春や週刊プレイボーイ、暮らしの手帳までも100例近くもあるのだから面白かった。
個人的には、暗記している「よだかの星」を下地にした宮沢賢治のカップ焼きそばの作り方には感動すら覚えた。
買って読んでいただくのが一番ですが、短いのをご紹介してみよう。


俵万智  「このかやくがいいね」と君が言ったから七月六日はカップ焼きそば記念日

松尾芭蕉 熱湯を 集めて流し 湯切りかな  
     閑さや 部屋にしみいる 啜る音
     から容器 大食いどもが 夢の跡



<最近読んだ本>
ナミヤ雑貨店の奇蹟.jpg
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

映画は見たけれど、ナミヤ雑貨店の店主に相談事をする手紙を、夜、シャッターの新聞受けから入れると、翌朝牛乳箱に答えがもらえると言う話だったが、過去と現在を行き来する3人の青年やその他の人物たちが、それぞれこまごま交差してつながりにくく、確実に理解して記憶できないままだったので、本も読んで見ている最中です。
本屋にあふれる新刊には、異空間どうしがつながりあっている物語が増えてきた。



月の満ち欠け.jpg
「月の満ち欠け」佐藤正午 (岩波書店)


物語の舞台は現代。この娘が、いまは亡き我が子? いまは亡き妻? 今は亡き恋人?
1人の女性の意志を継いだ?何人もの女たち。死に変わり、生まれ変わりが繰り返される。
輪廻転生の期間が短い。


柴犬カンチの足跡日記
http://blog.livedoor.jp/kanchi_m/

いつもカンちゃんに慰められています。

nice!(197) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。